人気急上昇中のロックバンド・Novelbright。

奇跡の高音ボイスで今、話題沸騰中の男性5人組ロックバンドが、Novelbrightです。

Novelbrightメンバーの中には、口笛の世界チャンピオンがいます。

路上ライブで人気を博したNovelbrightメンバー、2020年絶対有名になるのでメンバーのプロフィールやおすすめの楽曲は、チェックしておいて損はないです。





Novelbrightの読み方は?


その高い歌唱力から人気が急上昇中の男性5人組のロックバンド「Novelbright」です。

路上ライブで活動を続ける彼らですが、「声がすごい」「めっちゃハマッた」などの絶賛の声が上がっています。

「Novelbright」は「ノーベルブライト」と読み、「ノベブラ」「ノーブラ」などと略して呼ばれることがあります。

ボーカルの「竹中雄大」さんギターの「山田海斗」さん「沖聡次郎」さんベースの「圭吾」さんドラムの「ねぎ」さんから成るロックバンドグループです。

Novelbrightの名前の由来は?

Novel」は「新しい」、「bright」は「明るい」という意味ですね。

この「Novelbright」というグループ名は、「新たな輝き、新しい光になれたらいい」という思いから名づけたといいます。




Novelbright結成エピソードは?


Novelbrightは2013年、大阪で結成されました。

当時、高校生だったボーカルの竹中雄大さんを含むメンバーで「ONE OK ROCK」のコピーからスタートしたといいます。

このときのメンバーで残っているのは竹中雄大さんだけですが、2017年には、ギターの山田海斗さん、沖聡次郎さん、ドラムのねぎさんが加入します。

2017年に開催された「RO JACK for IN JAPAN FESTIVAL 2017」では優勝こそ逃したものの入賞を果たされています。

2018年10月には、初となるミニアルバム「SKYWALK」をリリースします。

そして、2019年1月にはベースの圭吾さんが加入し、今のNovelbrightが完成します。

2019年9月4日には、2枚目のアルバム「EN.」が発売され、全国ツアーもスタートさせました。

チケットは販売と同時に完売という人気ぶりです。

人気を爆発させたきっかけは、SNSによる動画拡散です。

2019年7月に開催した「崖っぷちどチクショー路上ライブTOUR」と題した全国5都市のライブツアー中にファンによって投稿された動画が「歌上手すぎ」と瞬く間に拡散されました。

そしてその歌声と音楽がネット上に広がっていきました。

SNS活用という令和ならではのサクセスストーリーを手にしたバンドです。

このことについてNovelbrightメンバーの竹中雄大さんは、

「最初の数か月間はお客さんも数える程しかいなかったんですけど、TikTokやTwitterに色んな人が動画をあげてくださって、それが拡散したおかげで、本当にこの2~3か月で人生が変わったなって。僕たちを知ってくれる人が短期間ですごく増えたっていうことを最近になって少しずつ実感しますし、まだまだ未熟なバンドですけど、より頑張ろうって気持ちになりました。」

とコメントしています。

Novelbrightメンバーのねぎは、

「僕らも個人でSNSはやっていて動画をあげてはいたんですけど、今回感じたのは僕らの力だけじゃない、人の力。人が人を呼ぶじゃないですけど、クチコミの力って凄いなって感じましたね。」

とコメントを寄せています。

Novelbrightは路上ライブをしていた?

 


大阪、東京をメインに路上ライブを行っているという「Novelbright」。

2019年7月から8月にかけて、路上ライブツアーを開催しました。

この二か月間、路上ライブで得たお金とCD・ライブチケットの売り上げだけで生活するという企画を行いました。

ミニアルバム発売を記念しての5大都市ツアーの期間中や、ワンマンライブの前後でも路上ライブを開催したりしています。

急遽路上ライブが行われる場合は、「Novelbright」の公式ツイッターで告知されることもあったようです。

とある路上ライブを見ていた人がTwitterに動画を投稿したところ、バズり一躍有名なロックバンドとなりました。

そのライブでは次にライブハウスで行われるチケットを手売りしてたほどでした。

ただし、人気が出すぎたせいか、2019年の9月30日をもって路上ライブを卒業されたといいます。

何とも残念ですが、今後はライブ会場でしっかりと彼らのパフォーマンスを楽しみたいと思います。

Novelbrightの人気曲は?

