スポンサーリンク





スポンサーリンク






5月にスイスで開催された「モントルーバレーマスターズ」から始まり、『FIVBバレーボールネーションズリーグ2019』では予選ラウンドで5週間各国を遠征しながら試合で戦います。

今年も日本代表メンバーにはかわいい選手がたくさんいます。

しかし、期待されていてる日本代表メンバーのかわいい宮下遥選手が出場していないということが話題になっていたのは2018年の世界選手権のときです。

なぜ宮下遥選手が出場していなかったのか理由についてもお伝えします。


スポンサーリンク




期待の宮下遥が出場していない?

 

View this post on Instagram

 

頑張れ日本! #世界バレー #世界バレー2018 #バレーフォローワー増やしたい

世界バレーボールさん(@shijiebareboru)がシェアした投稿 –

世界バレーはオリンピックと同じ4年に1度の開催ですが、オリンピックよりも出場国が多く権威も高いため注目が集まります。

そんな世界バレー2018が開催された際に、必ず出場すると思っていた選手のうちのひとりがセッターの宮下遥選手でした。

残念ながら世界選手権には出場しなかったのです。

宮下遥選手といえば高校生のころから非常に注目されていた選手なので、なぜ代表落ちしてしまったのかが不思議です。

そして、2019年のネーションズリーグには、宮下遥選手は代表メンバーには入っています。

しかし、第1週目からの試合にはセッターの佐藤美弥選手、関菜々巳選手が出場しています。

宮下遥が代表落ちした理由は?

前回のグラチャンバレーでは怪我より欠場していたので、今回ももしかすると怪我?と思い調べてみたところ、どうやら今回の代表落ちは中田久美監督の戦略だったようです。

以下は、4月に行われた始動会見の際の中田久美監督の取材コメント引用です。

――宮下(遥)選手は、今年は全日本に呼ばないのでしょうか?
中田:よほどのことがない限り、今年はないと思います。
――ケガなど、本人のコンディションの問題ですか?
中田:ケガは治りかけでいい方向に向かっていると所属チームから聞いているので、そこも大事にしてあげたいし、確かに宮下のディグやつなぎ、サーブは日本一だと私は評価していますが、スパイカー陣を活かすという部分では、一度宮下よりも田代を使ってみたいと…。

ディグやつなぎやサーブは評価していると枕詞を使いながらも、セッターとして最も期待される部分は宮下選手よりも田代選手を良いとコメントしていますね。

筆者は宮下遥選手のファンなので反論したい気持ちもありますが、中田監督が決めたことなので仕方がないですね。

宮下遥のプロフィールと経歴

 

View this post on Instagram

 

#木村沙織 さん #宮下遥 選手

❤️v.b.album.ayaaa.12-3❤️さん(@smile.v.b.japan0819)がシェアした投稿 –


残念ながら今回の世界バレーには出場しない宮下遥選手ですが、彼女は本当に凄い選手なんです!

知らない方のためにも宮下選手のプロフィールと経歴を紹介したいと思います。

名前:宮下 遥(みやした はるか)

生年月日:1994年9月1日

出身地:三重県桑名市

身長:177cm

体重:58kg

血液型:B型

宮下選手は中学生のころから才能が開花していた”早熟タイプ”のプレイヤーでした。

14歳という若さで、プロ・大学生・高校生が混じり戦い日本一を決める大会”黒鷲旗”に出場しその名を広めました。

そして翌年15歳で全日本女子バレーボールチームの登録メンバーとしてVプレミアリーグに招集され話題となりました。

宮下選手はセッターとして活躍する選手では異例の高身長を生かした攻撃力で、眞鍋前監督時代には正セッターとして活躍していました。

さらに2020年オリンピックの強化指定選手にも選ばれています。

まだまだ若くチャンスは多くあるので、これからの活躍に期待しています。

全日本女子バレーに登録されているメンバーは?

