人気モデルの野崎萌香さん。

最近巨人の菅野智之選手と結婚秒読みか?と噂されています。

巨人のエースとの交際で玉の輿の乗るのでは?と世間でいう人もいますが、野崎萌香さんはとんでもなくお嬢様なので玉の輿に乗るという表現は間違っています。

野崎萌香さんの実家や父親の職業、そして家族についていろいろと調べてみました。





野崎萌香の父親の職業は?

野崎萌香さんの家族構成は、お父さん、お母さん、一つ年下の弟さんという4人です。

また、野崎家は代々お医者様の家系であるということが、2020年1月29日に放送された「今夜くらべてみました」で明らかにされました。

加えて、野崎萌香さんは過去のインタビューでも、お父さんと弟さんが医師であることを明かされています。

お父さんと弟さんが医師ということで、自分だけ浮いた存在だと言っておられましたが、現在モデルの世界で十分に活躍されていますので、お父さんも認めておられることと思います。

そもそも、野崎萌香さんのような美人のお医者様だと、患者のほうがドキドキしてしまって診察どころではないかもしれませんね。




野崎萌香の両親はどんな人?

まず、医師であるというお父さんについて調べてみました。

残念ながら、開業医なのか勤務医なのか、また、どこで医師として活躍されているのかなどについては明らかにされていませんでした。

ただ、お父さんは野崎萌香さんの教育にはかなり厳しかったようで、領家のお嬢様らしく清く正しく育てられてきたようです。

たとえば、「テレビは一切禁止」「両親にお願いがあるときは、手紙に書く」「好き嫌いは許されない」など、野崎家独自の厳しいルールがあったそうです。

小学生のころ、V6のバラエティ番組「学校へ行こう!」がクラスでとても人気があり、放送の翌日は教室中がその話題でもちきりになるということがあったそうです。

テレビを禁止されていた野崎萌香さんは、話題についていくことができず、クラスでポツンとなってしまっていたそう。

そこで、野崎萌香さんは家族のルールにのっとって、両親に手紙を出したことがあったそうです。

「おねがいがあります。クラスのみんなとしゃべれなくなってしまうので、『学校へ行こう!』だけはみせてください。」

と書いた手紙を提出したそうです。

思わず「かわいい!」と言ってしまいそうなエピソードですね。

そのおかけで、「学校へ行こう!」だけは見てもよいということになったそうです。

野崎萌香さんも、このルールに関しては「謎の『お手紙制度』」と言ってはいますが、ちゃんと守っていたということですから、やはり真面目な性格なのですね。

また、「好き嫌いも禁止」ということで、ミニトマト1個を食べられないだけで食卓に3時間半居残りさせられたこともあったそうてす。

「逆にミニトマトが一生嫌いになってしまうのでは?」と心配になってしまいますが、野崎萌香さんは、「そのおかげで好き嫌いもなくなったので、両親には感謝です」と語っていらっしゃいます。

一方で、お父さんは「自分の好きなことはどんどんやりなさい」という考えの持ち主でもあったそうです。

野崎萌香さんは小学3年生のころからバレエを習われていたそうで、宝塚歌劇団の女優さんになりたいという夢もあったそうです。

そんな野崎萌香さんに対してご両親は、「好きなことをやりなさい」と応援してくれたそうです。

中学や高校時代には好きなだけ舞台を見に行かせてくれたとのこと。

テレビは一切禁止だった一方で、本や映画、アートなどは好きなだけ見せてみらったということです。

モデルという道を選んだ時も、ご両親は応援をしてくれたということですから、「ただ厳しいだけ」ということではなく、娘に本物を見せて、本当にやりたいことをやらせてあげたいという思いが強いご両親であるといえそうですね。

