いよいよ第2クールが始まる『あなたの番です』ですが、黒幕について様々な考察がなされているなか、大きなカギになりそうなのが303号室の存在です。

そこで今回は、空室である303号室にまつわる謎や、その向かいの住人でなにかと怖い存在の尾野幹葉について、詳しくまとめてみました。

実は、『あなたの番です』第9話終了後からHuluで放送された『扉の向こう』で303号室が空室になる前のストーリーが展開されていました。

あなたの番です『扉のむこう』をみたいならこちらをクリック↓

簡単1分で登録できます!

Hulu

※番組終了後や新情報が入り次第、追記し更新しています。

あなたの番です303号室の謎まとめ

『あなたの番です』の公式サイトでは空き部屋という設定になっている303号室ですが、どうにも謎が多い気がすします。

そもそも主人公の手塚菜奈・翔太夫婦らが住むキウンクエ蔵前は入居率が高いなか、303号室だけ空室というのは不自然なような。

第1クールのストーリーの中でも、たびたび謎を生んだ303号室の謎について調べてみました。

303号室は事故物件による空き部屋?

第1話の住民会で、管理人の床島比呂志(竹中直人)が、その日引っ越してきたばかりの手塚菜奈(原田知世)・翔太(田中圭)夫婦に「あそこ事故物件だからね」とつぶやいたシーンがありました。

他の住民らはすぐに「冗談」だと否定していましたが、本当に事故物件なのだとしたら…

そして事故物件なのは手塚夫婦の住む302号室ではなく303号室なのだとしたら…

1部屋だけ空室であることは十分説明がつきますよね。

ですが、同じく第1話で管理人の床島が手塚夫婦の部屋に「入居前のチェック」だと入ってきたときに「不気味なシミ」とつぶやいていました。

ということは、やはり事故物件なのは302号室ということでしょうか?

第9話で尾野幹葉が303号室に出入り?

303号室にまつわるシーンの中で筆者が最も気になったのは、第9話で尾野幹葉(奈緒)が303号室から出てきたシーンです。

田宮淳一郎(生瀬勝久)が301号室に住む尾野幹葉宅を尋ねようとしたときに、偶然その向かいの303号室から出てくる尾野幹葉の姿を目撃するのですが、尾野幹葉は動揺することなく笑顔で「こんばんは」とあいさつし、自室である301号室に戻っていくのです。

もちろんこの行動に「え?」と引っかかったのは筆者だけではなかったようで、このシーンの直後『あなたの番です』の公式サイトは開けなくなるほどアクセスが集中していました。

みなさん「303号室って空室だったよな?」と気になりましたよね。

空室であるはずの303号室に尾野幹葉が出入りしているということは、尾野幹葉はマスターキーを持っているということでしょうか?

なぜ管理人でもない尾野幹葉がマスターキーを持っているのかも謎ですが、何の目的で303号室に出入りしているのかはもっと謎です。

さらに、ネットでは「用心深いはずの尾野幹葉が自室(301号室)の鍵を開けっ放しで303号室に行っているのが気になる」という声もみられました。

確かに、尾野幹葉はこれまでインターホンを鳴らされても必ずチェーンをつけたまま対応していました。

それなのに、このシーンでは自室に戻る際、鍵を開けるそぶりなく戻っていたのです。

ますます謎です。

第10話で榎本早苗が303号室に出入り?

303号室に出入りするシーンがあったのは尾野幹葉だけではありません。

第10話では榎本早苗(木村多江)と夫の正志(阪田マサノブ)が、監禁していた黒島沙和(西野七瀬)をダンボールに入れて303号室に運ぶシーンがありました。

たまたま303号室に向かったら鍵が開いていた…なんてことは考えにくく、最初から303号室に運ぶことを目的に自室から連れ出したということは、榎本夫婦も303号室が使えることを知っていたということになります。

このことから「榎本夫婦と尾野幹葉は共犯かも!」と考察する方が現れました。

共犯なら、尾野幹葉が303号室に出入りすることを知っていた早苗が、黒島ちゃんを303号室に運ぶのは合点がいきますね。

扉の向こうで303号室の謎が明らかになっていた!?

