バレーボールの世界選手権大会が行われている女子バレー。今年も日本代表メンバーにはかわいい選手がたくさんいます。しかし、期待されていてる日本代表メンバーのかわいい宮下遥選手が出場していないということが話題になっています。出場していない理由についてもお伝えします。


スポンサーリンク




期待の宮下遥が出場していない?

 

View this post on Instagram

 

頑張れ日本! #世界バレー #世界バレー2018 #バレーフォローワー増やしたい

世界バレーボールさん(@shijiebareboru)がシェアした投稿 –


いよいよ世界バレー2018が開幕しましたね。

世界バレーはオリンピックと同じ4年に1度の開催ですが、オリンピックよりも出場国が多く権威も高いため注目が集まっています。

その世界バレー大会で、必ず出場すると思っていた選手のうちのひとりがセッターの宮下遥選手ですが、残念ながら今回の大会には出場しないことが明らかとなりました。

宮下遥選手といえば高校生のころから非常に注目されていた選手なので、なぜ代表落ちしてしまったのかが不思議です。

宮下遥が代表落ちした理由は?

前回のグラチャンバレーでは怪我より欠場していたので、今回ももしかすると怪我?と思い調べてみたところ、どうやら今回の代表落ちは中田久美監督の戦略だったようです。

以下は、4月に行われた始動会見の際の中田久美監督の取材コメント引用です。

――宮下(遥)選手は、今年は全日本に呼ばないのでしょうか?
中田:よほどのことがない限り、今年はないと思います。
――ケガなど、本人のコンディションの問題ですか?
中田:ケガは治りかけでいい方向に向かっていると所属チームから聞いているので、そこも大事にしてあげたいし、確かに宮下のディグやつなぎ、サーブは日本一だと私は評価していますが、スパイカー陣を活かすという部分では、一度宮下よりも田代を使ってみたいと…。

ディグやつなぎやサーブは評価していると枕詞を使いながらも、セッターとして最も期待される部分は宮下選手よりも田代選手を良いとコメントしていますね。

私は宮下選手のファンなので反論したい気持ちもありますが、中田監督が決めたことなので仕方がないですね。

宮下遥のプロフィールと経歴

 

View this post on Instagram

 

#木村沙織 さん #宮下遥 選手

❤️v.b.album.ayaaa.12-3❤️さん(@smile.v.b.japan0819)がシェアした投稿 –


残念ながら今回の世界バレーには出場しない宮下遥選手ですが、彼女は本当に凄い選手なんです!

知らない方のためにも宮下選手のプロフィールと経歴を紹介したいと思います。

名前:宮下 遥(みやした はるか)

生年月日:1994年9月1日

出身地:三重県桑名市

身長:177cm

体重:58kg

血液型:B型

宮下選手は中学生のころから才能が開花していた”早熟タイプ”のプレイヤーでした。

14歳という若さで、プロ・大学生・高校生が混じり戦い日本一を決める大会”黒鷲旗”に出場しその名を広めました。

そして翌年15歳で全日本女子バレーボールチームの登録メンバーとしてVプレミアリーグに招集され話題となりました。

宮下選手はセッターとして活躍する選手では異例の高身長を生かした攻撃力で、眞鍋前監督時代には正セッターとして活躍していました。

さらに2020年オリンピックの強化指定選手にも選ばれています。

まだまだ若くチャンスは多くあるので、これからの活躍に期待しています。

全日本女子バレーに登録されているメンバーは?

さて、では全日本女子バレーに登録されているメンバーを見ていきましょう。

  1. 岩坂名奈(ミドルブロッカー)
  2. 長岡望悠(ウイングスパイカー)
  3. 新鍋理沙(ウイングスパイカー)
  4. 石井優希(ウイングスパイカー)
  5. 古賀紗理那(ウイングスパイカー)
  6. 黒後愛(ウイングスパイカー)
  7. 内瀬戸真実(ウイングスパイカー)
  8. 島村春世(ミドルブロッカー)
  9. 荒木絵里香(ミドルブロッカー)
  10. 奥村麻依(ミドルブロッカー)
  11. 冨永こよみ(セッター)
  12. 田代佳奈美(セッター)
  13. 小幡真子(リベロ)
  14. 井上琴絵(リベロ)

特に注目を浴びているのは現在最年少の黒後愛選手です。

2013年の”全国都道府県対抗中学大会”で優秀選手賞を獲得した黒後愛選手は、高校はバレーボールの名門である下北沢成徳高校に進学し、2016年の春高バレーでチーム優勝、個人として大会MVPを獲得しています。

