女優の寺島しのぶさんの息子さんが最近テレビ出演が多くなってきて話題になっています。

また、寺島しのぶさんの息子さんがパリコレに出演したり歌舞伎デビューしたということを知っている方は少ないのではないでしょうか?

息子さんは歌舞伎やパリコレにどんな思いをもっているのか、テレビでどんなことを語ったのでしょうか。

詳しく見ていくことにしましょう。





寺島しのぶの息子がテレビで語ったこととは?

寺島しのぶさんといえば、個性的な演技でテレビドラマや映画に多数出演し、主役から脇役まで幅広く演じられることて知られる女優さんです。

彼女の息子さんのお名前は「眞秀(まほろ)」くん

この4月から小学生になりました。
寺島しのぶさんと眞秀くんが2019年4月6日に放送されたトーク番組「サワコの朝」に出演されました。

眞秀くんのおじいさんは、人間国宝として知られる、尾上菊五郎さんです。

眞秀くんも4歳のときに歌舞伎座で初舞台を踏んでいます。

今は、すっかり歌舞伎の面白さに魅了されているとのこと。

番組の中では、ホスト役の阿川佐和子さんに歌舞伎の発音方法をレクチャーするという場面もありました。

見得を切って拍手がくると気持ちがいい」と語る眞秀くん。

お母さんである寺島しのぶさんは、「2歳のころからすでに歌舞伎が好きで、4歳の夏には父(尾上菊五郎さん)に『歌舞伎の舞台に出たいか』と聞かれて自分から『出たいです』と答えていました」とデビューの様子を語っていました。

子育てに関しては、「夫は自由な人なので眞秀の意思にすべて任せようとする。私はそうはいかないところがある。でも、そのバランスが大事なのかなと感じている」とのこと。

歌舞伎の名門に生まれたからこその楽しみや悩みがあるようですね。




寺島しのぶが息子が歌舞伎デビュー?


すでにご紹介しましたが、寺島しのぶさんの息子さん、眞秀くんはすでに歌舞伎の初舞台を経験済みです。

眞秀くんの初舞台は4歳のとき。

「魚屋宗五郎」という演目の丁稚役が初めての役でした。

今年1月から3月までの間も国立劇場で開催されていた歌舞伎に出演していました。

また、2019年4月6日に放送された「サワコの朝」の収録の日も歌舞伎の現場から直接スタジオに来たということで、大忙しの眞秀くんです。

歌舞伎が好きで、人前に出るのが楽しいと語る一方で、「(4月26日までの公演が終わると)歌舞伎ちょっとお休み」とほっとした表情を見せ、子どもらしい一面も見せていました。

さすが、歌舞伎の名門のサラブレッドという感じですね。

小学一年生にして、日本の伝統芸能の面白さと大変さ、奥深さをなんとなくではありますがしっかりと認識しているようです。

今後の成長がとても楽しみな「歌舞伎俳優」さんです。

合わせて読みたい記事




寺島しのぶが息子がパリコレでモデルデビュー?

そんな眞秀くんですが、なんとファッションショーでモデルも務めています。

眞秀くんがモデルとして登場したのは、2018年7月にパリで開催された、子ども服ブランド・ボンポワン(BONPOINT)の2019年春夏コレクションのファッションショーでのことでした。

眞秀くん、このとき5歳でした。

眞秀くんは、このとき帽子に緑のトップスに首元にバンダナをつけたアウトドアスタイルで登場。

加えて、フィッシャーマンズセーターの少し大人っぽいスタイルの2スタイルを披露しました。

もちろん、お母さんである寺島しのぶさんとお父さんも見守る中、堂々とランウェイを歩きました。

このとき、モデルのSHIHOさんの娘さんである秋山沙蘭ちゃん(6歳)もモデルとして参加していました。

ご両親としては、立派に育ったお子さんを見て、さぞ喜ばれたところでしょう。

眞秀くんにしてみれば、「歌舞伎の舞台に比べれば気が楽」という感じだったのかもしれません。

いずれにしても、こんなに小さいうちから大舞台を堂々とこなせるというのは、やはり只者ではありませんね。

今後も、ファッションショーでかわいらしい姿を見ることができるかもしれません。

合わせて読みたい記事

寺島しのぶが息子が通っている小学校は?

眞秀くん、現在小学1年生ですが、どこの小学校に通っているのでしょうか。

すでに歌舞伎役者としての道を歩み始めているといえる眞秀くんですので、お勉強と芸道の両立も考えていかなければならないと思います。

公立の小学校よりもいろいろな融通が利きそうな私立の学校へ受験されたと話題になっていました。

実際はどこの小学校に進学されたのでしょう。

眞秀くんが進学した小学校は慶応幼稚舎といわれています。

慶応の幼稚舎といえば、私立の小学校としては超トップクラスの学校です。

2018年度の募集状況は、定員96名に対して倍率は約9倍とのこと。

その狭き門を眞秀くんは見事突破したということになります。

慶応は小学、中学、高校、大学とすべてがそろっていますので、芸事のお稽古にも安心して取り組むことができるというメリットがあります。

歌舞伎の世界の方は、青山学院の小学校に進学させることが多く、寺島しのぶさん自身も青山学院の出身ですが、眞秀くんには慶応の方の学校をすすめられたようです。

いずれにしても、学校のお勉強と歌舞伎の芸事のお稽古の両立という厳しい現実が待っていることになりますが、今の笑顔を忘れず、一生懸命がんばってほしいと思います。

寺島しのぶの息子が通っていた幼稚園は?

