スポーツクライミングの世界選手権が東京都八王子市の「エスフォルタアリーナ八王子」で行われ、複合の男子決勝で「楢崎智亜選手」が優勝しました。

楢崎智亜選手は全体7位以内の日本選手最高位に入り、2020年東京オリンピック代表に内定しました。

近年、メディアでも取り上げられることが多くなったスポーツクライミングですが、そのトップでもある楢崎智亜選手は、どのシューズを履いて、どの様なトレーニングをしているのか気になりますね。

今回は、楢崎智亜選手のシューズやトレーニング方法、そしてその経歴についてご紹介します。





楢崎智亜のシューズはどこの?

”スポーツクライミング”の世界選手権で優勝し、東京オリンピック出場を決めた楢崎智亜選手。

スポーツクライミングは2020年東京オリンピックの正式種目となって、一気に注目が集まり、日本人選手が活躍しているスポーツでもある為、これから更に注目されていく事でしょう。

スポーツクライミングには3つの種目があります。

  1. 1つは単純に登る速さを競う「スピード」
    常人には考えられない凄いスピードで壁を駆け上がっていく、とても迫力のある種目です。
  2. 2つ目は登り切った回数を競う「ボルダリング」
    ロープを付けない種類のフリークライミングで、高さ4~5mの壁を4~8のコースで登ります。
    ボルダリングの成績は「いくつのコースを登ることが出来たか」と「登りきるまで何トライを要したか」の順番で決まります。
    つまり、より少ない回数で多くのコースを登ることが出来た選手が上位となります。
  3. 3つ目は高度を競う「リード」
    クライマーが自身に繋がれたロープを支点にかけていくことで、安全を確保しながら登る種類のフリークライミングです。
    リードの成績は「どの高さまで登ることが出来たか」で決まります。

どの種目も見ていて爽快であり、かつ、ハラハラも出来るので人気が出てくるのもわかりますね。

そんな選手達の足を見ると、とても特徴的なシューズを履いていることがわかります。

スポーツクライミングで使うシューズは、石を足で掴みやすいように、足の指が履いた時にシューズの中で曲がるほぴったりしていて、靴底は柔らかくて滑らないようになっています。

そこで、楢崎智亜選手がどんなシューズを履いているのか調べてみると

『アンパラレル・レグルス』

というメーカーのシューズを使用していました。

2018年に日本に上陸したばかりの、新しい”カリフォルニアブランド”のシューズだそうです。

以前は「FIVETEN(ファイブテン)」というシューズを履いていたそうですが、このFIVETENを長年作ってきた”工場”と”職人さん”の技術を使って作られたのが「アンパラレル・レグルス」ということらしいので、同系統のシューズを使用していることになります。

既にクライミングをしている人にも、これからクライミングをはじめたいという人にも、人気が出るかもしれませんね。

楢崎智亜のトレーニング方法が勝利の秘訣?

しなやかな筋肉を持ち『忍者』と呼ばれる楢崎智亜選手。

どの様なトレーニングをしてその肉体を作り上げたのでしょう。

楢崎智亜選手は、スポーツクライミング界のフィジカルモンスターと呼ばれるほどの肉体の持ち主です。

とても過酷なウェイトトレーニングをしていると考えられますが、実は意外とそうではないようです。

筋肉をつけすぎると重たくなってしまうので、”自重”や”重心”のトレーニングを中心に行なっているようです。

そして、あるテレビ番組の取材で楢崎智亜選手はアニマルフローをトレーニングに取り入れていると言っていました。

アニマルフローとは、その名のとおり”動物”の動きを取り入れたトレーニング方法です。

手足を使ってジャンプしたり、身体をよじらせたり、這いつくばったりと”野生動物”のように動くのが特徴的な運動です。

大きな筋肉はもちろんのこと、日常生活で動かさない筋肉や、ウェイトトレーニングでは鍛えることが出来ない筋肉も使うことが出来て”筋力”と”しなやかな身体”を同時に手に入れることが可能になるそうです。

このトレーニングで楢崎智亜選手は柔らかい筋肉を作り出しています。

『忍者』のようなパフォーマンスは、このアニマルフローに秘訣があるようです。

現在、楢崎智亜選手は栃木県宇都宮市にある『クライミングジムFLASH』というジムでトレーニングしています。

お兄さんの影響でクライミングを始め、10歳の頃から、このジムでトレーニングを重ねているそうです。




楢崎智亜の筋肉・肩甲骨がすごい?

