明治大学の不動のエース森下暢仁選手の進路が注目されています。

2019年のドラフトでは、大船渡高校の佐々木朗希投手や星稜高校の奥川恭伸投手など、多くの 注目選手がいます。

しかし即戦力として今すぐにプロで通用するのは森下暢仁選手と言われていて、投手不足の球団にとっては否が応でも欲しい選手です。

多球団からドラフトで指名されることが考えられる森下暢仁選手の高校、大学での成績や、甲子園出場の有無、身長体重、そして今後の進路についてまとめました。





森下暢仁(明治大)は甲子園出場している?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

明治大学 2019年 主将 #森下暢仁 20180430 明治大ー早稲田大 #明治大 #大分商 #2019年ドラフト候補 #大学日本代表 #高校日本代表 #big6

artさん(@calm__ar)がシェアした投稿 –

森下暢仁選手は高校1年生の時に、先輩で現在ソフトバンクに所属している笠谷俊介投手の活躍もあり、甲子園に出場しています。

1年生でありながら甲子園のメンバーに選ばれベンチ入りしていますが、試合への出場はありませんでした。

その後、3年生の時に投手として大分県大会に出場、全5試合で先発し決勝まで勝ち進みます。

決勝では「明豊高校」と対戦し、9回1失点の好投を見せますが、打線が振るわずに0-1で敗北。

残念ながら甲子園出場には至りませんでした。

森下暢仁選手は1年生の時に甲子園のベンチ入りこそしていますが試合には出れず、その後甲子園出場まで勝ち進む事が無かったため、甲子園でプレーしたことは無いということになります。

森下暢仁(明治大)の出身中学は?

森下暢仁選手は大分県の大分市出身です。

明治北小学校の3年生の時に明治野球クラブで野球を始めます。

そして小学校卒業後は「大分県私立大東中学校」に進みます。

中学時代は投手をしていましたが、肘の怪我の為に野手に専念していました。

中学校3年生の時には、野手として出場した「九州大会」で優勝して「全国大会」に出場しています。

森下暢仁(明治大)の出身高校は?

大分県私立大東中学校を卒業後、「大分商業高校」に入学します。

大分商業高校は公立の高校ですが、多くのプロ野球選手を輩出している高校でもあります。

  • 川瀬晃選手(ソフトバンク)
  • 笠谷俊介(ソフトバンク)
  • 源田壮亮(西部)
  • 廣澤伸哉(オリックス)

肘の怪我もあり中学校の時から野手をしていた森下暢仁選手ですが、監督の勧めもあり1年生の時に投手に復帰します。

しかし怪我の影響は大きく、思うような投球ができず2年生の時に再度野手に転向し、夏の大分県大会では2番サードとして全3試合に出場しています。

笠谷俊介投手が抜けた夏以降、肘の怪我の調子も良くなり投手転向を試みますが、冬に再度怪我をしてしまい春まで治療するといった、怪我に悩まされる選手でもあったようです。

しかし、3年生になった森下暢仁選手は、怪我をしていた時にトレーニングしていた下半身の筋力アップの成果を出し、夏の大分県大会では投手として出場し、大分商業高校を県大会決勝まで導く活躍を見せています。

森下暢仁(明治大)U18での活躍は?

森下暢仁選手は、高校3年時の夏の選手権大分県大会で全5試合に登板するも決勝で敗れています。

しかし、その夏の「U-18日本代表」に甲子園に出場していないにも関わらず選出されています。

甲子園経験が無い選手は森下暢仁選手だけで、その評価が高いことが良くわかりますね。

そして「U-18ワールドカップ」に出場した森下暢仁選手は、3試合に登板し10回無失点という大活躍をし、チームの準優勝に貢献しました。

森下暢仁選手はこの時すでにドラフト指名確実と言われていましたが、プロ志願届を出さずに進学することになります。

森下暢仁、明治大学での実績は?