Novelbrightの人気曲には次のような楽曲があります。

Walking with you


まずは「Walking with you」です。

YOUTUBEでは100万回以上再生されていまして、Novelbrightのライブの定番曲です。

YouTube動画では100万回以上も再生されており、ライブでも大変盛り上がる一曲です。

Count on me


間奏に口笛が印象的に使われている楽曲です。

拝啓、親愛なる君へ


最新のミニアルバムにも収録されている、ライブでも大盛り上がりになる楽曲です。

そして「拝啓 親愛なる君へ」です。最新ミニアルバムのリードトラックでもあり、ライブでみんなで盛り上がれることまちがいなしの曲です。

Novelbrightメンバーの年齢は?

ボーカルの竹中雄大さんの生年月日は1995年11月10日ですので、現在24歳です。

最年長のメンバーはギターの山田海斗さんで、1993年8月9日生まれの現在26歳です。

他のメンバーはその間ということですので、まだまだ若いバンドといえますね。

Novelbrightメンバーの身長は?

ボーカルの竹中雄大さんの身長は193cmの高身長です。

自身のツイッターには「僕は身長193cmもあるからベッドから足がはみ出ちゃうんです」という書き込みがありましたが、これはおふざけで、実際はそんなに高身長ではないのではとのうわさもあります。




Novelbrightメンバープロフィール

それでは、今年人気することが分かり切っているNovelbrightのメンバープロフィールをご紹介します。

竹中雄大プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

名古屋CLUB QUATTROワンマンライブ 当たり前のように大好きな歌が歌えて、そしてその歌を求めて足を運んでくれる人がいることの素晴らしさに感動した幸せな夜でした。 間違いなく今までの名古屋の中で1番楽しかった。 最高の景色をありがとう。 あと沢山心配かけてごめん!! 見ての通り超元気です!!笑 ・ あと昨晩解禁しましたが、4月3日に名古屋で初めてのアコースティックワンマンライブを開催します! 会場がブルーノートということもありチケット代がいつもより少々高めですが、その分しっかり満足していただける最高のステージをお届けします。 チケット今日から抽選先行始まってるので是非! ・ そしてこの後は東京ガールズコレクション静岡でアコースティックライブ! ツインメッセ静岡で最高のパフォーマンスかましてきます! ・ Photo : @rei01015 #novelbright #livephoto #名古屋 #名古屋クラブクアトロ #quattro #tgc #tgc静岡

竹中雄大 Novelbright 🥒(@yudai_vo)がシェアした投稿 –


名前:竹中 雄大(たけなか ゆうだい)

生年月日:1995年11月10日

年齢:24歳

出身地:兵庫県姫路市

血液型:(非公開)

学歴:兵庫県立富岡総合高校(推定)

身長:193cm

体重:(非公開)

