紅白歌合戦へ出場されるアーティストさんが発表され、DAOKOさんのTV出演が増えてきています。しかし、そんなDAOKOさん、ネットの一部では「DAOKOは歌が下手」という意見もあるようです。

Mステやスッキリに出演した際に「歌が下手」と言われてしまったようでMステ、スッキリの動画を探されている方もいるみたいですね。





DAOKOは歌が下手?

 

View this post on Instagram

 

photo by @shinkai_baba

DAOKOさん(@daoko_official)がシェアした投稿 –

DAOKOさんといえば、米津玄師さんとのコラボ曲”打上花火”が大ヒットし、一躍有名人です。

独特なウィスパーボイスがとても魅力的だと思っていたのですが、Mステやスッキリに出演した際に「歌が下手」と言われたしまったDAOKOさんが本当に歌が本当に下手なのか?について検証し、まとめてみました。

果たして汚名返上になるか、なってほしい限りです。

物議を醸すスッキリ動画ってなに?

さらにDAOKOさんがスッキリに出演した日の、スッキリの公式ツイッターでは「本番前は初めてのテレビ生出演&生歌披露に緊張していたDAOKOさん…。

確かに、マイクを持つ手が震えていました。

歌い終わって、ホッとしたのかこの表情です。」とあります。

手が震えるほど緊張されていたのでしたら、うまく歌えなかったのも無理がないと思うのですが、皆さんはどう思われますか?

まず、「DAOKOは歌が下手」だとおっしゃる方の意見を詳しく見てみると「スッキリで生歌を披露した際のDAOKOさんの歌が下手だった」という声が最も多かったです。

ツイッターでも、DAOKOさんがスッキリに出演された2017年8月23日の日付で

「DAOKO下手すぎてびびった」

「DAOKO 下手で検索したらラッパーだからみたいなツイートたくさんあったけど、それならラップやらせとけよ」

といった類のツイートが多く見られました。

確かにラッパーって音程よりもリズム感が大切な気がするので、ラップでデビューしたDAOKOさんに”打上花火”のような音楽は馴染みがなかったのかもしれません。

ちなみに、残念ながらDAOKOさんがスッキリで生歌を披露した際のYOUTUBE動画はすべて削除されていました。
twitterでDAOKOさんが生で歌っている動画を見つけたので載せておきます。

いかがですか?
歌が下手というより、歌唱力がないように感じます。

しかも、DAOKOさんと言えば『ウィスパーボイス』が魅力と言われていることもあり、息が続いていない印象を受けました。

Mステで口パクだったって本当?

「DAOKOは歌が下手」という意見と同じく、ネットの一部では「DAOKOは口パク」という声も見かけました。

口パクでは?と物議をかもしているのは2017年9月1日に放送されたMステのようです。

口パクに関しては、事実は本人と関係者しか真実はわからないですが、考えられるのは2パターンあるように感じました。

  • Mステ口パク検証1

1つは本当に口パクだった場合ですが、このMステの放送でDAOKOさんが歌った”打上花火”は米津玄師さんとのコラボ曲であったため、米津さんの声を入れる関係で口パクになったのかな?ということです。

  • Mステ口パク検証2

もう1つ考えられるのは、本当は口パクではなく歌っていたが、前述のスッキリと比べてMステでは歌が上手かったので、口パクではないかと勘違いされたということです。

実際Mステ動画を見られてどう感じられますか?

確かに、他の生歌声より歌が上手いようには感じてしまいました。

しかし、口パクかどうかの真実はわかりませんが、歌唱力をあげてほしいのは視聴者の一意見かもしれませんね。




合わせて読みたい記事

DAOKOは太ももが太い?

