スポンサーリンク





7日にスタートしたノーサイドゲーム。

1話のあらすじをおさらいしつつ、原作からのネタバレや、ノーサイドゲーム原作からのあらすじから最終回を予想していきます。

最終回では、君嶋の進退は。

そしてチームの行方は。。

ノーサイドゲーム、まだ始まったばかりの試合にどんな結末が待っているのか。

大人のスポーツ青春ドラマ、来週の行方にも目が離せません!

「ノーサイドゲーム」見逃し配信はこちらをクリック!

↓1分で簡単登録できます!!↓


スポンサーリンク




ノーサイド (ドラマ)原作は?

さて、本題の「ノーサイド・ゲーム」は、「半沢直樹」や「下町ロケット」などの代表作品を持つ人気小説家、池井戸潤の小説が原作となっています

池井戸潤のスポーツと仕事を題材としたドラマは他にも「陸王」や「ルーズヴェルトゲーム」などがあり、この「ノーサイドゲーム」も、ラグビー同様のテーマのドラマとなっています。

大泉が演じる、大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任することになってしまいます。

意に染まない異動に落ち込む君嶋ですが、これもサラリーマンの宿命と捉え、やるせない思いで赴任先の工場に赴任。

と、同時にトキワ自動車のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる君嶋。

かつては強豪チームだったアストロズも、現在は成績不振にあえぐ負債として成り下っている様。

ラグビーの知識も経験もない君嶋と、低迷するラグビー部のメンバー。

出世の道を絶たれた男とのチームの再起をかけた男達の戦いが舞台となっています。

スポンサーリンク




ノーサイド (ドラマ)原作小説の結末は?

君嶋(大泉洋)が地方の工場へ左遷され、アストロズのゼネラルマネージャーとして就任する所からスタートした物語ですが、負債を抱えるチームはことごとく排除しようとする方針の滝川(上川隆也)に反対されつつも、社長の後押しがあり、アストロズの予算16億円(全額が赤字)を今年度予算に組み込んでもらう事に成功します。

そこで君嶋は、大学の同級生である柴門(大谷亮平)に監督をオファーします。

紫門との契約は2年。新生として生まれ変わったアストロズは地域密着型を目指し、日々の厳しい稽古に猛進します。

そして、アストロズの1年目は、総合3位に返り咲きました。

アストロズの再建にも奮闘うる君嶋。脇坂(石川禅)から本社へ戻るよう要請されたが、一蹴り。

地方工場への左遷に一時は意気消沈した君嶋の闘志は再燃し、トキワ自動車のカザマ商事買収案件の不正(カザマ商事が関わったタンカー座礁の事故調査の隠蔽)を明らかにするも、その不正の根源も、脇坂によって滝川が失脚する材料に利用されたりと一進一退の攻め際で話しは進んでいきます。

そして、シーズン2年目を迎えたアストロズと君嶋。

その両者と、本当の敵との戦いの幕が開きます。

まず、アストロズには帰国子女の七尾が入社します。七尾は紅白戦から大活躍をみせます。

同じころ、若手の台頭でスタメン落ちの危機を感じたアストロズの二大スターのひとり、里村(佳久 創)はライバルチームのサイクロンズへ移籍する事となります。

そして、君嶋を左遷した元上司・脇坂の登場。

君嶋は、そして脇坂が風間(中村芝翫)を利用し滝川失脚の計画を横行した事実を突き止め明白に。

君嶋の奮闘によって、アストロズは見事優勝を勝ち取ります。

そして真の敵・脇坂が失脚します。

君嶋は晴れて本社へ復帰し、ゼネラルマネージャーは引退した浜畑(廣瀬俊朗)が引き継ぎます。

さらに、日本蹴球協会の理事に就任した君嶋は、引き続き自分を変えてくれたアストロズの為、同じようなチームを抱える企業の為、日々の業務に一意専心していきます。

スポンサーリンク




君嶋(大泉 洋)と滝川(上川 隆也)はライバル関係ではない??

序盤、君嶋との関係は敵同士にも思えるような流れですが、滝川はラグビーに関しては基本的には賛同。

ただ、赤字だという事が気に入らないようです。

作中、アストロズの地域貢献の活動に「なぜ早くやらなかったのか」と君嶋を叱責したりと、あくまでアストロズ自体には想いがあると考えられますね。

本当の敵となるのは脇坂。

滝川に代わって次期社長候補になった脇坂は、経済合理性の考えから赤字のアストロズ廃部を試みます。

アストロズを廃部へ追い込むのは滝川ではなく、脇坂。

しかも君嶋を左遷させたのも脇坂です。

真の敵は、もうおわかりですよね・・!