担当:ボーカル

Novelbrightの最大の魅力である「声」の部分を担当する竹中雄大さんです。

聞く人をその世界に引き込む歌唱力の持ち主です。

また、特技は「口笛」とのこと。

なんと、口笛の世界大会で優勝するほどの実力の持ち主。

2013年4月にアメリカで開催された口笛の世界大会・ティーン男子の部で優勝されています。

ルックスもばっちりですので、今後女性ファンが急増することが予想されます。

ちなみに、好きな食べ物はきゅうり。特に一本漬けが好物なのだとか。

子どものころか大好きで、世界で一番好きな食べ物とのこと。

自分で自分のことをきゅうりくんというほどで、1日5本はいけると言っておられます。

また、自身の好きなアーティストとして、ゆずとアメリカのロックバンド・Paramoreを挙げておられます。

ゆずについては、中学生のころ、おっかけをしていたほど好きだそうです。

当時、ゆずの主な活動場所は横浜でした。

竹中雄大さんは、ゆずのおっかけをするために姫路から横浜まで通っていたそうです。

アコースティックギターをはじめたのも、ゆずの影響だそうで、今の楽曲づくりもゆずの影響は大いに受けているとのことです。

「もし、ゆずに会えたら失神してしまうかも」と言うほどの自他ともに認めるゆずファンだそうです。
ゆずのファンクラブに入るほどのファンです。

ゆずも、同じく路上ライブから火がついたという経歴の持ち主ですので、どこか自分たちと共通点を感じておられるのかもしれません。

また、シンガーソングライターの阿部真央さんも好きなアーティストの一人として挙げておられます。

ツイッターには、竹中雄大さんが阿部真央さんのワンマンライブを見に行ったときの記事と写真がアップされています。

いずれ自分たちのライブに阿部真央さんに出演してもらうのが夢だとのことです。

性格としては、独りぼっちが大嫌いな寂しがり屋ということです。

バンドで活動できる良さは、仲間とうれしさを共有できることだと語っておられ、メンバーと活動できることは、

生きていることを実感できるとまで言っておられます。

口笛が得意であることはすでにご紹介しましたが、もはや竹中雄大さんにとっては、口笛も大事な楽器の一つであるようで、ライブでもその腕前を披露されています。

また、かつて鳥に向かって口笛で呼びかけてみたところ、鳥がそれに答え、また口笛で呼びかけると、さらに鳥がそれに答えてくれたといいます。

なんだか、おとぎ話の世界のお話のようですが、実際に、竹中雄大さんの口笛を聞くと、そんなこともあるかもしれないと思えるほどの音色です。

合わせて読みたい記事

山田海斗のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

盛岡ありがとぅ!! photo by @rei01015

山田 海斗(@kaito_yamada_nb)がシェアした投稿 –


名前:山田 海斗(やまだ かいと)

生年月日:1993年8月9日

年齢:26歳

出身地:大阪府大阪市

血液型:(非公開)

学歴:(非公開)

身長:(非公開)

体重:(非公開)

担当:ギター

ギターを担当するのは山田海斗さんです。

曲の原型を作っているのは彼であるといわれています。

また、ファッションのセンスも抜群で、彼の服だけのインスタグラムのアカウントが存在するほどです。

沖聡次郎のプロフィール


名前:沖 聡次郎(おき そうじろう)

生年月日:1995年3月15日

年齢:24歳

出身地:大阪府大阪市

血液型:(非公開)

学歴:(非公開)

身長:(非公開)

体重:(非公開)

担当:ギター

もう一人のギター担当は沖聡次郎さんです。

山田海斗さんとともに、曲の原型を作っています

また、音楽の他に、ゲームとアニメが大好きということで、ご本人も「音楽とゲームとアニメに人生の大半を使っています」と語るほどです。

メンバーからは、聡ちゃんと呼ばれて親しまれています。

小さいころから体が小さいということで、小学生のころは、からかわれたりいじめにあっていたということもあったそうです。

そんな沖聡次郎さんは、自分の世界に入るためにイヤホンで自分の好きな音楽に没頭するという少年だったとのこと。

ギターを始めたのは、沖聡次郎さんが高校生のときのことでした。

その後は、専門学校に通いながらバンド活動を続けてこられました。

好きなアーティストとして挙げておられるのは、アメリカのギタリスト、スティーヴ。ヴァイ。

彼の音楽に対する新しい可能性や未開発な部分の音楽性に憧れているそうです。

また、ポケモンが大好きというかわいい一面もお持ちです。

ツイッターにも、しばしばポケモンの話題に触れられています。

ツイッターといえば、沖聡次郎さんは、ファンへのメッセージがとてもやさしいとして有名です。

「大好きだよ」や「待っててね」など、思わず女子ファンがキュンとなるようなコメントをさらっとツイートされ

ています。

ファンからのコメントには必ず、いいねをするそうで、ファンのことを本当に大切にされているというのがよくわかります。

圭吾のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

目つきが悪い人

圭吾(@keigoxnovelbright)がシェアした投稿 –


名前:圭吾(けいご)