そしてさらに翌年の春高バレーでも優勝してMVPを獲得した、とても凄い経歴を持つ選手なんです。

また、宮下選手以外にも、セッターの佐藤美弥選手やスパイカーの鍋谷友理枝選手が代表落ちしているのに驚きました。前回のグラチャンバレーとはガラっとメンバーを変えて攻撃に特化した布陣を敷いている印象です。

スポンサーリンク




歴代日本バレー代表メンバーかわいい選手まとめ

今大会の日本代表メンバーもそうですが、歴代の日本代表メンバーにはかわいい選手がたくさんいます。

かわいい選手が活躍していると、バレーボールをあまり知らない人でも楽しめますよね。

そこで、ここからは歴代のかわいい日本代表メンバーを見てみましょう。

滝沢ななえ選手

 

View this post on Instagram

 

#滝沢ななえ

BRUNO/ぶる~のさん(@bruno_sammartino1966)がシェアした投稿 –


現役時代から「タレント並みに可愛い!」と大注目を集めた選手です。

25歳という若さで引退したあとは、女子バレーボールのコーチを務めながらタレント活躍していました。

現在は女性限定のトレーニングジムでの勤務しているようです。

木村沙織選手


歴代選手の中でもトップクラスの実力を持つ木村沙織選は、ルックスと性格も非常に愛らしいものがありカリスマ的な人気を誇りました。

ロンドンオリンピックにも出場し、銅メダル獲得にも貢献しています。

木村選手には多くのファンがいて、バレーボール選手としては異例の”サザエさん”への出演も果たしています。

バレーボールの名門成徳高校の出身です。

菅山かおる選手


その美しいルックスからついたあだ名は”かおる姫”という菅原選手は、”VOAR!(ボアール) 菅山かおるファースト写真集”という写真集を発売し、当時大きな話題となりました。

2009年にビーチバレーボールに転向しており、現在は同じビーチバレーボール選手の西村晃一と結婚、子供をもうけています。

大友愛選手


福原愛さんと宮里藍さんらと共に”3大あいチャン”と呼ばれ人気を集めた選手です。

アテネオリンピックでは世界で初めてバックブロードという移動攻撃を決めた実力のある大友選手は、ビーチバレーボールの山本辰生選手と結婚して子供をもうけたものの離婚、現在は柔道家の秋本啓之さんと再婚しています。

古賀紗理那選手


今回の全日本女子バレーの代表にも選ばれている古賀選手は、無邪気で屈託のない笑顔が特に男性からの人気を集めています。

幼い顔立ちとはかけ離れた力強いスパイクも、ギャップがあり魅力的ですね。

過去に古賀紗理那選手が着用していたネックレスが「彼氏からのプレゼントでは?」と噂になったことがありましたが、真相は不明です。

世界女子バレー選手でかわいい選手まとめ

日本の代表選手でかわいい選手を見てきましたが、次は世界の選手でかわいい選手をみてみましょう。

サビーナ・アルシンベコバ選手

 

View this post on Instagram

 

🥉🙏🏼

Sabina Altynbekova 🇰🇿さん(@altynbekova_20)がシェアした投稿 –


サビーナ選手はカザフスタンのバレーボール選手で、日本のVチャレンジリーグで活躍したこともあります。

群を抜いた美貌で世界中のメディアから大注目されて、日本でも、”バイキング”や”1分間の深イイ話”、”めざましテレビ”に出演したことがあります。

現在は母国でバレーボール選手として活躍するかたわら、女優やモデルとしての仕事もされているようです。

ナズ・アイデミル選手

 

View this post on Instagram

 

🏆🥇🌟

Naz Aydemir Akyolさん(@akyolnaz)がシェアした投稿 –


トルコ代表選手のナズ選手は木村沙織選手とチームメイトであったこともあるためか、日本のバレーボールファンからも大きな注目を集めています。

186cmという高身長に小さいお顔が、まるでモデルのようなスタイルで素敵です。

アニエスカ・ベドナレク選手

アニエスカ選手は小麦色の肌とブロンドの髪色が特徴のエキゾチックタイプの美人選手です。

2009年のヨーロッパ選手権ではポーランド代表として銅メダルの獲得に貢献し、ベストサーバー賞を受賞するほど活躍しました。

まとめ

  • 世界バレー2018に宮下遥選手は不出場。理由は中田監督の戦略によるもの。
  • 世界バレー2018の代表選手で注目を集めているのは黒後愛選手。
  • 歴代のバレー選手にはかわいい選手がたくさんいる

スポンサーリンク




合わせて読みたい記事