森下暢仁選手は大分商業高校卒業後、プロには入らず「明治大学」に進学します。

そして、明治大学に入ってすぐの「春リーグ」から投手として登板しています。

高校生の時から怪我に悩まされてきた森下暢仁選手ですが、1年生の6月にまた肘の怪我をしてしまいます。しか

し、怪我から復帰すると、2年生からチームのエースとして先発を任されるようになります。

森下暢仁選手は2年生の頃から国際大会に日本代表として選ばれるようになり、大学野球の中でもトップレベルの選手として注目されるようになります。

3年生の時には自己最速の154㎞/hを出し、身体も一回り大きくなり、4年生では投手として選ばれるのは珍しいチームの「キャプテン」を任されています。

4年生時のリーグ戦では8試合を投げ、4勝1敗で防御率も2.03の活躍を見せ明治大学を優勝に導きました。

2019年の「全日本選手権」では、2試合18イニングを投げ失点1と抜群の制球力を見せて、明治大学38年振りの優勝に大きく貢献し、大会MVPにも選ばれました。

森下暢仁選手の投球シーンを見たければこちらをご覧ください。

森下暢仁の大学での成績

  • リーグ戦成績:35試合 13勝9敗 防御率2.78
  • 2019年春リーグ:8試合 4勝1敗 防御率2.03
  • 2019年全日本選手権:2試合 2勝 防御率0.50
  • 日本代表での成績:10試合 4勝1敗 防御率1.98

森下暢仁(明治大)の身長体重は?

森下暢仁選手は身長180㎝、体重73㎏です。

プロ野球選手になったとしても体格は申し分なく、これから更に大きくなる事を考えると、球速も更に伸びて行く

ことでしょう。

森下暢仁(明治大)ドラフト評価、進路は?

高校、大学と素晴らしい活躍をしてきた森下暢仁選手は、即戦力として各球団が注目していることは間違いありません。

ストレートも154㎞を投げ、スライダー、フォークボール、カットボールなど球種も多く、何より大きく曲がるカーブは直ぐにでもプロで通用するでしょう。

プロ野球12球団全てのチームからドラフト1位に指名されてもおかしくない実力の持ち主ですので、その進路も注目されています。

地元、大分のファンからは福岡のソフトバンクに来てくれたら嬉しいとの声も多く上がっていますが、明治大学を卒業している”大物投手”の過去の進路を見ると星野仙一、川上憲伸、柳裕也、高橋三千丈の名前があげられますが、全員「中日ドラゴンズ」に入団しています。

しかも全員が森下暢仁選手と同じ右投げの投手です。

しかし、中日のドラフト1位指名には星稜高校の奥川恭伸選手の名前があがっており、森下暢仁選手を指名する球団として東京ヤクルト、広島カープ、西武ライオンズなどが濃厚と言われています。

サプライズが無い限り、この3球団でのクジで決まる?

森下暢仁選手の進路がどうなるのか、本当に楽しみですね。

森下暢仁(明治大)のプロフィール


名前:森下暢仁

生年月日:1997年8月25日

出身地:大分

身長:180cm

体重:73kg

投球・打席:右・右

まとめ

  • 森下暢仁は大分県の大分市出身で、明治北小学校の3年生の時に明治野球クラブで野球を始める
  • 森下暢仁は小学校卒業後、大分県私立大東中学校に進学、野手として出場した九州大会で優勝、全国大会に出場している
  • 大分県私立大東中学校を卒業後、大分商業高校に進学。怪我の影響で野手転向も経験
  • 森下暢仁が高校1年生の時に甲子園のベンチ入りしているが試合には出れず、その後甲子園出場まで勝ち進む事が無かったため、甲子園でプレーしたことはない
  • 大分商業高校卒業後、明治大学に進学。肘の怪我等もあったが、2年生からはチームのエースとして活躍。
  • 2019年の全日本選手権では、2試合18イニングを投げ失点1。明治大学38年振りの優勝に大きく貢献し、大会MVPにも選出