生年月日:1996年1月4日

年齢:24歳

出身地:岐阜県

血液型:(非公開)

学歴:(非公開)

身長:(非公開)

体重:(非公開)

担当:ベース

ベースを担当するのは圭吾さんです。

もともとドラムをされていたそうですが、ボーカルの竹中雄大さんにベース担当として抜擢されました。

また、「クロノイズム」というアパレルブランドの代表という顔もお持ちです。

デザインやモデルまでこなすという多彩さも持っておられます。

ノーベルブライトには2019年1月に加入されています。

もともとはドラマ―だった圭吾さんですが、竹中雄大さんには、ベースとして加入しないかと誘いを受けました。

すでにノーベルブライトのファンだったという圭吾さんは、その誘いを受け、ベーシストとして活動することとなりました。

自分で自分のことをイケメンと言ってみたり、ファンの女性のことを俺の女と言ってみたりするおちゃめなところもありますが、ベースの腕は一流で、ファンを虜にしています。

ねぎのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

1/5(日)@梅田CLUB QUATTRO SOLD OUT 満員御礼 バンド始めてからずっと、いつか立ちたいと思っていたステージ。何度、このステージで演奏している自分を想像したことか。 想像を超える、素晴らしい景色でした。あの笑顔、歓声、忘れられない…。だから辞められない。いつも本当にありがとう。 更なる大きなステージへ、早く立ちたいと強く思いました。もっとハイスピードで頑張んぞ〜。 また必ず会いましょう。 P.S. 誕生日にライブするというのは初めてで… 1/4が圭吾くんの、1/5が僕の誕生日で、皆さんにお祝いして頂いたのが本当に嬉しくて震えました。 一生忘れない誕生日。本当にありがとう忘れません。 Photo by @rei01015

ねぎ Novelbright(@nb__nd)がシェアした投稿 –


名前:ねぎ(根岸)

生年月日:1996年1月5日

年齢:24歳

出身地:兵庫県三田市

血液型:(非公開)

学歴:(非公開)

身長:(非公開)

体重:(非公開)

担当:ドラム

ドラムを担当するのはねぎさんです。

本名の「根岸」からそのように呼ばれています。

(下の名前は不明です)

シンバルとドラムスティックのメーカーである「Zildjian」とドラムのメーカーである「NegiDrums」と契約をされており、このドラムを愛用されています。

小さいころから、勉強が得意だったというねぎさん。

中学生のころ、お友達から「ドラムが脱退してしまったので、どうかやってくれないか」と頼まれたことが、音楽との出会いだったそうです。

なんと、頼まれて1カ月後にはライブに出演されていたということですから、驚きです。

それまで、スティックに触ったともなかったということですから、それまで音楽的な才能が眠っていたということなのでしょうか。

それ以降、ドラムにすっかりはまってしまったというねぎさんは、専門学校に入学して、バンド活動も続けていかれます。

路上ライブやアコースティックライブではなく、ドラムではなく、カホンも演奏されます。

ファンの間では、ドラムを演奏するときの姿とカホンを演奏するときのギャップがたまらないとの声もあります。
演奏中のねぎさんの表情が豊かで、たまらなく魅力的というファンが多いそうです。

合わせて読みたい記事

まとめ

  • 「Novelbright」は男性5人組のロックバンドです。
  • メンバーは、ボーカルの「竹中雄大」さん、ギターの「山田海斗」さん、「沖聡次郎」さん、ベースの「圭吾」さん、ドラムの「ねぎ」さん。
  • ボーカルの竹中雄大さんの歌声が最大の魅力となっているバンドです。
  • 竹中雄大さんは、なんと口笛の世界チャンピオンでもあります。
  • 路上ライブで人気を博したNovelbright。2019年9月30日で路上ライブは卒業されたものの、今後はライブ会場でそのパフォーマンスが発揮されます。
    今後、ドラマ主題歌や歌番組などでひっぱりだこになる可能性が極めて大のNovelbright。しっかりとチェックして応援していくようにしましょう。