2019年10月、日曜夜10時30分からスタートする「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」

このドラマの原作はなく、脚本家武藤将吾さんのオリジナルドラマです。

しかも主演は賀来賢人さん、そしてあの人気ドラマ「3年A組」の脚本家とスタッフが制作します。

そこで気になるのは、「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」のあらすじや最終回のネタバレですよね。

この記事では、ニッポンノワールの原作やあらすじの情報、最終回のネタバレの予想などをしていきます。

↓ニッポンノワール前に3年A組を見逃してしまった方はクリック↓

簡単1分で登録できます!






ニッポンノワール(ドラマ)原作は?

原作はなく、脚本家のオリジナルドラマです。

ニッポンノワール(ドラマ)脚本家武藤将吾の作品は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

hashi.Mさん(@hassijhytz)がシェアした投稿

脚本家の武藤将吾さんがこれまで担当した作品について紹介します。

【テレビドラマ】

  • 電車男
  • 花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜
  • セレブと貧乏太郎
  • アタシんちの男子
  • 家族ゲーム
  • ジョーカー 許されざる捜査官
  • 3年A組-今から皆さんは、人質です-

【映画】

  • クローズZERO
  • クローズ ZERO II

【特撮】

  • 仮面ライダービルド

「3年A組」と言えば、毎度予想のつかない展開が広がり、先が読めないストーリーでした。

ニッポンノワールは、さらに殺人事件や警察関係者などが関わってくると思われるので、3年A組同様、先の展開がどのようになっていくのか、何が起こるか予測不能な刑事ドラマになりそうです。

ストーリーに引き込まれすごく楽しみなドラマになりそうです。

ニッポンノワール(ドラマ)の演出家猪俣隆一の作品は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤本 創さん(@so.fujimoto)がシェアした投稿

演出家の猪俣隆一さんがこれまでに担当した作品を紹介します。

【映画】

  • マリと子犬の物語
  • 書道ガールズ!!わたしたちの甲子園
  • ラストコップ THE MOVIE




ニッポンノワール(ドラマ)の最終回結末予想

まず、あらすじからこのドラマの気になるポイントは、

  • 遊佐清春がなぜ森の中の小屋にいたのか。記憶を失っている理由はなにか。
  • 碓氷薫が命を落とした理由は。犯人は誰か。
  • 十億円強盗の真相や犯人黒幕は誰なのか。