やろうと思ってもなかなかできない教育方法だと思います。

娘への深い愛情を感じますね。

では、お母さんはどんな方なのでしょうか。

実はお母さんは、学生時代にミス・コニカに選ばれたほどの美貌の持ち主なんです。

ミス・コニカに選ばれてからは海外レポーターとしても活躍されたとのこと。

22歳のときに野崎萌香さんを妊娠されてからは専業主婦として家庭を支えていらっしゃいます。

お母さんについて、野崎萌香さんは、

柔らかに見えて母の教育は厳しくて。テレビも禁止、おもちゃも買ってくれなった。でも本はいくら読んでいいと言われたので、今も一日3冊読むのが習慣に。20代でそう判断ができた母がすごいと尊敬しています。

と語っていらっしゃいます。

お二人はとてもよく似ていて、今でも横に並ぶと姉妹に間違われることもあるとのこと。

お母さんの美しさのポテンシャルがとても高いことがわかりますね。

女性誌の『CLASSY』に親娘で登場されたこともありましたが、そのときもお母さんのお綺麗さが話題になりました。

美容に関しても、野崎萌香さんはお母さんを見習っていらっしゃるとか。

例えば、お母さんからは「リップは丁寧に塗りなさい」と教わったとのこと。

これは、「雑な仕草は性格も雑に見せる」という意味が含まれているそうです。

また、「食べ物の好き嫌いはダメ」というのは、それが「人の好き嫌いにつながるから」だそうです。

さらに、モデルの仕事は「スタッフの皆さんの努力を表現する仕上げの役割。責任を持ちなさい」とも言われているとのこと。

野崎萌香さんは、その言葉の一つ一つを胸にお仕事されているそうです。

野崎萌香さんはお母さんに対して、

「いつもはっとする一言で道にを開いてくれる母に感謝です」

と語られています。

やはり、外見の美しさは内面からにじみ出てくるようですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

野崎萌香 Moeka Nozaki(@moeka_nozaki)がシェアした投稿 –

野崎萌香さんは単に美人ということではなく、本当の美しさが大切であるということをお母さんから学ばれているようです。

このように見てくると、野崎萌香さんのご両親はともに厳しいところがあるものの、娘である野崎萌香さんをとても大きな愛情をもって育ててこられたことがわかりますね。

また、娘の意志を尊重し、自分が本当にしたいことを全力で応援されているということがとてもよくわかります。

とても素敵なご両親だと思います。

野崎萌香の兄弟は?

野崎萌香さんには、1つ年下の弟さんがいらっしゃいます。

お父さんと同様、医師をされています。

弟さんも、お姉さんに負けずなかなかのイケメンなのだそうです。

野崎萌香さんもハーフと間違われるほど整った顔立ちをされていますので、弟さんもさぞイケメンなのだろうと思います。

少し古い写真ではありますが、弟さんが野崎萌香さんのブログに登場されたものがありました。

記事の真ん中あたりに、「弟と」という写真が掲載されています。

2012年9月にご家族でシンガポール旅行に行かれたときのものです。

ちょっとピンボケしてはいますが、美人のお姉さんと好青年の弟さんという感じがわかる一枚ですね。

弟さんについていろいろと調べてみましたが、医師であるということ以外はあまり多くのことは公開されていませんでした。

父子で医師ということですから、もしお父さんが開業医であればそれを継ぐというようなこともあるのでしょうか。

いずれにしても、野崎家が名家であることは間違いないですね。

現在、野崎萌香さんが30歳ですから、弟さんは29歳ということになります。

医師でイケメンということですから、きっとモテモテなんでしょうね。

合わせて読みたい記事

まとめ

  • 野崎萌香の実家は代々医師という名家。
  • 野崎萌香の父親の職業も医師。
  • 野崎萌香の母親は元ミスコンという美貌の持ち主。今も、野崎萌香と姉妹なのではと間違われるほど。
  • 「テレビ禁止」「好き嫌い禁止」「親にお願いがあるときは手紙で」など、小さい頃は厳しく育てられたとのことだが、逆に本当にやりたいことは全力で応援してくれたとのこと。
  • 野崎萌香には1つ年下の兄弟がいて、その弟も父親と同じく医師。