「24時間テレビに伝説のバンドが復活する」ということで、どのアーティストか?と思い調べていると、ポケットビスケッツではないか?という情報を入手しました。

2018年の24時間テレビのスペシャルサポーターをしている南原清隆さん率いるもうひとつのバンド、ブラックビスケッツが復活してもいいのでは?と思ったのです。

しかし、ブラックビスケッツが復活できない理由が実は南原清隆さんの離婚になりそうだったときの本当の原因を知ることになってしまいました。


スポンサーリンク




ビビアンスーの現在は?

Dalton常常說:波力是我、安保是媽媽、卡利是爸爸!結果爸爸就變出了這個蛋糕,爸爸你好會!(看在你這麼用心的份上,好吧,小倉鼠”胖胖”把屎把尿我來吧💪”)逞什麼英雄阿我?🤣為了給三歲的孩子學習如何照顧小動物並對自己的決定負責,一個家本來就是要分工~我、來、吧!😎 兒子、生日快樂!媽媽很愛你!謝謝你總是帶給我「勇氣」因為你,我越來越「勇敢」!但你長大後,像「高空彈跳」這樣的事,我現在就可以告訴你們父子倆不用想太多、我是不會妥協的!那時,我一定是優雅的在喝咖啡 #媽媽不是萬能的 #Dalton三歳了

徐若瑄VivianHsuさん(@vivianhsu.ironv)がシェアした投稿 –


日本で本格的に活動をはじめる前から台湾アイドル界では絶大な人気があったビビアンスーさん。

1995年にバラエティ番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」の出演をきっかけに人気を高めていったタレントです。

1997年にはウッチャンナンチャンの南原清隆さん、キャイ〜ンの天野ひろゆきさんと3人組ユニットである「ブラックビスケッツ」を結成してとても活躍されました。

当時、ビビアンスーさんは21歳。

とてもかわいらしく初々しさもあったので日本人にはハマったようです。

1998年に発売されたシングル「Timing(タイミング)」が148万枚の大ヒットとなり、紅白歌合戦への出場も果たしたのです。

しかし、それ以降、急に台湾に戻り、台湾を中心に活動をされたのです。

そこまで人気が出ていれば日本を拠点に活動してもいいのでは?という疑問が湧きませんか?

そんなこんなで現在は台湾・日本・中国を拠点として活動を続けられています。

歌手や女優だけでなく、作詞活動を行うなど幅広い分野で活動されているそうです。

ビビアンスーの現在のプライベートは?

2014年2月にシンガポールの実業家である男性との入籍を発表し、翌年にはシンガポールの病院で男の子を出産されています。

旦那さんは、李雲峰(ショーン・リー)さん。

インドネシア生まれ、8歳からシンガポールに移住したシンガポールの方です。

「マルコポーロマリン」という海運会社の最高経営責任者を務めておられる方で、年商は100億円とも言われているので、すごいお金持ちだということがわかります。

李雲峰さんには離婚歴があり、ビビアンスーさんとのお子さん以外にも2人のお子さんがいるようです。

ビビアンスーさんは現在、男の子の母として子育てに奮闘しており、日々の子育ての様子をインスタにアップされています。

7月にアップされたブログでは「家庭と仕事両立の母親はこんな感じです」というタイトルで、仕事と家庭の両立に疲れ切った自身の写真を公開し、話題となりました。

ビビアンスーのプロフィール

名前:ビビアン・スー

生年月日:1975年3月19日(現在は42歳)

出身国:台湾

南原清隆の離婚危機の本当の理由とは?

1993年に一般人女性と結婚した南原さん。

奥さんは南原さんの6歳年下の女性で、業界とは無関係の方なんだそうです。

そのためか離婚危機があったのに、あまり大きな報道とはならなかったようですね。

それより相方のウッチャンの略奪婚が目立ち過ぎて、あまり話題になってこなかったのかもしれません。

しかし、そんな南原さんにも不倫話があったのです。

そう、ビビアンスーさんが日本を拠点に活動できなかった理由に通じるわけです。

実は南原清隆さんはビビアンスーさんと不倫をしていたそうです。

そのことを南原さんの奥さんに知られて離婚されそうになったというわけです。

なんとも衝撃の事実…。

正統派のナンチャンだと思っていただけにショックでした。

ビビアンスーさんが台湾に戻ったことで南原さんの離婚危機も収まり、ビビアンスーさんも素敵な方と結婚でき、現在40代でありながら若すぎる姿を披露しているのですから結果オーライですかね。

まとめ

  • ビビアンスーさんは現在、台湾・日本・中国を拠点として活動を続けている
  • 現在、シンガポール人の男性と結婚し男の子のお母さん
  • インスタグラムには若すぎる姿を披露
  • ブラックビスケッツ時代に南原清隆さんと不倫関係という噂
  • 南原清隆さんの奥さんに知られ離婚の危機があった
合わせて読みたい記事

スポンサーリンク