だと思われます。

遊佐清春は記憶を失っているため、自分が碓氷薫の命を奪ったのか、それとも誰かにハメられたのか、全く分からない状態です。

単純に考えれば、遊佐清春が拳銃を握っていて、その隣で碓氷薫が遺体として転がっていたので殺害したのは遊佐清春と考えることができます。

同僚の刑事からも、この状況であれば疑われるのは当然のことと言えるでしょう。

しかし、あらすじを見ると「疑いと裏切りが交錯する」とあることから、遊佐清春は犯人ではないと思われます。

そうなると、犯人は警察内の人間で遊佐清春をハメるため、犯人に仕立て上げるために記憶を意図的に消されたという可能性もあります。

そして、十億円強盗事件が碓氷薫が殺害された真相へと繋がっていくとあらすじにありました。

例えば、遊佐清春と生前の碓氷薫が十億円強盗事件の真相を追っていたとします。

そして真相を知ってしまった、または有力な情報を掴みかけたとします。

すると、十億円強盗事件の犯人だけではなく、警察内部の人間も関わっているのです。

実行犯がいて、それを指示していた黒幕が警察内部の人間、、、ということも。

もしそうなれば、真実を知ってしまった2人を放っておくことはできません。

ところが、”碓氷薫は亡くなったが、遊佐清春は生き延びてしまった。そのため今後捜査ができないように、犯人に仕立て上げられた”と考えることができます。

また、ドラマのタイトルにも意味があるそうで、「ニッポンノワール 」の「ノワール」は、フランス語で黒、悪という意味なので、《日本の悪》となります。

日本の悪ということで、警察関係者だけではなく、国家ぐるみの陰謀に繋がっているかもしれません。

タイトルからしても、面白そうなドラマです。

ドラマ『ニッポンノワール』のキャスト

気になるドラマ『ニッポンノワール』のキャストをご紹介します。

賀来賢人

【遊佐 清春/刑事Y】役

警視庁捜査一課の敏腕刑事。粗暴で、冷然、とてつもなく人間くさい男で目的のためには手段を選びません。

広末涼子

【碓氷 薫】役

遊佐清春の上司の女性刑事。類い希なる容姿と優秀な捜査能力から捜査一課のマドンナと称され、遊佐清春らが所属する碓氷班の班長を務めていました。

シングルマザーとして、9歳の息子を育てる母親としての顔も持ち合わせています。

ドラマの始まりは、彼女が遺体となり発見されるシーンからスタートします。

現時点では、このお二人の情報しかありませんが、その他考えられる登場人物を挙げてみました。

  • 碓氷薫の息子
  • 遊佐清春の家族
  • 遊佐清春の同僚、警察関係者
  • 「十億円強奪事件」の犯人




井浦新


【才門 要】役

そして、碓氷殺害事件の捜査要員として召集される公安部の腕利き刑事・才門要を演じるのが、井浦新さんです。井浦新さんは、この作品が日本テレビドラマ、初出演となります。

運動能力も高く、腕っぷしも強いという設定の超有能刑事という役どころです。

冷静な人柄ではありますが、心の奥には強い信念を持っており、かつて新人だった遊佐に刑事のノウハウを教えた

という人物でもあります。

プロデューサーから物語の全体を聞いて、「自分の大好物のやつだ」と直感したという井浦新さん。

これまでにも、ニヒルな役やダンディな役をこなしてきた彼が、どんな腕利き刑事を演じるか楽しみです。

北村一輝


【南武 修介】役

現場たたき上げの捜査一課長・南武 修介を演じるのは、数々のドラマでクセの強い役柄を演じてきた北村一輝さんです。

南武は、捜査一課長でありながら、現場に足を運び、余裕と危なさを醸し出しているという北村一輝さんにぴったりという感じの人物。

何を知っていて、何を探ろうとしていて、何が目的なのか、まったくわからないという人物設定。

遊佐を碓氷殺害の犯人と疑いつつもなぜか彼に碓氷の息子を預けるという謎の行動に出ます。

遊佐にとって敵なのか味方なのか…。いずれにしてもまちがいなく物語のカギを握る人物の一人です。

夏帆

【深水 咲良】役

常に事件はないか、ゴシップはないかと嗅ぎまわるフリーライター・深水 咲良を演じるのは、夏帆さんです。

碓氷の息子を心配するところから、この事件と関わっていくことになり、遊佐ともやり取りをすることになってい

きます。

物語が進むにつれ、咲良本人の謎も明かされていくこと煮るということですが、彼女にはいったいどんな秘密があ

るのでしょうか。

咲良の父親は、笹野高史さん演じる深水喜一。深水は今は喫茶店「bonnaro」のマスターですが、元刑事だったと

いう過去があります。

そして、この喫茶店の3回に遊佐が住んでいるという設定。

遊佐とはどんな関係になっていくのでしょうか。

工藤阿須加

【名越 時生】役

遊佐の後輩刑事・名越 時生を演じるのは工藤阿須加さんです。

名越は、今どきの若者の代表のような、人懐っこく、本能のまま人の懐に飛び込んでいくようなキャラクターで

す。

遊佐にとって唯一の後輩刑事ということになりますが、捜査一課ではムードメーカー的な存在となっています。

工藤阿須加さんといえば、これまで「生真面目・好青年」というイメージの役が多かったように思います。

さて、この名越というご陽気キャラを工藤阿須加さんはどんなふうに演じてくれるのでしょうか。そのあたりも楽

しみです。

高橋ひかる


【本城 芹奈】役

ヤンチャな友人と日々遊び歩くワケアリ女子高生・本城芹奈を演じるのは、高橋ひかるさんです。

父親が警察の幹部であるということから、そのことを利用しようとする悪い友人から重宝されることになります。

殺人事件や強奪事件といった凶悪な犯罪とは一見無縁のように思える天真爛漫な彼女ですが、実は人には知られて

いない重大な秘密を抱えているという設定の女の子です。

物語が進む中で、彼女の運命に大きな影を起こす出来事が起こることになるというのですが…。

警察幹部である芹奈の父親・本城諭を演じるのは、こちらもクセあり名わき役の篠井英介さんです。

ドラマ『ニッポンノワール』の気になる子役は?