さて、では全日本女子バレーに登録されているメンバーを見ていきましょう。

    1. 古賀紗理那(アウトサイドヒッター)
    2. 新鍋理沙(アウトサイドヒッター)
    3. 石井優希(アウトサイドヒッター)
    4. 黒後愛(アウトサイドヒッター)
    5. 内瀬戸真実(アウトサイドヒッター)
    6. 鍋谷友里枝(アウトサイドヒッター)
    7. 今村優香(アウトサイドヒッター)
    8. 長内美和子(アウトサイドヒッター)
    9. 吉野優理(アウトサイドヒッター)
    10. 東谷玲依奈(アウトサイドヒッター)
    11. 中川美柚(アウトサイドヒッター)
    12. 石川真佑(アウトサイドヒッター)
    13. 宮部愛芽世(アウトサイドヒッター)
    14. 岩坂名奈(ミドルブロッカー)
    15. 荒木絵里香(ミドルブロッカー)
    16. 島村春世(ミドルブロッカー)
    17. 奥村麻依(ミドルブロッカー)
    18. 渡邊彩(ミドルブロッカー)
    19. 入澤まい(ミドルブロッカー)
    20. 芥川愛加(ミドルブロッカー)
    21. 佐藤美弥(セッター)
    22. 宮下遥(セッター)
    23. 関菜々巳(セッター)
    24. 小幡真子(リベロ)
    25. 井上琴絵(リベロ)
    26. 山岸あかね(リベロ)

特に注目を浴びているのは現在最年少の黒後愛選手です。

2013年の”全国都道府県対抗中学大会”で優秀選手賞を獲得した黒後愛選手は、高校はバレーボールの名門である下北沢成徳高校に進学し、2016年の春高バレーでチーム優勝、個人として大会MVPを獲得しています。

そしてさらに翌年の春高バレーでも優勝してMVPを獲得した、とても凄い経歴を持つ選手なんです。

また、宮下選手以外にも、セッターの佐藤美弥選手やスパイカーの鍋谷友理枝選手が代表落ちしているのに驚きました。

前回のグラチャンバレーとはガラっとメンバーを変えて攻撃に特化した布陣を敷いている印象です。

スポンサーリンク




歴代日本バレー代表メンバーかわいい選手まとめ

今大会の日本代表メンバーもそうですが、歴代の日本代表メンバーにはかわいい選手がたくさんいます。

かわいい選手が活躍していると、バレーボールをあまり知らない人でも楽しめますよね。

そこで、ここからは歴代のかわいい日本代表メンバーを見てみましょう。

冨永こよみ


イタリアのラルディーニ・フィロットラーノではセッターとして高い存在感を示し日本代表でも活躍されている冨永こよみ選手は、ボーイッシュなルックスが可愛いとファンの多い選手でもあります。