また、DAOKOさんについて調べている中で「DAOKOは太ももが太い」という声もみかけました。

気になったのでDAOKOさんのインスタグラムに載せられた写真画像で検証してみました。

 

View this post on Instagram

 

photo by @shinkai_baba

DAOKOさん(@daoko_official)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

DAOKOさん(@daoko_official)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

脱衣麻雀 @kudan_jp

DAOKOさん(@daoko_official)がシェアした投稿 –

確かにモデルさんや女優さんの中には、もっと細い太ももの方はたくさんおられますが、これくらいがふつうの太ももの太さではないでしょうか。

DAOKOさんの太ももが太いとなると、世の中の女性の大半からブーイングをくらうと思います。

そもそもDAOKOさんはアーティストさんなので、モデルさんや女優さんのようなプロポーションを期待するのは間違っている気がします。

DAOKOプロフィール

では次にDAOKOさんのプロフィールと経歴を見てみましょう。

 

View this post on Instagram

 

DAOKO × High-Me TOKYO (@highme_karan)(@highme.tokyo ) Thank you Blue Pierce #DAOKO #highmetokyo

DAOKOさん(@daoko_official)がシェアした投稿 –

名前:DAOKO(だをこ)

本名:非公開

生年月日:1997年3月4日

出身地:東京都

ストレートの黒髪ロングでどこかミステリアスな雰囲気なDAOKOさんは、本名非公開、アーティスト名の由来も非公開と中身もミステリアスな方です。

アーティスト名の由来については様々噂がありますが、「本名が”○○だ なおこ”で、そこからDAOKOになったのでは」という意見が、最も可能性が高いと感じました。

ですが一方で、検索サイトで”DAOKO”と検索すると関連ワードに”本名 吉田”と出てくるのも気になります。

DAOKOさんは「自信がないから」という理由で自身の本名を公開されていないので、本名が吉田であるかどうかは定かではありません。

こちらの噂の発端は、DAOKOさんと同じラッパーの方で吉田凛音さんという方と一緒にライブをされたこともあるので、混合してしまっているのということや、日本放送アナウンサーの吉田尚記さんがDAOKOさんのライブでMCを務めたことがあるので、混合してしまっている可能性が考えられます。

2012年中学3年生だったDAOKOさんが、ニコニコ動画の”ニコラップ”に動画を投稿したところ、インディーズレーベル”LOW HIGH WHO?”の目に留まり、高校進学と同時に所属し始めたというのが、DAOKOさんデビューのきっかけです。

翌年2013年にはm-floのTaku Takahashiさんに才能を見いだされ、映画”鷹の爪~ 美しきエリエール消臭プラス~”の主題歌に起用されました。

さらにその翌年2014年には、”新世紀エヴァンゲリオン”を手掛けた庵野秀明監督に才能を認められたり、さらに中島哲也監督の映画”Fog”の挿入歌にも起用されるなど、とんとん拍子だったDAOKOさんですが、当時在学していた高校が芸能活動に厳しい学校であったため、顔出しせずに活動していました。

そして、2015年高校を卒業したと同時に”トイズファクトリー”より顔出し&メジャーデビューとなりました。

顔出しせずに活動しているアーティストさんは他にもおられますが、顔出しせずに人気のある方ってみなさん実力派の方ばかりですよね.

すなわち、DAOKOさんは実力派のアーティストさんであるということが、この経歴から証明されたのではないでしょうか?

DAOKO紅白初出場についてツイッターの反応は?


最後にDAOKOさんんが紅白に初出場することが決定したことについて、ツイッターではどのうような反応が見られるのかを調べてみました。

「DAOKO紅白出演ちょっと嬉しい」

「DAOKOちゃん紅白出場おめでとう!嬉しいよー」

といった、DAOKOさんが紅白に出場することを喜ぶ声も多い一方で、

「紅白に出るDAOKOって誰やねん」

「DAOKOって誰だよ。知らないわたしが時代遅れなんかな?」

といったDAOKOさんを知らない人もチラホラ見かけました。

“打上花火”で一躍有名になったものと思っていましたが、曲は聴いたことがあっても名前までは知らないという方もまだまだ多いのかもしれませんね。

紅白出場で、DAOKOさんがさらに有名になって、ますます活躍されることを願っています。

紅白の際には、スッキリのときのように緊張されないといいんですけどね。

まとめ

  • スッキリで生歌を披露したDAOKOが”歌が下手”だと一部のネットで話題となった。
  • MステでDAOKOが口パクをしたとの噂があるが、真相はわからない。
  • DAOKOの太ももは決して太くない。
  • DAOKOは本名非公開のミステリアスな存在。
  • DAOKOは凄い経歴を持った 実力派のアーティストである。
  • DAOKOを知らない人はまだ多いため、紅白出演でさらなる活躍に期待!