夏が近づいてくると24時間テレビの話題が多くなってきますね。

2019年のメインパーソナリティは、6年ぶりに6年ぶりに嵐が務めることになり、観覧倍率は高くなりそうです。

浅田真央さんが初めてチャリティーパーソナリティを務めることもあって観覧したい人が増えそうです。

24時間テレビの観覧はかなり倍率が高いとのウワサもありますが、実際はどうなんでしょうか?

観覧応募して当選発表の方法から重複応募、当日の本人確認についてもご紹介します。





24時間テレビのメインパーソナリティは嵐!世間の反応は?

今年6年ぶりにメインパーソナリティを務めることが発表された嵐の皆さんは、今回で5回目のメインパーソナリティで史上最多となるそうです。

嵐の皆さんはそれぞれたくさんの場で活躍されていて安定感もありますし、5人が全員仲良さげな雰囲気は見ていて和やかな気持ちになるので、筆者個人的には嵐が24時間テレビのメインパーソナリティを務めるのはとても嬉しいですが、世間の反応はどうなっているのでしょうか?

ツイッターで確認してみると、やはり

「今年の24時間テレビのメインパーソナリティが嵐!嬉しすぎる!絶対観る!」

「メインパーソナリティおめでとう!休み希望出して絶対観るからね!」

などと喜びの声が溢れていました。

また今年のチャリティーTシャツは、嵐のリーダー・大野智さんがデザインされたことでも大変話題になっています。

これはファンの若い層だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんの世代にも好評を得ているようで

「嵐を知っているか怪しそうなおじいちゃんがチャリティーTシャツを『きれいな絵だね』といって買ってたの感動した。本当はこうあるべきなのかもね。」

「地元のイオンにチャリティーTシャツを買いに行ったら、老夫婦が『オシャレすぎて着れないけど大野君が描いたなら買わないとね』と話しててホッコリした」などという目撃情報も見られました。

合わせて読みたい

24時間テレビ観覧募集の倍率がやばすぎると話題に!

たくさんの人から愛されている嵐の皆さんがメインパーソナリティを務めるということで、今年の24時間テレビの観覧募集はかなり激戦になることが予想されます。

今年の24時間テレビは2020年オリンピックの会場工事の関係で両国国技館での開催ですが、両国国技館は武道館と比べると3000人ほど規模が小さいことや、嵐のファンクラブ会員数から考えると、倍率は300~600倍になることも考えられます。当選することは、もはや奇跡と言っても過言ではない倍率ですよね。

24時間テレビ観覧の当落を確認する方法は?

激戦必至の24時間テレビの観覧応募ですが、当落の確認方法はどうなっているのでしょうか?

過去の傾向からみて、日本テレビ宛に応募した場合は8月中旬ごろ、番組放送の2週間前くらいまでに”観覧招待券”が当選者に発送されます。

「観覧招待券の発表をもって、発表と変えさせていただきます」

とのことで、残念ながら落選した場合は連絡なしのようです。

一方、ファンクラブ枠に応募した場合は、ファンクラブに登録しているメールアドレス宛に連絡が入ります。番組放送日の直前に連絡が来たという例もあったようなのでスケジュール調整しやすい方が有利になります。

合わせて読みたい

24時間テレビ観覧に当選したら本人確認に注意!

幸運にも24時間テレビの観覧に当選した場合は、当日受付で身分証の提示が必要になるのでご注意ください。

身分証は基本的に運転免許証・パスポート・写真付きの住民基本台帳カード・学生証などの写真つきのものに限りますが、小学生などで写真つきの身分証がない場合は健康保険証でも大丈夫だそうです。

身分証は同行者も含めて全員分必要で、当日持参するのを忘れたり、応募した際のデータと相違があったりした場合は会場に入ることができません。

毎年「身分証を忘れて入場できなかった」という方が数名おられるようなので、当日は身分証と観覧招待券を必ず持っていくことをお忘れなく!

24時間テレビ観覧に重複応募したらどうなる?

2019年の24時間テレビの観覧に応募する方法は2つ。

  1. 日本テレビ宛にハガキで応募する方法
  2. メインパーソナリティを務める嵐のファンクラブ専用サイトから応募する方法

いずれか1つの方法でしか申し込むことはできません。

ハガキで応募する際ももちろん、1人1通限りというルールがありますので、何通も送ることはできません。

また、観覧応募する際には代表者を合わせて最大4人の名前を記入することができますが、代表者を変えて何通も同じ方が応募することは禁止されています。

つまり、”Aさんが代表者でBさんが同行者のパターン”と”Bさんが代表者でAさんが同行者のパターン”の2パターンで応募するこは重複応募となりルール違反ということになります。

万が一、重複応募をしている不正が明らかとなった場合は、当選していても取り消しになってしまう可能性があるので気をつけましょう。

せっかく何百倍もの倍率の中、当選したのに、取り消しになるなんてもったいなすぎますよね。

24時間テレビ観覧当選の確率を上げるコツはある?

1人1通までというルールがあるため”応募数で勝負”することができない24時間テレビの観覧募集ですが、少しでも当選の可能性を上げるにはどうしたらいいのでしょうか?

まず日程ですが、1日目よりも2日目の方が観覧応募の倍率が圧倒的に高くなるため、1日目を狙うと当選の可能を上げることができます。

その理由として、

1日目に観覧できる時間は番組スタートからドラマ前までで3時間満たずであるのに対して、

2日目は朝から番組終了までとほとんど丸1日観覧できるという差にあるようです。

「パーソナリティがたくさん出る2日目に観覧に行きたい!」という方が多いので、毎年2日目の方が観覧応募が多くなるそうです。

応募方法としては、日テレ枠が1日あたり3000人ほど用意されているのに対して、ファンクラブ枠は1500人ほどといわれています。

日テレ枠は誰でも応募できるので、その分応募数も多くなりそうですが、枠が倍ほど用意されていることから考えると、日テレ枠の方が当選の確率は多少高くなりそうです。

他にも日テレ枠にハガキで応募する場合、ハガキの書き方でアピールする方法があります。

番組観覧だけでなく懸賞の応募などでも使われている方法ですが、

  1. キレイな字で書く
  2. 番組のキャラクターのイラストを書く
  3. SNSをアピールする”などの方法

が有効な方法と言われています。

特にテレビ局はSNSでの広告効果を狙っているので、SNSをアピールする方法は使えるかもしれませんね。

なお、ハガキに記入漏れがあると、せっかくハガキが当選しても無効になってしまうので、当然ですが記入漏れがないように注意することも大切です。

合わせて読みたい

まとめ

  • 嵐が24時間テレビのメインパーソナリティを務めることに、老若男女から喜びの声があがっている
  • 今年の24時間テレビの観覧倍率は300~600倍になる可能性がある
  • 24時間テレビ観覧の当落確認は、応募方法によって異なる
  • 24時間テレビの観覧に当選した場合、当日必ず身分証を持っていくことを忘れない!
  • 24時間テレビの観覧応募は、応募方法や代表者or同行者問わず、1人1回までとなっている
  • 24時間テレビの観覧当選の確率を上げるには1日目を狙って、日テレ枠に応募する