佐藤美弥


“ミイ”の愛称で愛されている日本代表でもセッターとして活躍する佐藤美弥選手は、秋田県出身の秋田美人としても注目されています。

可愛らしいお顔立ちはもちろんのこと、キレイで色白な肌も目を引きます。

田代佳奈美


2012年・2016年と日本代表選手として活躍を見せた田代佳奈美選手は、アジアンビューティーな雰囲気や整ったお顔立ちで人気のある選手です。

9年所属していた”東レ・アローズ”を2018年に退団された際は、多くのファンの方々が悲しみました。

宮下遥


2010年に15歳という若さで日本代表に招集され、「ポスト竹下佳江」として常に注目を集め続ける宮下遥選手は、愛嬌のあるお顔立ちで可愛いと男性ファンが多いです。

可愛いお顔立ちとは反対に、プレー中はあまり笑顔を見せずクールな表情でいることも印象的です。

新鍋理沙

ウイングスパイカーとして日本代表としても華々しい実績を残している新鍋理沙選手は、長い手足や可愛らしいお顔立ちで、男女ともから人気が高い選手です。ネ

ットでは女優の松岡茉優さんに似ているという声もあるそうです。

石井優希

2013年に開催されたグラチャンで銅メダル獲得に大きく貢献した石井優希選手は、プレー中に見せる笑顔が「可愛らしい」「癒される」と男女共にファンが多い選手です。

2017/18シーズンのVチャレンジリーグでは攻守ともに活躍し、チームを優勝に導いた石井優希選手の今後の活躍に期待が高まります。

長岡望悠

2014年に開催されたワールドグランプリで活躍された長岡望悠選手は、世間にその名を轟かせると「美人すぎるバレーボール選手だ」と注目した人も多かったようです。

2018年にはイタリアのバレーボールチームの名門”イモコ・コネリアーノ”へ入団することが発表されました。

野本梨佳

久光製薬スプリングスに所属し、2013年のVサマーリーグでは最優秀選手に選出された野本梨佳選手は、笑顔が可愛い正統派美人としても注目を集めている選手です。

内瀬戸真実

日本代表選手として攻守ともに活躍が期待されている内瀬戸真実選手は、童顔なお顔立ちが可愛いと人気があります。

バレーボール選手にしてはぽっちゃりとしている体型も、「マスコットみたいで好感が持てる」という声が見られました。

堀川真理

全日本女子バレーチーム”火の鳥NIPPON”のウイングスパイカーとして注目を集める堀川真理選手は父親はカナダ人、母親が日本人のハーフです。

そんな堀川真理選手は「試合中でも笑顔を見せてかわいい」と評判が高いです。

高橋沙織

全日本女子バレーチームではウィングスパイカーとして活躍される高橋沙織さんは最高到達点が308cmと、非常に高い跳躍力を持つ選手です。

さらに高橋沙織選手は、ファンの方への対応もいいと評判の愛嬌のある選手です。

鍋谷友理枝

両親ともにバレーボール経験者で東九州龍谷高校時代には主将としてで全国制覇、さらに個人でも最優秀選手に輝いた鍋谷友理枝選手は、女優の夏菜さんに似ていると話題になるほど美人な選手です。

大きくて丸い目がチャームポイントの鍋谷友理枝さんの今後の活躍にも期待しています!

今村優香

久光製薬スプリングスに所属し、日本代表ではエース級の活躍が期待されている今村優香選手は、破壊力のあるスパイクだけでなく、不安定な2段トスでも決めきることができる器用さを持つ選手です。

そんな今村優香選手はアジアンビューティーな雰囲気を持つ選手としても注目です。

井上愛里沙

井上愛里沙選手はかつて医療の道に進むことも考えていたという頭のいい選手です。

また、パンチ力のあるスパイクと安定したレシーブも井上愛里沙選手の強みと言えると思います。

日本代表として攻守ともに活躍されることを期待しています。

黒後愛

日本代表選手として2018年に最優秀新人賞を獲得し、東京オリンピックでの活躍が期待されている黒後愛選手は、ボーイッシュでエネルギーを感じさせる魅力的な選手です。

また、試合中に見せる笑顔はボーイッシュな見た目とのギャップがとても可愛いです。

荒谷栞

荒谷栞選手は黒後愛選手と同じ19歳で女子バレーボール界の期待の新星です。

19歳という幼い可愛らしさはもちろんのこと、今後さらに綺麗になっていきそうだという期待ももてるルックスです。

中川美柚

中川美柚選手は女子バレーの強豪・東九州龍谷高校でエースとして活躍された選手です。182cmの高身長と、童顔で可愛らしいお顔立ちや試合中のはじける笑顔のギャップが魅力的な選手でもあります。

荒木絵里香

日本代表選手の最年長選手でありながらも、これまでの現役生活で大けがなどがないことから”鉄人エリカ”との異名を持つ荒木絵里香選手は、「結婚して出産して綺麗になった!」という声が非常に多くみられます。

松本亜弥華

両親ともに中国のバレーボール選手という松本亜弥華選手は、学生時代アメリカのジェファーソンカレッジへ留学し全米大学選手権でMVPを獲得しています。

身長が高くスラッとしたモデル体型の松本亜弥華選手には、日本だけでなく中国にも多くのファンがおられることでしょう。

岩坂名奈


久光製薬スプリングスに所属し、ミドルブロッカーとして活躍される岩坂名奈選手は、おっとりとした癒し系のお顔立ちが可愛らしい選手です。

実際の性格も見た目通りで、チームの癒し担当だというのでますます好感が持てます。

奥村麻依

バレーの強豪校である誠英高校出身で国体優勝やインターハイ出場に大きく貢献した奥村麻依選手は、現在タイの”ナコンラチャシマ”に所属しています。

そんな奥村麻依選手に対してネットでは、「色気がある」や「声が綺麗」という声が多くみられました。

芥川愛加

東九州龍谷高校出身で2008年、2009年と連続で春高バレー優勝という快挙を成し遂げ、卒業後すぐに全日本メンバーに選出された芥川愛加選手は、今後の活躍に大きな期待が集まる選手のうちの1人です。

