スポンサーリンク





嵐の大野智さんの絵が描かれた24時間テレビのチャリティTシャツのデザインが話題になっていますね。

大野智さんは、絵の才能があるのでしょうか?絵が趣味であることで有名で元SMAPの香取慎吾さんのようになりたいと望んでいるようですよね。

24時間テレビのパーソナリティーが嵐ということもあり、大野智さんがデザインしたTシャツが爆発的に売れているみたいです。

デザインについて大野智さんの絵の才能について世間のみんなはどう考えているのでしょうか。


スポンサーリンク




大野智の絵が描かれた24時間テレビTシャツが人気?

嵐といえば、今年の夏の「24時間テレビ」のメインパーソナリティを務めることが決定しています。

そして、「24時間テレビ」で出演者のみなさんが着る「チャリTシャツ」のデザインを、嵐のリーダー大野智さんが描いたということで話題になっています。

今年の「24時間テレビ」は8月24日、25日に放送されますが、チャリティグッズはすでに販売されています。

チャリティグッズには、Tシャツのほかに

  • フェイスタオル
  • バンダナ
  • チャリティーバンド
  • アクリルキーホールダー
  • チャリティーバッグ
  • クリアフォルダ

があり、大野智さんの描いた絵がTシャツ以外のものにも描かれていて、もはや嵐のオフィシャルグッズのようになっています。

収益金はすべて募金されるということになっていますので、嵐ファンならずともぜひ購入したいと思うのではないでしょうか。

ちなみに、チャリTシャツは1着1,500円となっています。

合わせて読みたい

スポンサーリンク




大野智の絵が描かれた24時間テレビTシャツ画像

大野智さんの絵が描かれた「チャリTシャツ」は販売されたとたん、飛ぶように売れ、いろいろなところで品切れ状態となっているそうです。

デザイン性が高いということで、なんとそのTシャツを額縁に入れて飾る人までいるとのこと。

Tシャツのデザインというよりは絵画のようだという人もいて、大野智さんの画力の高さが伺われます。

緻密なデザインで、細かいところまで丁寧に描かれているととても気に入っている人が多いです。

「24時間テレビ」のTシャツといえば黄色が有名ですが、大野智さんのデザインの色使いが鮮明に見られると白色のものが人気のようです。

スポンサーリンク




大野智の絵が描かれた24時間テレビTシャツのデザインの意味は?

今回の「24時間テレビ」のテーマは、「人と人~ともに新たな時代へ~」。

大野智さんのデザインには、この番組テーマに合わせて、真ん中に固く握りあった手に人生のさまざまなシーンが描かれています。

また、絵の中には嵐のメンバーのイニシャルも描かれています。

グループの活動休止を発表した嵐ですが、やはりメンバーたちの絆は強いままのようですね。

さすが、グループのリーダー大野智さん。

彼らしいデザインといえます。

「人生」をテーマにしているデザインということで、ただただ楽しいシーンばかりではなく、涙を流している人物や叫んでいる人物も描かれています。

そして、デザインの一番上には「蓮」の花が描かれていて、次の新しい時代へのつながりを表現しています。

大野智の絵が描かれた4時間テレビTシャツのみんなの反応は?


デザインの意味や大野智さんの思いを聞いたみなさんは、

大野智くん、やっぱり天才! 思い入れががんがん伝わってくる

メンバーのイニシャルをさりげなく入れているところ、素敵!

チャリTシャツという枠を超えて、普段からでも着たいデザイン

という肯定的な意見が多かったです。

ただ、デザインですので、

大野くんの思いが強すぎて、ちょっと理解できない

という意見もありました。

チャリティーという大テーマがあるものをデザインしているので、いろいろな意見があるのももっともだと思いますが、やはりTシャツの売れ行きを見ると、全体としては好評といえるのではないでしょうか。

大野智は絵の才能がある?

今回、チャリTシャツのデザインに挑戦した大野智さん。

実はこれまでに絵の個展を開いたこともある絵の実力の持ち主です。

小学生のころから絵が得意で、嵐の結成前にジャニーズを辞めようと思っていた時期があるらしく、芸能界を辞めたらイラストレーターになろうと思っていたといいます。

仕事で悩んだりすると精神のバランスを保つために絵を描くということをしていたということで、どんどんと絵を描くことにのめりこんでいったといいます。

2008年には自身初の個展「FREESTYLE」を開催し好評をよんでいます。

そのときの作品の写真集も発売され、嵐のファンはもちろん、絵画ファンにもその名前が知られるようになりました。

大野智の絵に対する評価は?

今回のTシャツ同様、細かいところまで緻密に描くというのが大野智さんの作品の特徴となっています。

作品の完成までには相当な時間を費やしているものと思われます。

細かい部分まで描かれているということで、作品を見るたびに新しい発見があり、それも彼の作品の魅力となっています。

個展では絵画だけではなく、フィギュアなどの立体作品も展示されました。

大野智さんが得意とする、人物をデフォルメした絵をモチーフにしたフィギュアも展示されていました。

2015年には2回目の個展も開かれ、海外でも同じ内容の個展が開かれています。

また、JALの飛行機の機体のデザインを手がけたりもしています。

緻密なデザインがうまいと好評になっており、嵐の活動休止後も彼の芸術活動は続いていくものと思われます。

アイドルが本業である大野智さんが描いた絵ということで、酷評をされる画家の方もいらっしゃいます。

そんな中で、大野智さんの絵を褒めていらっしゃる方もいらっしゃいます。

草間彌生さんです。

草間彌生さんといえば、水玉模様で有名な世界的人気を誇る人気画家です。

そんな彼女から実力を認められているということですから、大野智も相当な絵の腕前といえるのではないでしょうか。

大野智のプロフィール

では、ここで改めて大野智さんのプロフィールを確認しておきましょう。

名前:大野 智(おおの さとし)

生年月日:1980年11月26日

年齢:38歳

出身地:東京都三鷹市

血液型:A型

学歴:東海大望星高校の通信制(中退)

身長:166cm

体重:55kg(推定)

事務所:ジャニーズ事務所

14歳でジャニーズ事務所に入った大野智さん。

1994年11月2日のTOKIOの武道館コンサートがはじめての舞台でした。

アイドル歌手としてだけではなく、テレビドラマ・映画・舞台など役者としても活躍。

バラエティ番組では、その飄々としたキャラクターで人気になったのは日本人なら誰でも知るところです。

2019年の1月27日、嵐の公式ファンサイトで、2020年末をもって嵐の活動を休止すると発表。

大野智さん自身は、嵐の活動休止とともに芸能活動を休止することを発表しています。

嵐が活動を休止するのは残念ですが、大野智さんが今後どんな作品を発表されるのか、とても楽しみなところです。

まとめ

  • 2019年夏の「24時間テレビ」の「チャリTシャツ」は、嵐のリーダー大野智さんがデザインを担当
  • 番組のテーマである「人と人~ともに新たな時代へ~」を表現したデザインになっている
  • Tシャツのデザインには嵐のメンバーイニシャルも描かれていて、嵐の絆を感じさせられる
  • 24時間テレビチャリTシャツが販売されるや否や、いろいろなところで売り切れが続出
  • 大野智は絵の個展を開くほどの実力の持ち主。
  • 大野智の24時間テレビチャリTシャツは緻密で細かいデザインが好評を呼んでいる