伊藤健太郎さんは英語がペラペラ話せるってご存知ですか?

伊藤健太郎さんが英語話せる理由は、15歳のときにアメリカ留学されていたからです。

朝の情報番組ZIPでも伊藤健太郎さんの英語力について報道していました。

ハリウッド進出も視野に入れることができるくらいの英語力を持つという伊藤健太郎さん、これからの活躍が楽しみですね。





伊藤健太郎英語話せるのはなぜ?

伊藤健太郎さんといえば、2020年版の東京ラブストーリーで、主人公の永尾完治役を好演した、注目の若手イケメン俳優さんです。

また、NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』では、戸田恵梨香さんが演じたヒロイン・喜美子の息子・武志役を演じたことでも話題になりました。

今年中には、『今日から俺は!!劇場版』『弱虫ペダル』『宇宙でいちばんあかるい屋根』とその出演映画が次々に公開される予定です。

そんな、人気・実力ともに大注目の伊藤健太郎さん。

実は英語が堪能であることでも知られています

イケメンで演技も上手な上に、英語まで話せるなんて、どれだけハイスペックな方なのでしょうか。

伊藤健太郎さんが英語を流暢に話されるというのは、日本テレビの番組アナザースカイで明らかになりました。

番組で紹介された伊藤健太郎さんのアナザースカイ(海外にある第二の故郷)は、アメリカのユタ州でした。

かつて、伊藤健太郎さんはユタ州のエルク・リッジというところにホームステイをしていたのです。

伊藤健太郎さんが15歳のときのことでした。

もともと、バスケットボールをしていたことや、アメリカのホームコメディを見て育ったという伊藤健太郎さんは、アメリカへの強い憧れがあったといいます。

ホームステイ当時のことを振り返って伊藤健太郎さんは次のように語ります。

「本当楽しかったですね。なにもかもが夢の世界、小さな頃からテレビで見てた世界というか。なんでもかっこよく見えました。」

アメリカでのホームステイは、伊藤健太郎さんにとって、まさに夢のような体験だったようです。

ホームステイを終えて日本に帰るときには、ホストの家族と別れるのがつらくて大号泣をされたといいます。

ホームステイをする前は人見知りな性格だったという伊藤健太郎さん。

今こうやってお仕事させてもらって、人見知りがほぼないんですけど、(異国の地で)こういう人たちと過ごしてたというのも、どっかで頭の中であったんじゃないかな。

と当時の体験が自分にとってとても有意義なものであったと振り返っておられます。

番組では、再びエルク・リッジを訪れ、ホームステイしていたお家を探すことになりました。

記憶をたよりにお家を発見すると、ホストファミリーと感激の再会を果たすことができました。

そして、一番よくしてもらったというホストファミリーのお兄さんから、奥さんと子どもを紹介されるというサプライズも。

さらに、ブライスキャニオン国立公園も訪れ、ホームステイ当時にはできなかったという、アメリカで車の運転をするという夢も達成することができました。

また、乗馬もしてみたかったという夢もかなえることができました。

アメリカの大自然を前に、

「『早く売れたい』とか『早く何かを手にしたい』って思いますけど、やっぱり、コツコツやることが大事なんだって思いますよね」

という感想を漏らした伊藤健太郎さん。

加えて、

「今自分が『いやーしんどいな』と思っても、そんな大したことじゃなかったりするんですよね。でっかい大自然を目の当たりにすると、(そのように)むちゃくちゃ感じますね。」

と絶景からいろいろなことを学ばれたようでした。

このアナザースカイの放送からわかるように、伊藤健太郎さんが英語がお得意なのは、15歳のころにアメリカにホームステイをされていたからでした。




伊藤健太郎英語ペラペラの動画は?

日本テレビの朝の情報番組「ZIP!」の映画コーナーで、ロサンゼルスにインタビューに行くという企画も行っておられ、そのときは通訳なしで見事にやり取りをされていました

その放送を見た視聴者のみなさんは、

「英語ができると、海外進出がしやすくなるよね」

「イケメンで英語までできて、スゴイ!」

などと感想を寄せておられました。

伊藤健太郎の英語力は?

伊藤健太郎さんは高校卒業後、芸能界で本格的に活動をスタートされていますので、大学には進学されていません

つまり、勉強をして英語が話せるようになったというよりは、実際のコミュニケーションの中でできるようになっていったという感じのようです。

実際、留学当時は、イエスかノーかしか話せなかったという伊藤健太郎さんですが、現地の人と触れ合う中で上達していったと語っていらっしゃいます。

また、映画が好きだということで、字幕で見ているうちに日常会話くらいはできるようになっていったといいますから、相当に耳がいいのでしょうね。

伊藤健太郎は英語力でハリウッドを目指してる?

俳優で英語が堪能となれば、外国の映画作品にも出演ができるではないかと思いますね。

また、映画の最高峰・ハリウッドで活躍することも夢ではないのではと思います。

実は伊藤健太郎さんは、2019年の映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(Spider-Man: Far From Home)』が公開されたとき、アメリカ・ハリウッドのチャイニーズシアターでプレミアムアンバサダー(特別大使)として参加されています。

そのときは、たいへん流暢は英語で主役のトム・ホランドさんにインタビューしていらっしゃいました。

やはり、役者である以上は、ハリウッド進出も目指していらっしゃるようです。

もちろん、ハリウッドで活躍しようというのであれば、単にイケメンであるというだけでは足りないと思われます。

では、伊藤健太郎さんがハリウッドで活躍できる可能性はどれくらいあるのでしょうか。

まず、ハリウッドで日本人俳優に求められるのは、アジア人らしい目元がきりっとした顔立ちだといわれています。

その点、伊藤健太郎さんは目元がすっきりとしていて、ハリウッド受けしそうな顔をしているといえます。

すでにハリウッドで活躍されている渡辺謙さんや真田広之らも、目元がきりっとされています。

加えて、伊藤健太郎さんは身長179cmと、現地のアメリカ人と並んでも決してチビではありません。

日本人で背が低いと、いじられキャラで終わってしまうこともありますが、伊藤健太郎さんほどの身長があれば十分にあちらの俳優さんとやり合えるのではないかと思います。

さらに加えて、伊藤健太郎さんの声は低めで渋い感じもします。

こちらについても、現地の俳優さんに舐められない要素の一つとなると思います。

「英語が堪能で、高身長で声が低い」という、ハリウッドでも十分に太刀打ちできるだけのものはお持ちではないかと思います。

伊藤健太郎出演アナザースカイを見るなら今すぐクリック!

↓2週間無料で視聴できる!↓

まとめ

  • 伊藤健太郎が英語ペラペラの理由は15歳の頃、アメリカのユタ州にホームステイをしていたから。
  • 伊藤健太郎は英語でハリウッド俳優にインタビューできるくらいの英語力がある
  • 英語の勉強は、実際のコミュニケーションや映画から学んだ
  • 伊藤健太郎は英語が堪能で、ハリウッド進出も夢ではない

英語力に加えて、高身長であること、高い演技力があるので今後の活躍が楽しみですね。