スポンサーリンク





今オフで一番移籍先で注目を集めたといっても過言ではない丸佳浩選手ですが、最終的にはジャイアンツへの移籍で契約をしました。

今オフで一番の大型契約という事になりそうで、巨人がどれくらいの額を提示して移籍が決まったのでしょうか。

そして、実際に丸佳浩選手と巨人軍の契約は何年で何円の年俸となったのでしょうか。

今回は丸選手の来シーズン以降の年俸などについてみていきましょう。


スポンサーリンク




気になる巨人軍との契約内容は?


今オフにFA権を施行した丸佳浩選手ですが、丸選手の獲得に巨人とロッテ、そして古巣広島が名乗りを上げました。

各チームかなりの高額条件を提示した中で、最終的に丸選手が移籍先として選んだのは巨人軍でした。

3チームで丸選手の争奪戦をしていた時は、巨人は5年30億円という超高額な契約を用意していると報道されていました。

最終的に巨人と丸選手は5年25億5000万円で合意となったようです。

移籍1年目の2019年シーズンの年俸は4億5000万円となるようです。

当初の報道からは少し額が下がっているものの、超大型契約というには申し分ない額での契約となりました。

丸選手は2年連続でのMVP、広島の3年連続セ・リーグ制覇の立役者と言って良いほどの活躍を見せていたので、この額の年俸になるのも不思議ではありません。

丸佳浩の年俸推移は?

丸佳浩選手は2007年の高校生ドラフト3巡目で広島東洋カープに入団しました。

入団1年目・2年目は1軍出場機会もなく、年俸は500万円でした。

3年目となる2010年シーズンは年俸も550万円となりシーズン終盤には1軍初出場も果たしました。

2011年シーズンも600万円と微増しました。

その年にレギュラーとして定着し始めた結果2012年シーズンには年俸1700万円と約3倍の年俸まで跳ね上がりました。

その後もカープのセンターのレギュラーを守り続け、2013年には2300万円、2014年には5100万円、2015年には9000万円と2012年シーズンから4年連続で年俸をアップさせ、2014年2015年には年俸を約2倍にするという評価を受けました。

2015年シーズンの成績が少し振るわなかったことで2016年シーズンの年俸は500万円ダウンの8500万円となりました。

ですがその年にチーム25年ぶりのリーグ優勝に貢献したことによって2017年の年俸が1億4000万円と夢の1億円選手となりました。

その年も活躍はとどまることを知らず、チームのリーグ2連覇、そして自身初のリーグMVPに選ばれました。

その結果2018年には年俸は2億1000万円となりました。

そして今オフFAを施行し、巨人へと移籍となって来シーズンの年俸は倍以上の4億5000万円となりました。

来シーズンも今シーズンと同じか、さらなる活躍が期待されているので来シーズン以降も年俸は上がっていくかもしれません。

スポンサーリンク




丸佳浩が巨人を選んだ理由は?

なぜ、丸選手は広島とロッテの誘いを断って、巨人軍への移籍を決めたのでしょうか。

まず選んだ理由ではと言われているのは、丸選手が幼少期にジャイアンツファンだったからではないかという事です。

丸選手は千葉県出身で、初めて野球を見に行ったのが、巨人対広島の試合だったようです。

また、幼少期は巨人で松井秀喜さんのファンだったともいわれています。

次に挙げられたのが、契約年数です。

今回丸選手の獲得に動いた3チームの中で広島とロッテは4年契約でしたが、巨人のみ5年契約という条件提示だったので、選んだのではないかと言われています。

2019年シーズンに30才を迎える丸選手としては、やはり契約年数が長かったことは長く野球ができるというのは魅力的だったのではないでしょうか。

また、別の理由として在京球団と言うのもあるのではないかと言われています。

丸選手の実家は千葉県にあるのですが、約14年ほど実家を離れているようです。

そのため在京球団に移籍して実家の近くに住むことで親孝行をしようとしているのではないかとも言われています。

様々な憶測があげられていますが、合っている部分もあれば間違っている部分もあると思います。

もしかしたら契約交渉時に、なにか丸選手の心を動かす内容があったのかもしれません。

移籍を決めた丸選手へのファンの反応は?

今シーズンで古巣の広島を離れ巨人に移籍となった丸選手ですが、そのニュースを見たファンの方々の反応は様々でした。

その中でも多かったのはやはり、他のチームに行っても頑張ってほしいという意見でした。

ですが、その一方で残念という意見もあり、広島が日本一になるまで残ってほしかったという意見も多くありました。

また、広島からからのFAという事で、どうしても元広島の黒田選手と比べられてしまうこともあるようです。

黒田選手と言えば男気のある行動や発言が有名ですが、広島からFA宣言する際に「広島戦わないメジャーに移籍したい」といいメジャーに移籍しました。

その時の移籍と比べられることもあり、どうしても批判的な意見もあるようです。

やはり、黒田選手の時の印象が強かったため比べられるのは仕方ないのかもしれませんが、それを引き合いに出して批判するのはかわいそうかなと思います。

球界のレジェンドたちの見解は?

丸選手のFAに伴い様々な野球界のレジェンドたちが発言をしました。

落合博満さんと金村義明さんは巨人に移籍をする前から、広島には残らないと発言しており、特に落合博満さんはテレビ番組の中で、巨人に移籍すると断言するような発言をしていました。

金村義明さんは丸選手移籍後に「常識的に。愛より金でしょ。家族もいるし将来もあるから、丸を責められない」と発言しました。

また、移籍決定後には張本勲さんも「桁が違うのだから、私でもそうします。」と丸選手を擁護する発言をしました。

やはり、プロ選手といえども家族は大事ですし、お金で選んでしまっても仕方ないと思います。

丸佳浩選手のお子さんの小学校、幼稚園が分かりました!

↓気になる方はクリック↓

合わせて読みたい記事

丸佳浩のプロフィール


名前:丸佳浩

生年月日:1989年4月11日

出身地:千葉県勝浦市

身長:177cm

体重:90kg

投球・打席:右投げ左打ち

プロ入り:2007年 高校生ドラフト3巡目

初出場:2010年9月12日

年俸:2億1000万円

まとめ

  • 今オフにFAを施行した丸選手は3チームが交渉した結果、巨人への移籍を決めた
  • 巨人軍と丸選手との間で結ばれた契約は5年で25億5000万円という超大型契約
  • 移籍1年目の年俸は4億5000万円
  • 巨人軍への移籍を決めた理由は丸選手が幼少期は巨人ファンだったから
  • 巨人への移籍を決めた丸選手に対してファンの反応は様々

スポンサーリンク