スポンサーリンク






アメリカ全米大学選手権で3位入賞し、日本新記録の9秒97をマークした男子陸上サニブラウン選手、その母親は福岡県の宗像高校出身で、インターハイに出場したこともある元陸上選手だった!そして、サニブラウン選手を応援する姿が度々テレビカメラに映し出され、年齢不詳でとても美人だとも話題です。

サニブラウン選手が陸上を始めるきっかけともなった母明子さんの国籍や経歴、そしてどういった人物なのか見ていきましょう。


スポンサーリンク




サニブラウン母親は宗像高校出身?

2019年6月、アメリカ全米大学選手権で日本新記録の9秒97を出して、今男子陸上界で大注目のサニブラウン・ハキーム選手ですが、その名前が日本人っぽくなく、肌も黒くて見た目は”外国人”に見えます。

サニブラウンって本当に日本人なの?なんて声も聞こえますが、それはサニブラウン選手は両親が、父親はガーナ人で母親が日本人のハーフだからです。

サニブラウン選手自身は福岡県北九州市出身の日本育ちで、国籍はもちろん日本になります。

現在はアメリカのフロリダ大学に通い、世界レベルの選手が多数いる中、陸上競技をしています。

日本新記録を出せたのも、その環境によるものも大きいようです。

サニブラウン選手の父親は、ガーナ人のラティフ・サニブラウンさんという方で、現在はスポーツバーを都内で経営しています。

大モニターでスポーツ観戦が大勢で出来るバーですね。

昔はサッカーしていたらしく、身体も大きく運動神経は抜群だそうです。

アフリカのサッカー選手といえば、フィジカルが強いことで有名で、ガーナはアフリカでも強豪国です。サニブラウン選手は小学校3年生までサッカーをしていたそうですが、この父の影響で始めたそうです。

サニブラウン選手が「父親は太っていて、体がデカい」とコメントしているように、その恵まれた体格は父から受け継いだものなんですね。

そして、母親は明子さんとおっしゃる日本人の方です。

明子さんは福岡県出身で、福岡県立宗像高校時代に陸上選手として活躍しており、サニブラウン選手が陸上を始めたのは、母親の明子さんの影響が大きく、団体競技より個人競技がむいていると、サニブラウン選手に自分もやっていた陸上競技を勧めたそうです。

高校卒業後は専門学校を出て、その後はスポーツメーカーに勤務していらっしゃいます。

自身の陸上経験やスポーツメーカーの社員としての知識やコネクションを駆使して、サニブラウン選手を世界的な選手に育てあげたようです。

スポンサーリンク




サニブラウン母親は宗像高校では陸上部?

サニブラウン選手の母・明子さんは、福岡県の宗像高校時代は陸上部に所属しており、100mと100mハードルの二種目でインターハイ出場していて、かなりの高成績をおさめています。

父親もサッカーをしていたらしいので、サニブラウン選手の運動神経は二人の遺伝子から受け継いでいるんですね。

ちなみにサニブラウン選手には7才年下の弟・ハナン君がいて、現在は陸上とサッカーをしているそうです。

小学校の時に陸上大会に出場して優勝経験もあるそうです。

陸上もサッカーもやっていて、実力は両方とも同学年でも群を抜いているといいます。

どちらかというと、サッカーに重点を置いて練習しているそうなのですが、将来が楽しみな存在でもありますね。

ハナン君が小学校時代にサッカーをしている動画がアップされているので、紹介しておきます。

明らかに、周りの子たちと体格が違いますね。

足の速さもケタ違いで、周りの子たちもついて行けていません。

運動神経が抜群なのが良くわかります。

まさにアスリート一家なんですね。

スポンサーリンク




サニブラウン母親は宗像高校陸上部で足が速かった?

母・明子さんは宗像高校陸上部時代には100Mと100Mハードルでインターハイに出場しており、それぞれ歴代1位と3位の記録を持っているそうです。高校時代とは言え、日本でもトップレベルの選手だったんですね。

7才年下の弟ハナン君も、サッカーの実力は相当なもので、足もメチャクチャ速いそうです。

サニブラウン母親の年齢は?

母・明子さんは1967年生まれの現在51歳です。

宗像高校陸上部時代にインターハイに出場しており、自身の実力もさることながら、元アトランタオリンピックの男子400m/男子4×400mリレー日本代表選手だった大森 盛一さんや、走り幅跳びの日本記録保持者である走幅跳の第一人者、森長正樹さんとも知り合いで、サニブラウン選手のコーチを頼んだこともある、陸上界でも顔の広い方のようです。

サニブラウン母親の国籍は?

母・明子さんのお顔がハーフのようなハッキリとした目鼻立ちをしている為、母親もハーフなのではないか?と言われることがあるようですが、福岡県出身の日本人です。弟のハナン君も、国籍はもちろん日本です。

日本のスポーツ選手にサニブラウン選手のような外国人の身体能力を引きついたハーフの選手が増えてきました。

テニスの大坂なおみ選手や、同じ陸上のケンブリッジ飛鳥選手もそうですが、今まで日本人がとても外国選手に敵わなかった競技でも、こういった選手が増えることで第一線で活躍できる日本人が増えてきました。

サニブラウン母親は美人?

明子さんは、陸上大会で日本代表として出場しているサニブラウン選手を一生懸命応援する姿が度々テレビカメラに映し出され、それを見た視聴者からとても美人だと評判です。

ハーフのような目鼻立ちがハッキリしたお顔をしていて、昔陸上競技でインターハイに出場したこともあるトップアスリートである為か、スタイルも身体が細くてとても良いです。

肌も白く、今で言う”美魔女”といった感じでしょうか。

サニブラウン母親は創価学会なの?

母明子さんは福岡県の宗像市にある福岡県立宗像高校出身の為、宗像という字が”宗教”っぽく見えたせいなのか、その高校が何かの宗教に関わる学校なのか?と噂になり、いつしか宗教家なの?創価学会なのじゃないか?などと話が全然違う方向にいって、噂されるようになったようです。

宗像高校の名前は宗像市からきています。

宗像は福岡地方北東部(北九州市と福岡市のほぼ中間)に位置する地名であり、宗教とは一切関係ありません

実際は、そういった宗教には入っておられないようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#サニブラウン #日本記録

片山孝之さん(@taka1260)がシェアした投稿 –

合わせて読みたい記事

まとめ

  • 男子陸上サニブラウン選手の母明子さんは宗像高校出身で51歳。福岡県出身の日本人である。
  • サニブラウン選手の母明子さんは高校時代陸上部に所属し、インターハイに出るほどの実力者
  • サニブラウン選手の母明子さんはハーフのような目鼻立ちがハッキリした顔をしていて、テレビで見た人から美人だと評判
  • サニブラウン選手の父親ラティフさんはガーナ人で現在スポーツバーを経営
  • サニブラウン選手の父親ラティフさんは昔サッカーをしていて、身体が大きく運動神経が抜群
  • サニブラウン選手にはハナン君という弟がいて、現在サッカーと陸上をしている
  • サニブラウン選手の母明子さんは、宗像高校出身のため、字が”宗教”っぽく見えたせいで高校が何かの宗教に関わる学校なのか?創価学会なのじゃないか?などと話が全然違う方向にいって、噂されるようになったが、宗像は地名であり、そういった宗教に加入しているわけではない