2019年のドラフト注目選手である河野竜生選手です。

河野竜生選手は、鳴門高校時代に甲子園に出場しています。

そして社会人チームJFE西日本に入社してから抜群の成績を残し、社会人選抜にも選ばれ、2018年の台湾ウインターリーグでの活躍で、一気にドラフト候補に名乗りを上げました。

抜群の制球力を見せ、バタバタと三振を取る河野竜生選手。プロに注目されるまでの経歴や成績、そして今後の進路についてまで、徹底分析してみます。





河野竜生の経歴戦績は?

 

小学校から野球を始め、中学では軟式野球部に所属、そして高校生になるとその実力が開花し甲子園にも出場している河野竜生選手。

そして社会人野球へと進むとプロにも注目される選手に成長します。

そんな河野竜生選手の経歴を以下で細かく調べて行きます。

河野竜生の出身中学は?

河野竜生選手は徳島県鳴門市の出身です。

鳴門市立林崎小学校の時に林崎スポーツ少年団で野球を始めました。

そして、鳴門市第二中学校に進学して、軟式野球部に入部します。

河野竜生の出身高校は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

鳴門 河野竜生くん 甲子園練習にて撮影 #鳴門 #河野竜生

龍平/Ryuheiさん(@ryuheian)がシェアした投稿 –

中学時代の軟式野球での活躍が大きく評価された河野竜生選手は、徳島県で野球の強豪校である「鳴門高校」に進学します。

鳴門高校に入学後直ぐにその実力を認められ、1年生の夏の大会にはチームのエースとして地区予選から登板、そし

て地区予選で優勝し甲子園に出場します。その甲子園では初戦で打ち込まれて1回戦で敗退しています。

2年生になるとエース番号である1番を付け、夏の大会で2年連続地区大会に優勝し2年連続で甲子園夏の大会に出場

します。

しかし2年目も初戦で打ち込まれ1回戦で敗退してしまいます。

3年生になった時にはその名は全国区に知れ渡るほどの実力をつけ、県内では名実ともにナンバー1に鳴門高校を成

長させます。

そして夏の大会ではチームを3年連続地区大会優勝に導き、3度目の夏の甲子園に出場します。

初戦で先発した河野竜生選手は、2失点完投の活躍を見せ、甲子園初勝利をあげます。

夏の大会3年連続甲子園で登板するのは史上5人目の快挙だそうです。

その後も好投を見せ、ベスト8まで勝ち進みます。

甲子園で実力を十分に発揮し、プロのスカウト達からも注目される存在になりますが、河野竜生選手はプロ志願を

出さずに、社会人野球へと進みます。

河野竜生のJFE西日本での実績は?

プロ志望届を出さないで、社会人野球へ進むこと選んだ河野竜生選手は「JFE西日本」に入社します。

社会人1年目から公式戦で登板する機会を与えられ、7月には都市対抗野球にも出場。

2年目も都市対抗野球で先発とリリーフ2試合に登板し2勝しています。

その後の日本選手権では3試合に先発登板し、3試合連続完投の活躍を見せ「敢闘賞」を受賞、防御率も0.33と素晴

らしい好投をみせました。

 