ニッポンノワールの子役は、遊佐清春の相棒役であり、遺体として転がっていた女性刑事の息子なので、とても重要な役柄であると思います。

この重要な役を演じる子役は誰なのか気になります。

現在、出演子役としてネット上で名前が挙がっているのは、斎藤汰鷹(さいとうたいよう)さん、鳥越壮真(とりごえそうま)さん、城桧吏(じょうかいり)さん、田中奏生(たなかかなう)さんなどが候補と言われています。

斎藤汰鷹

斎藤汰鷹さんは、ドラマ「グッドドクター」、「真昼の悪魔」への出演やマック、ミツカン酢のCMなどにも出演している子役さんです。

演技力の評価がとても高く、難しい役も演じることができます。可愛くて癒し系です。

鳥越壮真

 

この投稿をInstagramで見る

 

#鳥越壮真 #城戸俊嶺 #子役 #セントラル #ショタ

うさぎさん(@shota_otokonoko)がシェアした投稿 –

鳥越壮真さんは、2016年にデビューしたばかりですが、すでに多数の話題作に出演しています。

「ボイス110」では、唐沢寿明さんの息子役を演じています。

城桧吏

 

この投稿をInstagramで見る

 

#桧吏 #城桧吏 #スタメンkids #子役 #ebidan #ショタ

うさぎさん(@shota_otokonoko)がシェアした投稿 –

城桧吏さんは、キレイな顔立ちをしていて、かわいらしさもかっこよさもあり、演技は人を惹きつける魅力があります。

多くのドラマや映画に出演していて、「万引き家族」では大注目を集めた子役さんです。

田中奏生

田中奏生さんは、デビュー当時からその演技力が注目され、多数の人気ドラマに出演しています。

大人顔負けの迫真の演技力とかわいらしい笑顔で注目されています。

どの子役も演技の実力は高いですが、難しい役どころでもあるので、誰が「ニッポンノワール 」の子役になってもおかしくありません。何はともあれ、子役の発表が楽しみです。

2019年9月28日追記

そして、キャストがつぎつぎと発表されていくなかで、碓氷の残した息子である、碓氷克喜の役を演じる子役の名前も発表されました。

田野井健(たのい けん)くんです。

2009年5月20日生まれの現在10歳の男の子。小学4年生です。

身長は120cm。聡明そうな顔立ちのお子さんです。

すでに子役として活躍されていて、バラエティ番組の再現VTRやCMなどにも多数出演されています。

これまでに、ドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日)、『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ)、CMでは

メガネ販売のzoffの「EYE am a HERO ! 学校篇」で教室の中で雄たけびを上げるものが印象的でした。

連続ドラマの、しかも物語のカギとなるような大きな役をされるのははじめてのことかと思います。

彼のみずみずしい演技にも期待しましょう。




3年A組の半年後が舞台?


さて、このドラマ『ニッポノワール』は、実は、同じ時間帯に放送されていたドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』から半年後の世界が舞台になっているということでも話題になっています。

ドラマ『3年A組』といえば、菅田将暉さん主演のサスペンスドラマでしたね。

卒業の10日後に控えた学園で、生徒たちを監禁した高校教師の謎の行動の理由を巡る物語でした。

『ニッポノワール』は、この『3年A組』の事件から半年後という設定になっています。

世界がつながっているということで、『3年A組』に登場した細田善彦さん演じる瀬ヶ山署生活安全課少年係の刑事・宮城遼一は、『ニッポノワール』では遊佐の警察学校時代の同期という設定で再登場します。

また、『3年A組』では捜査一課の理事官として登場した篠井英介さん演じる本城諭も同じく再登場。

『3年A組』では、半グレ集団「ベルムズ」のリーダーとして登場した栄信さん演じる喜志正臣も、『ニッポノワー

ル』では、「ベルムズ」を脱退し、遊佐に頼まれて嫌々ながら捜査に協力するという設定で再登場します。

この時間帯のサスペンスファンとしてはうれしい設定ですね。

他にも、『3年A組』とのリンクがあるかもしれません。

それを発見するのもまた楽しみのひとつとなりそうです。

合わせて読みたい記事はこちら

ドラマ『ニッポンノワール』の全話あらすじ

警視庁の刑事、遊佐清春(ゆさ きよはる)がある日、森の中の山小屋で目を覚ますと隣には女性刑事の遺体が転がっていて、遊佐清春の右手には拳銃が握られていました。

そして彼は、数ヶ月間の記憶を失っていました。

女性刑事を殺した犯人は自分自身なのか、それとも誰かにハメられたのか、、、。

記憶が取り戻せないまま、容疑者として同僚に追われることになった遊佐は、唯一の味方である亡くなった女性刑事の一人息子とともに事件の真相を追います。

やがて事件は未解決の「十億円強奪事件」の真相へとつながっていくことに、、、。

疑い、裏切りが交錯するなか、事件の真相は、そして、遊佐の運命はどうなっていくのか?!