また、愛嬌のある可愛いルックスで、ファンも多い選手です。

島村春世

日本代表の頼れるミドルブロッカーとして活躍されている島村春世選手の強みは、無回転のジャンプフローターサーブと182cmの長身を生かしたブロック力です。

得点を決めたときに見せる笑顔は
チームを明るくしてくれています。

井上琴絵

2010-11Vのプレミアリーグでベストリベロ賞に輝いた井上琴江選手は主将も務めたJTマーヴェラスを2018年で退団し、現在はルーマニアの”CSMブカレスト”で活動されています。

リベロとしての高いセーブ力はもちろん、小動物のような可愛らしいルックスでも人気があります。

山岸あかね

全日本チームでリベロとして登録されている山岸あかね選手は、全日本中学バレーボール選手権で連覇を果たすという輝かしい経歴の持ち主です。

ふんわりとした優しい雰囲気の山岸あかね選手は、”キラ”という愛称で親しまれています。

小幡真子

日本体育大学出身で4年生のときには主将として21年ぶりの優勝に大きく貢献した小幡真子選手。同大会でMVPとベストリベロ賞を獲得し、世間の注目を集めました。

また、色白できれ いな肌が目を引く選手でもあります。今後の日本代表としての活躍に大きな期待が集まります。

中川有美

中川有美選手は全日本バレーに登録された5名のリベロのうちの1人です。

まだ25歳と若い選手で、今後日本バレーの守備を背負う選手として活躍を期待されている選手でもあります。

戸江真奈

東九州龍谷高校時代にはウィングスパイカー・セッター・リベロと多くのポジションをこなした器用な戸江真奈選手は、新たに日本代表選手として選出され、現在注目を集めている選手のうちの1人です。

リベロとしての高いセーブ力はもちろん、愛らしいルックスでも人気がある選手です。

江畑幸子

海外の選手にも負けない力強いスパイクの持ち主で、バックスパイクも得意な江畑幸子選手は、小顔でスタイル抜群です。

長身でスタイルがいい方が多い女子バレーボール選手の中でも、トップクラスの顔の小ささで注目を集めました。

横田千里

春高バレーで活躍された際、可愛すぎるセッターとして注目を集めました。

春高バレーで活躍された後は、パイオニアレッドウィングスやJTマーヴェラスに在籍していましたが2015年に引退されました。

川村小捺

川村小捺選手は日立リヴァーレでアウトサイドヒッターとして活躍した選手で、目がなくなるくらい全力の笑顔が可愛いと多くのファンを魅了しました。

平井香菜子

“アン”の愛称で愛された平井香菜子選手は、前後ともにアタック決定率の高いミドルブロッカーで、2013年に開催されたグラチャンでは銅メダル獲得に貢献しています。

183cmの高身長と、小さいお顔が特徴のスタイル抜群なバレーボール選手でした。

二見梓

メグカナに憧れてバレーボールを始め、大和南高校のセンターとして活躍された二見梓選手は、愛くるしい笑顔が印象的で「春高バレーのヒロイン」と注目を集めていました。

2015年にビーチバレー選手に転向されており、2020年東京五輪での活躍が期待されています。

竹田沙希

トヨタ車体に所属していたバレーボール選手で、黒鷲旗大会では若鷲賞(新人賞)を獲得したり、チーム主将をつとめるなど、トヨタ車体の歴史に残る活躍を見せた竹田沙希選手は、2018年に引退されています。

熊本比奈

高校生時代は2年生からエースに抜擢、3年生の時にはに主将を務め、春高バレーで準優勝されまた熊本比奈選手は、現在Vプレミアリーグの下部リーグにあたるブレス浜松で活躍しており、”ヒナ”の愛称で愛されています。

