俳優・タレントとして活躍中の石田純一さんは沖縄の店のオーナーでもあります。

石田純一さんが経営している沖縄のお店の看板メニューは冷麺が有名なお店です。

現在、闘病中の石田純一さんの沖縄のお店や、沖縄での動きついてご紹介します。





石田純一沖縄の店冷麺J-chanの場所は?


俳優、タレントとして活躍される石田純一さん。

沖縄にオーナーをされているお店があるそうで、打ち合わせのためにたびたび沖縄を訪れることがあるそうです。

石田純一さんが経営されている沖縄のお店は、韓国料理店で冷麺をメインで出されているお店です。

お店の名前は、冷麺J-chan。このJは「純一」のJということのようです。

お店の場所は、沖縄県那覇市牧志2-17-26のハチノスビルの1階にあります。

沖縄市の那覇空港から西浦駅までを結ぶモノレール・通称ゆいレールの美栄駅から徒歩4分というところにあります。

観光の途中に立ち寄るにはちょうど良い立地にあります。

肝心のお料理の味はどうなのでしょうか。

実際に冷麺J-chanで、看板メニューとなっている冷麺を食べた方のお話によると、スープがシャーベット状でとても冷たいにも関わらず、うまみがしっかりと感じられ、麺もしこしこでとてもおいしかったといいます。

また、この方はランチタイムに行かれたそうですが、値段が手ごろであるにも関わらずしっかりとボリュームがあって、とても満足されたそうです。

また、食事が提供されるまでの時間も短くサービスも良かったといいます。

飲食店としては100点の評価ですが、総じて、石田純一さんのお店の評判はいいようです。

今は、飲食店には厳しい日々が続いていますが、このようなお店であれば、きっと生き残ることができるものと思います。

石田純一さんが、新型コロナウイルスに罹患されたというショッキングなニュースが飛び込んできました。

2020年4月現在、石田純一さんは、この病気と戦っておられます。

今は治療に専念していただき、一日も早く元気な姿で戻ってこられることを祈りたいと思います。

また、この騒ぎがおさまったときには、ぜひ、この沖縄のお店に行ってみたいとも思います。

石田純一沖縄の店冷麺J-chanのスタッフの人数は?

石田純一さんのお店・冷麺J-chanのスタッフの人数について、はっきりしたことはわかりませんでした。

公式ホームページに掲載されているお店の中の写真を見てみると、キッチンに2人、ホールに2人いれば、十分に回せるのではないかと思われます。

石田純一沖縄の店冷麺J-chanの客席数は?