疑いが加速し、裏切りが止まらない。

究極のアンストッパブル・ミステリー!

この物語を一度見たらその結末を見届けるまで、「とんでもないこと」が止まりません。

ドラマ「『ニッポンノワール』」1話

森の中にたたずむ一軒の山小屋。

そこに倒れていた主人公遊佐清春(賀来賢人)が目を覚ました時、手には拳銃をもちそしてその先には、白いシャツの胸が赤い血に染まり息絶えている碓氷薫(広末涼子)の姿があった…

いきなりヒロインが死亡しているシーンから始まるという意表をつく展開で始まる異色の刑事ドラマだ。

現場で目覚めた時遊佐は自分が刑事である事は覚えていたが直近の記憶を無くしており、とっさに自身のつてで

証拠隠滅のプロに現場の自分の存在を消滅させる。

ここから遊佐による真犯人探しが始まるのだが、「警視庁のガン」と呼ばれ悪評だった遊佐は所属部署以外の同僚達から疑われ容疑者扱いされる。

3ヶ月間の記憶が飛んでいる遊佐は目の前で死んでいた女性が自分の上司碓氷薫であった事とその碓氷薫が解決済みとされていた「10億円強奪事件」の真相に迫っていた事を知る。

さらに碓氷薫の一人息子である碓氷克喜(田野井健)の世話を頼まれる事になったのだった。

はたして碓氷薫を殺したのは本当に遊佐なのか別に真犯人がいるのか、失った記憶のジクソーパズルを埋める遊佐の孤独な闘いが今始まる…

シリアスな内容ながらシリアスになり過ぎないよう程よくユーモアを散りばめ、遊佐と碓氷の息子克喜との関係

を過度になり過ぎない程度でハートフルに描く見事な武藤将吾の脚本とこれまでのイメージを覆す賀来賢人、井浦新の演技にも注目したいドラマである。

スパーク

異色なストーリー展開が面白かったワン!

ヒロインが死亡したという結末を先に見せて、そこにどうたどり着くのかというストーリーを記憶を無くした主人公とともに謎解きしていくという展開は謎解きブームの今タイムリーな内容だワン!

毎週放送終了後にはそれぞれの推理をSNS上で議論し合い楽しむであろうこの手法は先に放送されて大ヒットした「あなたの番です」と重なる点でヒットの可能性は高いワン。

第1話でもっとも印象に残ったのは新しい一面を見せる演技を見せた井浦新さん。

これまでの優しい雰囲気から敵か味方か不明で不気味なキャラクターを演じていただけに驚きだワン。

もしかしたら物語のキーマンになるのかも?

面白くなっか点は特にないのですが、演出が過剰に感じるシーンが若干あったワン。

工藤阿須加演さんじる名越時生は刑事としてはうるさくチャラ過ぎてちょっと異常な印象を受け。

犯人探しも含めた今後の展開が楽しみだワン

主人公も含めた全ての登場人物が犯人の可能性があるといい点においても「あな番」を彷彿させ期待感を増したワン

ドラマ「『ニッポンノワール』」2話

coming soon

ドラマ「『ニッポンノワール』」3話

coming soon

ドラマ「『ニッポンノワール』」4話

coming soon

ドラマ「『ニッポンノワール』」5話

coming soon

ドラマ「『ニッポンノワール』」6話

coming soon




ドラマ「『ニッポンノワール』」7話

coming soon

ドラマ「『ニッポンノワール』」8話

coming soon

ドラマ「『ニッポンノワール』」9話

coming soon

ドラマ「『ニッポンノワール』」10話

coming soon

ドラマ「『ニッポンノワール』」最終話

coming soon

↓ニッポンノワール見逃してしまった方はクリック↓

簡単1分で登録できます!

まとめ

  • ニッポンノワール の原作はなく、脚本家武藤将吾さんのオリジナルドラマ。
  • キャストは、賀来賢人さんと広末涼子さんのみ発表されている。