そんな謎多き303号室ですが、実は第9話終了後からHuluで放送された『扉の向こう』で空室になる前の303号室について明らかになっていたんです。

空室になる前に303号室に住んでいたのは佐伯良樹 (笠原秀幸) と、その婚約者の舞島亜矢子 (入山法子)だったのですが、引っ越してきたとたん向かいの住人である尾野幹葉(奈緒)が佐伯を気に入ってしまいます。

あらゆる手段を使って佐伯と亜矢子を別れさせることに成功し、亜矢子は実家に帰ることにしました。

そして佐伯を略奪することに成功した尾野幹葉ですが、付き合うことになったとたん態度を一転させ、料理を一切作らなかったり、佐伯が眠っている間に佐伯の首にヘナタトゥを入れたりと好き放題します。

結局、尾野幹葉と佐伯は破局するのですが、

尾野は元婚約者の亜矢子に

「お久しぶりです、尾野です~。今、良樹さんフリーですよ、ファイトで~す!」

と電話をかけます。

しかも「なぜ婚約者のいる人を狙ったのか」と聞かれると、

「みんなそう思うんじゃないですか、だって隣の芝は⻘いっていうじゃないですか。だからみんなそうですよ。あははは」

と返し、挑発します。

本編では結婚している手塚翔太(田中圭)に一目惚れしていた尾野幹葉ですが、その前にも婚約者のいる男性に惚れていたんです。

『扉の向こう』を見て、尾野幹葉が翔太に惚れたのも納得です。

でも、本当に怖い!こんな住人が自分の周りにいたらたまったもんじゃないですよ。

この『扉の向こう』で明らかになったのは、303号室は事故物件ではなかったということです。

そして、尾野幹葉が現在も303号室に出入りできているのは、マスターキーを持っているからではなく、『佐伯と交際しているときに合鍵を作ったから』と考えるのが自然だと思います。

しかし、現在も尾野幹葉が303号室に出入りしている理由など、まだ謎は残ったままなので、今後の展開から目が離せません。

まだまだある!尾野幹葉にまつわる謎まとめ

空室であるはずの303号室に出入りし、共犯説も浮上している尾野幹葉(奈緒)ですが、彼女にまつわる謎はまだほかにもあります。

常にドアのチェーンをつけて来客対応している?

先ほども少し触れたとおり、尾野幹葉はインターホンを鳴らされても必ずドアのチェーンをつけたまま対応しています。

通常インターホンが鳴ると部屋の中からでもカメラで顔を確認することができるので、知らない人ならともかく、同じマンションの住人に対してもチェーンをつけたままというのは非常に不自然です。

理由として考えられるのは、単純に『部屋に見られたくないものがあるから』でしょう。

自室に隠し部屋をつくり息子を隠していた榎本早苗(木村多江)も、同じ理由でチェーンをつけたままでしたからね。

ですが、Huluの『扉の向こう』では佐伯 (笠原秀幸)や亜矢子(入山法子)を頻繁に部屋に招いていましたし、本編でも1度翔太(田中圭)が尾野幹葉の部屋に入っていますよね。

見られたくないけど、簡単に隠しやすい何かがあるということでしょうか?

元管理人・床島との関係は?

翔太は尾野幹葉と、亡くなった元管理人・床島(竹中直人)との関係も怪しんでいましたね。

怪しい理由として、まず床島がマンションの住民全員に渡しているという手作りのネームプレートを尾野幹葉だけが使用していることです。

床島は不躾な発言などが原因で住民らから嫌われていましたが、その中で尾野幹葉だけがネームプレートを使っていたのは怪しいということです。

さらに、第1話では管理人室にあった2つの白いシュシュが、のちに1つに減っていて、第3話で尾野幹葉がその消えていた白いシュシュを髪につけていたのも、怪しいと考える理由となりました。