ドラマ『ノーサイド ゲーム』の最終回結末予想

チームの再建に立ち向かうアストロズのメンバーと、権力闘争に奮起する君嶋。

解決してもすぐに次のピンチがやってくるというのはもはや定番です。

そうする中で、滝川に代わり次期社長候補になった脇坂の不正を暴くための一騎打ち

原作では、チームは優勝、君嶋も晴れて出世街道へと戻っていくわけですが、ドラマ『ノーサイドゲーム』も原作通りであれば君嶋の黒幕への爽快な“倍返し”が見られるはずです!

ドラマ『ノーサイド 』のキャスト

大泉洋(おおいずみ よう)


【君嶋隼人】役。

大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン。

左遷され地方工場の総務部長に赴任。

そこで低迷に苦しむ、トキワ自動車のラグビーチーム“アストロズ”のゼネラルマネージャーの兼務を請け負う事になります。

松たか子(まつ たかこ)

【君嶋 真希】役。

大泉洋演じる、隼人の妻。

最大の理解者と同時に隼人を尻に敷く妻。

上川隆也(かみかわ たかや)


【滝川桂一郎】 役。

トキワ自動車常務取締役で営業本部長。

負債を抱えるアストロズの廃部論者。

しかし広報部長時代はアストロズの副部長でもありました。

尚、ラグビー経験はなし。

中村芝翫(8代目・なかむら・しかん)

【風間有也】役。

カザマ商事の三代目社長。

滝川の左遷のきっかけともなったのが、このカザマ商事。

トキワ自動車の滝川常務が買収を予定していたのがこのカザマ商事でした。

大谷亮平

【柴門琢磨】役。

君嶋の大学時代の同期で元、ラグビー選手。

引退後は監督として名門「城南大学ラグビー部」大学選手権三連覇に導いた実力者。

高橋光臣

【岸和田 徹】役。

愛称は「テツ」。

アストロズのキャプテンで総務部勤務。

天野義久

【本波寛人】役。

長きに渡ってアストロズのバックスで活躍してきた中心選手であり、若手をまとめるリーダー格の存在。

廣瀬俊朗

【浜畑 譲】役。

アストロズの選手(スタンドオフ)で現在35歳。

過去にはか東西大学ラグビー部での活躍経験有り。

アストロズでも随一の人気を誇りますが、浜畑自身、現状に限界も感じてきています。

齊藤祐也

【安西信彦】 役。

林家たま平

【佐々 一】役。

コージ(ブリリアン)

【友部祐規】役。

佳久 創

【里村亮太】役。

西郷輝彦


【島本 博】役。

トキワ自動車の社長であり、アストロズの創設者。

眞栄田郷敦

【七尾圭太】役。

ニュージーランドからの帰国子女で、トキワ自動車本社海外事業部所属。

人当たりが良く礼儀正しい人物ではありますが、失意のまま帰国したワケありの事情も抱えています。

他。

合わせて読みたい記事

ドラマ『ノーサイドゲーム 』のSNSとハッシュタグは?

ドラマノーサイドゲームの公式twitterはこちらです。

ハッシュタグは以下の通りです。

  • #ノーサイドゲーム
  • #ノーサイドゲーム廣瀬
  • #ノーサイドゲーム コージ

ドラマ『ノーサイドゲーム 』の主題歌は?

主題歌を担当するのは、「Lemon」や「パプリカ」などのヒット曲を持つシンガー・ソングライターの米津玄師さんがこのノーサイドゲームの為に書き下ろした新曲となる「馬と鹿」。

7日に放送された第1話の放送内、サプライズでオンエアされました。

挫折を経て再び立ち上がろうとする心境をつづった歌詞は、劇中の主人公やその仲間を再び立ち上がらせようとする盛大な応援歌。

ちなみにオンエアされたのは「ノーサイド・ゲーム」の初回終盤。

低迷するラグビーチームと、そのメンバー達が自分達を奮い立たせ、もう一度立ち上がるシーン。

ドラマの世界観と楽曲の世界観とが融合し、感動的なシーンに華を添えました。

合わせて読みたい記事

ドラマ『ノーサイドゲーム 』の全話あらすじ

大泉が演じる、大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。

出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任することになってしまう。

意に染まない異動だが、これもサラリーマンの宿命と捉え、やるせない思いで赴任先の工場に赴いたところ、トキワ自動車のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーも兼務するよう命じられます。