楢崎智亜選手は身長170cmで体重は58kg

壁を縦横無尽に飛び回る姿はまさしく「忍者」のようです。

楢崎智亜選手のパフォーマンスを見たファンなどから、筋肉と肩甲骨が凄いと大注目されています。

クライミング競技者は、皆さんとても素晴らしい身体をしていますが、楢崎智亜選手は特にズバ抜けていると言えるでしょう。

注目したいのは肩甲骨が背中から突き出るように出ており「羽」がはえているようだ、と言われていることです。

楢崎智亜の経歴

楢崎明智選手は三人兄弟の次男で、10歳のときにお兄さんの影響でクライミングを始めました

それまで体操競技もやっていたそうなので、そこでのトレーニングがクライミングにも活かされているようです。

その後クライミングにのめり込み、ユースの大会などでも数々の入賞を果たします。

そして、高校卒業後は進学はせずに、スポーツクライミングのプロに転向しました。

また、弟の楢崎明智選手もスポーツクライミングの選手で、日本代表選手にも選ばれています。

兄弟そろって日本クライミング界のトップにいるんですね。

2018年6月の日本国内の大会で、楢崎明智選手が1位、弟の明智選手が2位と兄弟で表彰台に上がっています。

楢崎明智選手は2016年にフランスで行われた世界選手権で、日本人初優勝という快挙で一気に注目を浴びることになります。

その後もめざましい活躍をしている楢崎明智選手は、特に”ボルダリング部門”において強さを発揮しています。

しかし国内大会「第1回コンバインド・ジャパンカップ 」で複合で1位になるなど、3種目での強さも見せるようになっています。

「スピード」がネックではありましたが、近年その「スピード」を集中的に強化をしており、その成果が出た結果と言えます。

これまでの成績をまとめてみました。

『国内大会』

  • 2015年 日本ユース選手権 リード1位
  • 2015年 ユース選手権 ボルダリング競技大会1位
  • 2018年 2019年 コンバインド・ジャパンカップ複合1位

『アジア大会・世界大会』

  • 2012年8月 世界ユース選手権(ユースA)リード4位
  • 2014年8月 世界選手権 ドイツ大会 ボルダリング10位
  • 2015年8月 世界ユース選手権(ジュニア)リード8位 ボルダリング4位
  • 2015年11月 アジア選手権 ボルダリング4位 スピード28位
  • 2015年12月 アジアユース選手権(ジュニア) ボルダリング1位 スピード3位
  • 2016年8月 アジア選手権 ボルダリング2位
  • 2016年9月 世界選手権 フランス大会 ボルダリング1位
  • 2017年7月 ワールドゲームズ2017 ポーランド大会 ボルダリング5位
  • 2017年9月 アジア選手権 リード26位 ボルダリング4位 スピード19位
  • 2018年8月 アジア競技大会 インドネシア大会 スピード10位 複合3位
  • 2018年9月 世界選手権 オーストリア大会
    リード13位 ボルダリング7位 スピード21位 複合5位
  • 2019年8月 世界選手権 日本大会
    リード4位 ボルダリング1位 スピード22位 複合1位
    ※東京オリンピック出場内定




楢崎智亜のプロフィール

名前:楢﨑智亜

生年月日:1996年6月22日

年齢:23歳

出身地:栃木県宇都宮市

血液型:B型

学歴:栃木県立宇都宮北高校

身長:170㎝

体重:60㎏

所属:TEAM-au

まとめ

  • スポーツクライミング世界選手権の東京大会で複合優勝し、全体7位以内の日本選手最高位に入り、2020年東京オリンピック代表に内定。
  • 『アンパラレル・レグルス』というメーカーのシューズを使用。
  • アニマルフローをトレーニングに取り入れている。
  • 栃木県宇都宮市にある『クライミングジムFLASH』というジムでトレーニングしている。
  • 筋肉、肩甲骨が凄いと注目され、背中から「羽」がはえているようだ、と言われている。
  • 三人兄弟の次男で10歳の時に兄の影響でクライミングを始める。
  • 弟の明智選手もプロのスポーツクライミングの選手である。