名門小学校に入学するには、名門の幼稚園に通う必要があるように思いますが、眞秀くんはどこの幼稚園に通っていたのでしょう。

プライベートな部分のことですので、はっきりとは公表されていないようです。

ただ、可能性としていくつかの幼稚園が挙がっています。

まずは、慶応幼稚舎の受験に強いといわれている「若葉会幼稚園」です。

東京の幼稚園の中では「名門御三家」といわれるほどの幼稚園だそうです。

また、「暁星幼稚園」も有力候補です。

こちらは、古くから歌舞伎役者の子どもたちが通う幼稚園とて有名で、フランス系のカトリックの学校が運営していることからも、眞秀くんも通っていたのではと考えられます。

そのほか、「青山学院幼稚園」も芸能人には人気のようで、市川海老蔵さんのお子さんもここに通わせていらっしゃるといわれています。

いずれにしても、名門の幼稚園に通わされていたのは間違いないと思われます。

合わせて読みたい記事

寺島しのぶの教育方針とは?

寺島しのぶさんのお子さんへの教育方針はどんなものなのでしょうか。

眞秀くんのお父さんであり、寺島しのぶさんの夫でもある、ローラン・グナシアさんはフランス人です。

アートディレクターというお仕事をされています。

ローランさんの子どもの教育の基本方針は「子どもの意思に任せる」というもののようです。

「自由を重んじる」というフランスの国民性もあるのでしょうか。

また、母親に比べると父親は「子どもが思うようにさせる」と考える傾向が強いようにも思います。

一方、母親である寺島しのぶさんはそういうわけにはいかないとお考えのようです。

「本人の意思だけでなく、あれもこれもやらせておくべき」というスタンスもお持ちのようです。

そもそも、息子さんの名前である「眞秀(まほろ)」とは、日本神話に登場するヤマトタケルが言った「大和の国はまほろば」という言葉が由来となっているそうで、どこの国へ行っても日本人としての「大和魂」を忘れないでほしいという気持ちがこめられているとのこと。

また、「秀」という字は、寺島しのぶさんのお父様の本名「寺島秀幸」から取っているということです。

このあたりからも、寺島しのぶさんの教育の方針が垣間見えてきますね。

「しっかりと教え導くお母さん」と「おおらかに見守るお父さん」というバランスが整った環境といえると思います。

眞秀くんも相当優秀な役者遺伝子を持っているといえると思います。

これからのびのびと歌舞伎役者としての道を歩んでいくのを見守りつつ応援していきたいと思います。

寺島しのぶのプロフィール

では、ここで改めて寺島しのぶさんのプロフィールを確認しておきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#オールーシー ・ ・ ◎TSUTAYAなどでレンタル開始(GEOにはありません) ・ ・ ◎出演者 #寺島しのぶ #南果歩 #忽那汐里 #ジョシュハートネット #役所広司 ・ ・ ◎#平柳敦子 監督 ・ ・ ◎全編終わってから、このポスター見るとああああってなるから、もし気になるなら、ネタバレとか、あらすじとか、なーんも読まないで見て欲しい!わたしも、なんの話か誰が出るのか全く知らず勧められるがままにみたら、どうなるの?どういうこと?って。多分そんなに長くないし、体感的にはね!若いわたしがみるより、寺島しのぶ世代の人に、みて欲しいな。

映画が好きな人Cさん(@movie__mumumu)がシェアした投稿 –


名前:寺島しのぶ

生年月日:1972年12月28日

年齢:46歳

出身地:京都府京都市

血液型:B型

身長:162cm

学歴:青山学院大学文学部

事務所:アプティパ

寺島しのぶさんのお父様は、すでにご紹介したとおり、人間国宝の歌舞伎役者・七代目尾上菊五郎さん。

お母様は女優の富司純子さんです。

また、弟さんは歌舞伎役者の五代目尾上菊之助さんとまさに役者一家です。

寺島しのぶさんは、1989年にNHKのドラマで女優デビュー。

翌年には映画にも初出演しています。

その後はテレビ、映画で数多くの作品に出演されています。

2003年には、映画『赤目四十八瀧心中未遂』と『ヴァイブレータ』の好演が日本国内ばかりではなく、海外で高い評価を受け、数々の映画賞を受賞されました。

2010年に出演された映画『キャタピラー』で、第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞。

これは、最優秀女優賞にあたる賞になります。

2019年には村上春樹さんの小説『海辺のカフカ』を原作とした舞台に出演。

フランスのパリで上演され、多くの観客から絶賛を受けました。

今や、日本を代表する女優さんのお一人といえます。

2007年に、フランス人アートディレクターのローラン・グナシアさんと結婚。

2012年9月12日に第一子となる長男・眞秀くんを出産しています。

まとめ

  • 寺島しのぶさんの息子さんの名前は「眞秀(まほろ)」くん。
    現在、小学1年生です。
  • 眞秀くんは、4歳のときに歌舞伎の初舞台を踏んでいます。
  • パリのファッションショーにも5歳のときに挑戦済です。
  • 小学校は、慶応義塾幼稚舎のようです。
  • 幼稚園は、「若葉会幼稚園」か「暁星幼稚園」であった可能性が高いです。
  • 寺島しのぶさんのお父さんは間国宝の歌舞伎役者・七代目尾上菊五郎さん、お母さんは女優の富司純子さん、弟さんは歌舞伎役者の五代目尾上菊之助さんという超一流の役者一家。ご自身も今や日本を代表する女優さんです。

[the_ad id=”6445″]