かつては強豪チームだったアストロズ。いまでは成績不振にあえぐ負債として成り下がっていました。

知識も経験もない君嶋に低迷するラグビー部と出世の道を絶たれた岐路での再起をかけた戦いが始まります。

ドラマ「『ノーサイドゲーム 』1話

トキワ自動車の経営戦略室次長として、エリート街道を進んできた君嶋隼人(大泉洋)。

「ダメなものはダメです」と常務の滝川(上川隆也)に対して意見します。

そんな君嶋の意見がなんとか反映し、買収は見送らますが滝川によって、府中工場に飛ばされます。

気分が乗らない君嶋ですが君嶋を大歓迎する面々。

そして、ラグビー部「アストロズ」のゼネラルマネージャーも兼務することになります。

しかし、負債額14億もの赤字を抱えるアストロズに頭を悩ませる君嶋

アストロズの予算案と監督の選出を任された君嶋は、予算を下げることを提案します。

そんな君嶋に反発する選手達。

そんな中、君嶋は、佐々(林家たま平)が上司の代わりにサービス残業をしていることに気づきます。

ある日、君嶋の息子がラグビーの試合を見てみたいと言い、連れてくると、社長の島本博(西郷輝彦)が練習に顔を出します。

アストロズに強い想いを寄せる島本は、「正直な意見が聞きたい」と君嶋に意見を求めます。

君嶋は、「アストロズに未来は無い、廃部が妥当である」と伝えるのですが。。

買収を諦めていなかった滝川とアストロズを廃部にすれば、本社に戻してもらえると模索する君嶋。

しかし滝川は全くそんなことは眼中になく君嶋は絶望します。

そんな時、家に帰ると息子の博人がイジメられていることが分かります。

妻の真希(松たか子)は息子に叱咤激励、そこでラグビーの精神を教え込みます。

君嶋はそんな妻と息子の姿に感化されます。

役員会で、アストロズを廃部するべきだという意見書を提出するつもりだった君嶋でしたが、プラチナリーグで優勝をし、胸を張って14億円の予算をもらうべきだ!と宣言。

予算0円で提出し、もう一年存続することが許可されたのです。

ドラマ「ノーサイドゲーム」2話

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋(大泉洋)は大きな困難に直面します。

それは新監督人事の件。キャプテンの岸和田(高橋光臣)からも早く監督を決めるよう懇願されますが、ラグビーの経験も知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかわかりません。

そこで、君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練る事にします。

まず、チームを優勝させるには優勝経験を持つ者を監督に、と考えますが、前ゼネラルマネージャーの吉原(村田雄浩)が残していった候補者は実に物足りません。

そんな時、多英(笹本玲奈)が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門(大谷亮平)の名を口にする。

柴門は大学を三連覇に導いた実力者で、さらに君嶋とは大学での知り合いでした。

君嶋は柴門に監督就任を打診するが、すぐに断られてしまいます

そしてその原因にはアストロズ関係者も知らなかった過去の出来事が関係していて。。

監督人事に苦しむ一方で、君嶋は元上司の脇坂(石川禅)から滝川常務(上川隆也)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいる事を聞きます。

この話が成功し、滝川が次期社長になれば君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなく0に近づくという事。

早くも君嶋に最大のピンチが訪れます・・・。

ドラマ「ノーサイド 」3話

coming soon

ドラマ「ノーサイドゲーム」4話

coming soon

ドラマ「ノーサイドゲーム 」5話

coming soon

ドラマ「ノーサイドゲーム 」6話

coming soon

ドラマ「ノーサイドゲーム 」7話

coming soon

ドラマ「ノーサイドゲーム 」8話

coming soon

ドラマ「ノーサイドゲーム 」9話

coming soon

ドラマ「ノーサイドゲーム 」10話

coming soon

ドラマ「ノーサイドゲーム 」最終話

coming soon

「ノーサイドゲーム」見逃し配信はこちらをクリック!

↓1分で簡単登録できます!!↓

まとめ

  • 「ノーサイドゲーム」原作は池井戸潤の書きおろし小説。
  • 「ノーサイドゲーム」1話あらすじは、君嶋とアストロズの再建をかけたプロリーグ。
  • 「ノーサイドゲーム」最終回は君嶋が魅せる“倍返し”に期待!!