小倉優子さんが歯科医院を開業する夫との別居や離婚危機状態にあるのではないかといわれて一年ほどがたちます。

文春オンラインによると、小倉優子さんは今、都心から離れた閑静な高級住宅地にある一軒家に住んでいるといいます。

これまでは都心部にあるマンションに住んでいたといわれていますので、最近になって引っ越したということになります。

では、その引っ越し先はどこなのでしょうか。

いろいろな説がありますので、それらの説を順に検証していきます。





小倉優子の引越し先はどこ?

現在小倉優子さんがお子さん3人と一緒に住んでいる場所は、文春オンラインによると、別居や離婚危機状態にあると噂されている旦那さんの職場からほど近い閑静な住宅地と言われています。

旦那さんの職場は、都内にあるということは分かっているので考えられる都心部から離れた高級住宅地を探してみました。

都心部と言われているのは、渋谷区や新宿区、港区、中央区などが考えられます。

その中心部から少し離れた場所に引越しされたということですね。

都心部から離れた高級住宅街って?

都心部から離れた高級住宅街というのは、いくつか存在し説として有力なのは板橋区説です。

夫の勤務先である歯科医院の近くで、小倉優子さんが目撃されているということから、その歯科医院のある板橋区に引っ越してきたのではないかという説です。

その他にも芸能人の方がよく住んでいるという都心部から離れた高級住宅街を予想してみます。

板橋区説

では、まずその板橋区説から検証していきます。

小倉優子さんの夫の勤める歯科医院はは東京都板橋区にあると言われています。

板橋区というと、団地やマンション群が有名で、高級住宅地というイメージとは少し違う印象を持っていましたが、板橋区の中にも富裕層が住んでいるエリアがあることが分かりました。

板橋区の田園調布などと呼ばれてるエリアが常盤台です。

常盤台は4丁目まであり、その中でも1丁目と2丁目は特別で、大きな邸宅が立ち並んでいます。

最寄り駅のときわ台駅から並木道がつづき、美しい街並みとなっています。

駅前には庶民的な商店街や飲食店もありますが、1丁目あたりまで来ると、そんな雰囲気は無くなり、閑静な住宅街と呼ぶにふさわしい様子になります。

古くからある武家屋敷のようなお家や200坪を超えるようなお家もあり、どこのお家も庭が広くとられています。

常盤台=高級住宅地というブランドこそ今はまだないものの、都心部から離れた高級住宅街と呼んでもまったく不自然はありません。

もちろん断定はできませんが、夫の勤務先と同じエリアということで、小倉優子さんの引っ越し先の最有力候補は板橋区

その中でも常盤台ということになるのではないかと思います。

豊島区説

次の説は豊島区説です。

夫の勤務先であると思われる板橋区の隣の区で地理的に近い区です。

また、豊島区の高級住宅地といえば、駒込や目白ということになります。

特に目白といえば、由緒ある高級住宅地として有名ですね。

池袋と新宿という騒がしい地区に囲まれていながらも、閑静で高級感あふれる街です。

学習院があるのもこの目白地区です。

さらに日本女子大学や東京音楽大学もあり、教育熱心な小倉優子さんが住むにはもってこいの街なのではないかと思います。

元皇族の方も多数住んでいるということですから、まさに品格のあるエリアといえますね。

文京区説

次に有力な説は文京区説です。

文京区には進学校も多く、教育熱心な小倉優子さんが自宅地として選ぶのではないかという説です。

文京区といえば、東京大学やお茶の水女子大があることでも知られますね。

また、文京区には大使館も多く、海外のセレブたちも多く住んでいるといいます。

文京区では、大使館ナンバーの車も多く見られます。

東京23区内で最も治安が良い区ともいわれており、小さな子を育てる小倉優子さんにとっては安心して住めるところといえるでしょう。

具体的な地名でいうと、本駒込・小石川・関口・目白台・白山あたりが環境も良く、住みやすいのではないかと思われます。

世田谷区説

そして、最後は世田谷区説です。

夫のクリニックがある板橋区からは地理的に少し離れていますが、高級住宅地としては世田谷区も有名ですよね。

世田谷区の高級住宅地いったらなんといっても成城ですね。

成城の街を見てみると、やはり大きなお家が多く、庭にはたくさんの緑があり優雅な雰囲気の街であるとわかります。

それもそのはず、成城地区には、「隣地境界線から1メートル以上後退」「敷地の20パーセントは緑にしておかなければならない」など住民たちによって作られた成城憲章さ呼ばれるものがあり、街の雰囲気が保たれているのです。