管理人室にあったはずのシュシュを持っているということは、管理人室に出入りできるということになり、

「尾野幹葉は床島と愛人関係にあったのでは?」

と翔太は推理していました。

ネットでも、尾野幹葉と床島は何かしら特別な関係にあったと考察する方は多く、愛人以外に親子という説もみられました。

2019年7月1日追記

あなたの番です第2章反撃編で分かったことは、302号室に尾野幹葉のネームプレートの裏側には、目がたくさん描かれていて尾野幹葉は絵がうまいという情報です。

殺害された人の数と一緒の数だけ目が描かれているということに驚きですね。

ゲームで引いた紙・書いた紙を隠す理由は?

第9話で翔太が尾野幹葉にゲームで書いた紙・引いた紙について尋ねますが、

尾野幹葉は

「余計なことしゃべると殺されちゃうんじゃないかって。」

「怖い、ダメ、言えない」

と頑なに答えようとしません。

この時点で大きな事件になっているので、犯人でないのなら捜査に協力して、紙の中身を明らかにしてもいいと思うのですが、ひたすらに隠すには何か理由があるのでしょうか?

書いた紙は言いにくいにせよ、引いた紙は言っても問題ないと思うので、やはり尾野幹葉は他の住民が知らない何かを知っていると考えるのが自然かもしれません。

特別編の怖い動画の犯人は尾野幹葉?

第1クールの放送が終了した翌週に放送された『特別編』で、菜奈(原田知世)のPCから、変声機で声を変えた何者かが菜奈を脅す動画が見つかりましたが、この動画の犯人の喋り方が尾野幹葉にそっくりだったのが気になります。

さらに動画のファイル名について「file-sy.stem?何故ピリオド?stemの意味は幹!尾野”幹”葉?」という鋭い考察をしている方もおられました。

ボタンを口に入れていたのはなぜ?

あなたの番です12話で、またまた尾野さんが謎めいたことをしています。

302号室の翔太の部屋に勝手に入るという行動をおこします。

これは、どうやら尾野さんとななちゃんが死ぬ前に何かあったことを推測できます。

黄色いボタンは、ななちゃんの服のボタンなのか?

それとも尾野さんが着ていた服についていたボタンで犯人だとバレてしまうと思って302号室に取りに来たのかはまだ分かりませんが気になる行動ですね。

あなたの番です尾野さんの謎を見逃したらクリック!

簡単1分登録!無料視聴できます!

Hulu

合わせて読みたい記事はこちら

尾野幹葉が主題歌のMVに出演!?

さらに尾野幹葉(奈緒)は、aimerさんが歌う”あなたの番です”主題歌の、”STAND-ALONE”のミュージックビデオにも出演しています。

ミュージックビデオの一部で301号室という表記があることから、女優の奈緒としてではなく、尾野幹葉として出演していることは明らかです。

主人公の手塚夫婦がミュージックビデオに出演するならともかく、いちキャストである尾野幹葉が出演していることから「尾野幹葉が犯人とか重要な人物とか暗に指してる?」という考察も見られました。

筆者はミュージックビデオは全くノーマークだったので衝撃を受けましたが、これは確かに何かありそうです。

ただ筆者個人の見解としては、尾野幹葉は明らかに怪しすぎるので、制作側のミスリードでは?と思っているのですが、事件の黒幕に近づくためのキーパーソンであることには違いなさそうです。

あなたの番です反撃編を見逃したらクリック!

簡単1分登録!無料視聴できます!

Hulu

合わせて読みたい記事はこちら

まとめ

  • 303号室のマスターキーを尾野幹葉は持っている
  • 尾野幹葉と榎本夫妻は共犯の可能性がある
  • 第9話終了後からHuluで放送された『扉の向こう』で空室になる前の303号室について明らかになっていた
  • 303号室は事故物件ではない
  • 尾野幹葉は『あなたの番です』主題歌のMVにも出演している
  • 尾野幹葉は最重要人物
合わせて読みたい記事はこちら