栗原恵

可憐な容姿が注目を集め、大山加奈選手と共に「メグカナ」と呼ばれ愛された栗原恵選手は、2000年代のバレーボールブームの一人者といえる存在です。

また、可愛いだけでなく誠英高校の1年生のころにはインターハイ・国体・春高バレー優勝の3冠を果たし、日本代表としては世界選手権の銅メダル獲得に貢献しています。

2012年以降はEXILEが所属する”LDH JAPAN”のタレントとして活動されています。

小平花織

東レ・アローズ時代には、ウイングスパイカー兼リベロとしてVプレミアリーグ準優勝に貢献した小平花織選手は、小動物のような愛くるしいルックスが可愛いと話題になることが多かった選手です。

岩坂名奈

久光製薬スプリングスと日本代表の中心選手として活躍された岩坂名奈選手は、整ったお顔立ちで「美人すぎるバレーボール選手」として大きな注目を集めました。

目を引くキレイな色白の肌も印象的です。

迫田さおり

海外選手に負けない高いジャンプ力と強力なアタックで、五輪やグラチャンで銅メダル獲得に貢献した迫田さおり選手は、引退された現在も美人なお顔立ちも生かしバレーボールの解説などでメディアに出演されています。

近江あかり

2014/15のVプレミアリーグで最高殊勲選手(MVP)に選ばれた近江あかり選手は「セクシーで可愛い」と注目された選手です。

2017年に引退されてからは社業に専念されているようです。

佐藤あり紗

日本代表選手としてもリベロで活躍を見せた佐藤あり紗選手は、小動物のような愛らしいルックスで多くのファンを魅了しています。

2018年からは仙台の新しいチーム”リガーレ仙台”で活動されていますが、今後また日本代表として活躍される日が来ることを期待している方も多いです。

川尻彩香

仙台ベルフィーユに所属している川尻彩夏選手は、その整ったお顔立ちがネットで話題になるとお笑いコンビの”サンドウィッチマン”伊達みきおさんが、「美人アナウンサーの馬場典子に似ていて可愛い」と絶賛されて、大きな話題となりました。

斎藤真由美

「バレーボール界のゴクミ」とアイドル的な人気を誇った斎藤真由美選手は、1980年代後半から1990年代前半の女子バレーボールブームのきっかけとなりました。

益子直美

斎藤真由美選手とともに1980年代後半から1990年代前半の女子バレーボールブームを支えたのは「下町のマコちゃん」の愛称で親しまれた益子直美選手です。

アイドルのような可憐な容姿で、特に男性から大変人気がありました。

狩野舞子

久光製薬スプリングスでウィングスパイカーとして活躍し、ロンドン五輪の代表選手にも選出された狩野舞子選手は、モデルのようなスタイルと端正なお顔立ちで注目を集め、メディアにも何度も登場していました。

吉村志穂

上尾メディックスでエースストライカーとして活躍された吉村志穂選手は海外選手にも負けない端整なお顔立ちと抜群のスタイルの持ち主で、日本国内だけでなく海外からも注目を集めた選手です。

高田ありさ

東レ・アローズで活躍された高田ありさ選手は可愛いと評判でした。

引退された現在位は、バレーボール教室を開催したり、友人と趣味でバレーボールを楽しんでいるとのことです。

古藤千鶴

古藤千鶴選手は200以上の試合に出場し、2017年にはVリーグ栄誉賞を受賞した有名な選手です。

30代後半を超えているようには見えない若いルックスで、幅広い年齢のファンから人気がある選手でもあります。

田中美咲

2016年に開催された近畿総合バレーボール選手権でMVPに輝き、現在はJTマーヴェラスで活躍されている田中美咲選手は「栃木が生んだ天才バレーボール選手」と実力面で注目を集める一方で、「清楚な雰囲気がかわいい」とルックス面でも注目されています。

大盛梢

バレーボールクラブの強豪チーム”KUROBEアクアフェアリーズ”に所属していた大森梢選手はショートヘアーが似合う可愛いバレーボール選手でした。

2018年に退団されており、今後どのように活躍されるかにも注目が集まります。

宮田ゆかり

女子バレーボールの名門”東レ・アローズ”に所属し、ミドルブロッカーとして活躍された宮田ゆかり選手は大きな瞳が印象的な選手でした。

2014年に現役を引退されて、現在は長崎県のスポーツ非常勤職員として活動されているそうです。

大山加奈

栗原恵選手とともに「メグカナ」の愛称で親しまれ、2000年代のバレーボールブームを支えた大山加奈選手は全国的に人気のあった選手でした。

引退後はバレーボールの普及活動を精力的に行い、2017年の4月には全日本のコーチに選ばれています。

滝沢ななえ選手

 