その活躍が認められた河野竜生選手は、社会人選抜に選ばれ台湾ウインターリーグに出場し、そこでも好投を見せ

ています。

2018年、河野竜生選手の台湾ウインターリーグでの投球ですが素晴らしいです。

2019年9月に行われたプロアマ交流戦で、阪神2軍との対戦で先発登板し、3安打4奪三振で4回を無失点で抑える好投を見せました。

夏から肘の不調に悩まされていましたが、1ヶ月半ぶりの実戦で実力をアピール。

プロ11球団のスカウトがネット裏

から見守っていた事もあり、プロでも通用することを証明して見せることが出来ました。

2017年、2018年とその実力を十分に発揮してきた河野竜生選手。

防御率0.93と抜群の成績を残し、2019年も好投を続ける河野竜生選手は、プロからの評価もグングン上がり、ドラ

フト指名候補として注目される選手になりました。

河野竜生選手のJFE西日本での主な成績

  • 都市対抗・全日本選手権:7試合 4勝0敗 防御率1.17
  • 2018年 台湾ウインターリーグ:5試合 1勝0敗 防御率2.91

河野竜生の身長体重は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

今年のドラフトは河野竜生くんでお願いします 苑田さん頼みます⚾️ #ドラフト #広島東洋カープ #JFE西日本 #河野竜生

かずっち🐻🌼さん(@kazz_cchi)がシェアした投稿 –

河野竜生選手の身長は174㎝、体重は81㎏です。

プロとしては決して大柄ではありませんが、下半身がしっかりしていて、空振り三振やフライでアウトが取れる伸

びのあるストレートを投げる選手です。

そして、内角をえぐるように投げ込む事が出来る、強い精神力を持った選手でもあるようです。

河野竜生(鳴門・JFE西日本)ドラフト評価、進路は?

高校生の時には3年連続で甲子園に出場し、社会人に進んだ後も抜群の制球力を見せドラフト1位候補に名乗りを上げた河野竜生選手。

ゆったりとしたフォームで投げるのが特徴で、ソフトバンクホークスの和田毅投手や中日ドラゴンズの大野雄大投

手の投球スタイルに似ているなどと言われています。

河野竜生選手の投球フォームは、最速151㎞/hの浮き上がるようなストレートを投げ、切れのあるスライダー、カーブ、チェンジアップも投げています。

どの球種を投げる時も腕の振りが同じで、打者としてはかなり打ちにくく三振が取れる選手のようです。

最速151㎞/hでも十分に速い球ではありますが、豪速球投手が増えている近年ではトップレベルの球速とは言えないかもしれません。

しかし、左右の打者に関係なく内角を攻める事が出来る制球力とキャッチャーの構えたところにズバッと投げることが出来るコントロールがある技術派の選手のように見えます。

そして、河野竜生選手は社会人3年目で、大卒選手より1歳若いという有利な点もあります。

プロ入りしてからの伸びしろも十分にあるということです。

ドラフト1位で指名する可能性がある球団としては、楽天、広島、巨人、阪神、上位指名すると予想されている球団

としては、オリックス、ロッテ、中日などがあげられています。

各球団のスカウト評価はこんな感じです。

  • 楽天:1位指名されて消えるだろう。
  • 広島:21歳と若いのにベテランの雰囲気がある。ドラフト12人の1人に入っている。
  • 巨人:担当者はAランク評価をしている。左腕は凄く必要なので即戦力に近い評価。
  • 阪神:河野竜生、立野和明共に1位指名されるだろう。
  • オリックス:本調子では無かったみたいだが、投球はうまい。能力は高い。
  • ロッテ:もちろん上位候補。ドラフト候補に左腕が少ないので、評価は高い。
  • 中日:四球で崩れることが絶対にない投手

特に広島カープからの評価が高いようで、1位指名してくるのではないでしょうか。

対抗としては、楽天、阪神あたりでしょうか。ドラフト1位での入団は間違いないと思います。

河野竜生(鳴門・JFE西日本)のプロフィール

名前:河野竜生

生年月日:1998年5月30日

出身地:徳島県鳴門市

身長:174cm

体重:81kg

投球・打席:左・左

合わせて読みたい記事

まとめ

  • 河野竜生選手は、徳島県鳴門市出身。鳴門市立林崎小学校の時に林崎スポーツ少年団で野球を始める
  • 河野竜生選手は、夏の大会3年連続甲子園で登板する史上5人目の快挙を達成。
  • プロ志望届を出さないで社会人野球を選択し「JFE西日本」に入社。
  • 社会人選抜に選ばれ台湾ウインターリーグに出場し好投を見せる
  • 楽天、広島、巨人、阪神などがドラフト1位で指名する可能性があると予想。
  • 最有力は広島ではないかと予想