客席の数については、公式ホームページに次のような記載があります。

「基本的には4人掛けのテーブル席が5つ。4人が入れる個室が1つ。8人が座れるカウンターが1つ。」

すべての席がお客さんで埋まったとすると42人ということになりますね。

石田純一さんのお店ということで、知名度は抜群。忙しいときは満席になることもあるといいます。

すでにご紹介したとおり、ランチメニューがお得であることで有名なようです。

また、今流行りのUFOチキンや、ハットグ、チーズタッカルビやチヂミなどのメニューもあり、大変、充実しています。

ランチタイムはビールの中ジョッキが380円とお得で、暑い中を観光してきた人たちにとってはとてもうれしいですね。

「冷麺焼肉セット」は、冷麺・豚焼肉・サラダ・ナムル・ごはんというボリュームで880円となっていて、とてもオススメです。

さらに、「スンドゥプチゲ」もオススメです。絹ごし豆腐を1丁使った一品で、辛さがくせになると評判です。ごはんも無料で大盛にすることができます。

サービス精神が旺盛な石田純一さんの人柄がそのまま出ているようなお店です。

石田純一が沖縄で宿泊したとされるホテルは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

皆様、 貴重なご意見、温かいメッセージをたくさんありがとうございます。 私と子どもたちは自粛が始まってから、自分たちが感染予防をするだけでなく、保菌者である可能性を考えて行動してまいりましたが、全世界が感染防止に努力、我慢をしている中で、仕事であるとはいえ飛行機に乗り都外へ出ようとする主人を説得、止めきれなかった事を深く後悔し、反省しております。 沖縄の方々、移動で使用した交通機関の皆さま、大変申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます。 私自身も4月7日に、自宅にて次女の誕生日祝いで両親を家に迎えております。万が一を考え換気をし、本当に短い時間立ち寄っただけでしたが、家族という事で気が緩み、自覚が非常に欠けておりました。 濃厚接触者は、症状が出た後に接触した者となっておりますので、両親は濃厚接触者にはあたりませんが、主人がいつ感染したかはっきり分からない中、その時すでに保菌者であった可能性もあり、高齢の両親を巻き込むこととなった事に対しても深く反省の気持ちで受け止めております。 重ね重ね、私共の行動で多大なるご迷惑、ご心配をおかけする事になり、心からお詫び申し上げます。

Riko Higashio(@rikohigashio)がシェアした投稿 –


さて、現在闘病中の石田純一さんですが、どのような経緯でコロナにかかられたのでしょうか。

4月10日にお店のコロナ対策の打ち合わせのために沖縄へ向かわれました。

11日に、沖縄の宿泊先のホテルのレストランで朝食をとられ、その後、仕事の関係者とゴルフへ行かれたところ、プレー中に強いだるさを感じたそうです。

12日にも、同じホテルで朝食をとられた後、午後からお店で打ち合わせをされています。

13日にも、同じホテルで朝食をとられ、ホテルの部屋で休憩され、東京に戻ってこられました。

14日には、都内の病院で診察を受け、肺炎の症状が見られたためそのまま入院。PCR検査を受けられました。

15日に陽性と診断され、このことをブログで発表されています。

このとき、石田純一さんが宿泊された那覇市内のホテルは16日から30日まで臨時休業することを決められました。

ホテルは、「(休館を決めたのは)コロナウイルス感染拡大防止のためで、1週間ほど前からキャンセルの数が増えているので休館を決めました。」とコメントされています。

ホテルの名前についてははっきりとは公表されていませんが、休館されることとなった日程などから、ハイアットリージェンシー那覇ではないかと見られます。

もちろん、この休館期間中にしっかりと消毒や衛生面で立て直しを図られ、来月からの営業に臨まれるものと思います。

営業が再開されたときには、ぜひ、宿泊したいとも思います。

石田純一が沖縄で利用したゴルフ場は?

また、このとき石田純一さんが利用されたゴルフ場についても、公表はされておらず、どこのゴルフ場で具合が悪くなられたのかということはわかりませんでした。

このとき、石田純一さんがロッカールームでうずくまっている姿を目撃したという方や、その後、ゴルフ場がクローズされ消毒作業を行ったという証言などもありますが、具体的にどこのゴルフ場かということはわかりませんでした。

緊急事態宣言も出ており、不要不急の外出は避けるようにと言われているなかで、沖縄まで出かけ、ゴルフもしていたという石田純一さんの行動は、やや軽はずみだったのではという声も聞かれます。

ただ、ご本人もそのことには反省をされているようで、今は、大変苦しい思いをされており、病状も思わしくないという情報もあります。

とにかく今は、病気を治すことだけを考え、回復した後に、今後は慎重な行動をお願いしたいと思います。

合わせて読みたい記事

まとめ

  • 那覇市にある石田純一さんの沖縄のお店の名前は、「冷麺J-chan」。
  • 看板メニューはずばり冷麺です。
  • ランチメニューが有名で、安くてボリュームもあり、食べた方は大満足とのこと。
  • 冷麺の他、ハットグやチーズタッカルビ、スンドゥプチゲもオススメです。
  • お店の規模は、店員さんが4名ほど、席は50席弱といったところです。
  • 現在、闘病中の石田純一さんですが、お店のコロナ対策の打ち合わせのために沖縄へ行かれたところで具合が悪くなられたようです。
  • 石田純一さんが宿泊したと思われるホテルは4月いっぱい休館となっているようです。
  • 石田純一さんが滞在中立ち寄ったゴルフ場については、詳細については不明。
  • ただ、ロッカールームでうずくまる石田純一さんを目撃された方や、ゴルフ場がクローズとなり消毒をしていたという目撃証言もあります。
  • 不要不急の外出が叫ばれている中での、沖縄宿泊ということで、石田純一さんに対する批判も出ていますが、

今、一番つらいのはご本人だと思いますので回復されるのを祈ります。