View this post on Instagram

 

#滝沢ななえ

BRUNO/ぶる~のさん(@bruno_sammartino1966)がシェアした投稿 –


現役時代から「タレント並みに可愛い!」と大注目を集めた選手です。

25歳という若さで引退したあとは、女子バレーボールのコーチを務めながらタレント活躍していました。

現在は女性限定のトレーニングジムでの勤務しているようです。

木村沙織選手


歴代選手の中でもトップクラスの実力を持つ木村沙織選は、ルックスと性格も非常に愛らしいものがありカリスマ的な人気を誇りました。

ロンドンオリンピックにも出場し、銅メダル獲得にも貢献しています。

木村選手には多くのファンがいて、バレーボール選手としては異例の”サザエさん”への出演も果たしています。

バレーボールの名門成徳高校の出身です。

菅山かおる選手


その美しいルックスからついたあだ名は”かおる姫”という菅原選手は、”VOAR!(ボアール) 菅山かおるファースト写真集”という写真集を発売し、当時大きな話題となりました。

2009年にビーチバレーボールに転向しており、現在は同じビーチバレーボール選手の西村晃一と結婚、子供をもうけています。

大友愛選手


福原愛さんと宮里藍さんらと共に”3大あいチャン”と呼ばれ人気を集めた選手です。

アテネオリンピックでは世界で初めてバックブロードという移動攻撃を決めた実力のある大友選手は、ビーチバレーボールの山本辰生選手と結婚して子供をもうけたものの離婚、現在は柔道家の秋本啓之さんと再婚しています。

古賀紗理那選手


今回の全日本女子バレーの代表にも選ばれている古賀選手は、無邪気で屈託のない笑顔が特に男性からの人気を集めています。

幼い顔立ちとはかけ離れた力強いスパイクも、ギャップがあり魅力的ですね。

過去に古賀紗理那選手が着用していたネックレスが「彼氏からのプレゼントでは?」と噂になったことがありましたが、真相は不明です。

世界女子バレー選手でかわいい選手まとめ

日本の代表選手でかわいい選手を見てきましたが、次は世界の選手でかわいい選手をみてみましょう。

サビーナ・アルシンベコバ選手

 

View this post on Instagram

 

🥉🙏🏼

Sabina Altynbekova 🇰🇿さん(@altynbekova_20)がシェアした投稿 –


サビーナ選手はカザフスタンのバレーボール選手で、日本のVチャレンジリーグで活躍したこともあります。

群を抜いた美貌で世界中のメディアから大注目されて、日本でも、”バイキング”や”1分間の深イイ話”、”めざましテレビ”に出演したことがあります。

現在は母国でバレーボール選手として活躍するかたわら、女優やモデルとしての仕事もされているようです。

ナズ・アイデミル選手

 

View this post on Instagram

 

🏆🥇🌟

Naz Aydemir Akyolさん(@akyolnaz)がシェアした投稿 –


トルコ代表選手のナズ選手は木村沙織選手とチームメイトであったこともあるためか、日本のバレーボールファンからも大きな注目を集めています。

186cmという高身長に小さいお顔が、まるでモデルのようなスタイルで素敵です。

アニエスカ・ベドナレク選手

アニエスカ選手は小麦色の肌とブロンドの髪色が特徴のエキゾチックタイプの美人選手です。

2009年のヨーロッパ選手権ではポーランド代表として銅メダルの獲得に貢献し、ベストサーバー賞を受賞するほど活躍しました。

まとめ

  • 世界バレー2018に宮下遥選手は不出場。理由は中田監督の戦略によるもの。
  • 世界バレー2018の代表選手で注目を集めているのは黒後愛選手。
  • 歴代のバレー選手にはかわいい選手がたくさんいる

スポンサーリンク




合わせて読みたい記事