成城学園があり、そこに通う子どもたちも気品があふれています。

小倉優子さんが引っ越し先に選ばれてもまったく不思議はない街です。




小倉優子の息子の学校から交通の便を考えてみると?

それでは、小倉優子さんの子どもが通う幼稚園での目撃談などから、引っ越し先を検証してみます。

小倉優子さんの子どもが通う幼稚園の保護者の方の証言はこんな感じです。

  • お子さんが転園してきたのは、2月のはじめだったとのこと。
  • 最初はこの方も気づかなかったということですが、送り迎えしている女性が小倉優子さんだったということでびっくりした。

気さくで芸能人ぶったところもなく、今ではすっかりまわりのママ友とも打ち解けているそうです。

また、小倉優子さんが目撃されたところは、外国人セレブもたくさん暮らしている住宅地ということで、教育環境もばっちりだといいます。

長男も都内でトップクラスの有名私立小学校に通っていて、それに続くように4歳の次男も塾に通わせているとのこと。

次男の転園先である幼稚園もしつけが厳しいことで有名だといいます。

小学校入試に強いのは、勉強を教えるだけでなく、しつけをしっかりしてくれる幼稚園だといいます。

小倉優子さんもそのあたりのことまで考えて転園先を選ばれたものと思います。

また、小倉優子さんは、赤ちゃんを乗せたベビーカーを押しながら次男の手を引いて幼稚園に通わせているそうです。

ここまでの様子を考えると、やはり、夫の勤務先の近くであり、教育環境も整っている板橋区に引っ越したのではとも思います。

ただ、小倉優子さんと夫がいっしょにいるところが目撃されたことがないということからも、引っ越し先を断定することはできません

小倉優子さんとしては、夫と復縁したい気持ちは強くあるようで、忙しい夫が少しでも立ち寄りやすいように引っ越し先を選んだと考えられます。

加えて、長男の通う小学校は都内でトップクラスの有名私立小学校

この学校も都心から離れた場所にありますが、母親なら子供の通学にも配慮した場所を引っ越先として選びますよね。

となると、お子さんが通学にも支障がないエリアだということが考えられます。

夫の職場から引っ越し先までは車で10分ほどのところにあるともいわれていて、ガレージも、夫がいつでも戻ってこられるように空けてあるそうです。

どういう形かはともかくとして、小倉優子さんと3人の子ども、そして、旦那さんが幸せに暮らすことができるといいなと心から願うばかりです。

合わせて読みたい記事

まとめ

  • 夫との別居、離婚危機がささやかれている小倉優子が都心から離れた高級住宅地の一軒家に引っ越したといううわさがあがっている。
  • 引っ越し先の最有力候補は、夫の勤め先のクリニックがある板橋区。中でも、常盤台ではないかと推測される。
  • 他の説としては、文京区説。東京大学やお茶の水女子大があり、教育環境も整っているため。大使館がたくさんあり、23区内でもっとも治安が良いともいわれている。
  • さらに、豊島区説も。夫の勤め先がある板橋区の隣の区であるため。学習院があったり、元皇族も多く住むという品位のある街が引っ越し先として選ばれても不思議はない。
  • 板橋区からは地理的に離れてはいるが世田谷区説もある。歴史的にも古い成城は閑静な住宅街としてはメジャー中のメジャー。
  • 夫がいつでも戻ってこられるように、夫の勤め先から10分ほどのところに引っ越したという情報も。また、忙しい夫がスムーズに帰ってこられるように、新居には空きガレージも用意されているとか。3人の子どもたちがまだ小さいことから、小倉優子はどうしても夫と復縁をしたいと思っている様子。