2019年の秋の新ドラマ『左ききのエレン』の実写化が決定しましたね。

気になるのは、ドラマ『左ききのエレン』のキャストや原作ではないでしょうか。

そして、原作があるドラマである以上、原作『左ききのエレン』から結末を予測したくなりますよね。

ドラマ『左ききのエレン』のキャスト、原作漫画『左ききのエレン』の結末からドラマの予想までしていきます。

今すぐドラマ『左ききのエレン』をUNEXTで見る!

↓↓↓クリック↓↓↓






左ききのエレン(ドラマ)原作は?

TBS系列の深夜ドラマ枠「ドラマイズム」にて2019年10月から放送される『左ききのエレン』。

かっぴーによる同名の漫画が原作になっています。

漫画『左ききのエレン』は2016年3月から2017年9月まで漫画サイト『cakes』に掲載されていました。

主人公は大手代理店に勤務する駆け出しのデザイナー・朝倉光一。

いつか有名になることを目標にしつつ懸命に働く光一。

あるとき3憶円のキャンペーンデザインを任され、プレゼンでは勝利するものの実際の業務からは外されてしまいます。

もの作りは好きでしあるものの、自分に人より優れた才能がないことも自覚している主人公・光一とずば抜けた絵の才能を持ちながら、過去のある事件をきっかけに絵を描くことをやめてしまった少女・山岸エレンを中心に光一の勤める大手広告代理店を舞台に様々な人々の群像劇が描かれます。

2017年10月からリメイク版が漫画サイト『少年ジャンプ+(プラス)』にて掲載中です。

ドラマの方は2019年10月から放送開始です。

初回はMBSは10月20日(日)深夜1時15分から、TBSは10月22日(火)深夜1時28分から放送スタートです。

二回目以降はMBS日曜深夜0時50分から、TBSは毎週火曜深夜1時28分からの放送となっています。

左ききのエレン(ドラマ)原作漫画の結末は?

高校時代に、ずは抜けた才能をもつ山岸エレンと運命的な出会いを果たす、主人公の朝倉光一。

自分も「将来は有名なデザイナーになる!」とがんばる光一でしたが「自分は何者にもなれないのではないか」「自分には才能がないのではないか」と幾度となく壁にぶちあたります。

自分の凡人さに折れそうになりながら踏ん張る光一。

端的にいうと、平凡な青年として描かれています

漫画版では、最終回に至るまで、光一が「何か」になれたというふうには描かれません。

「自分は特別ではない、天才ではなかった」と気づく物語といえます。

そのことがかえって読者の気持ちをつかみ、勇気づけられたという方が多かったものと思われます。

一方、才能に恵まれた山岸エレンも、その才能がゆえに苦悩することになります。

他の登場人物から「才能しかないクズ」といわれたり、エレン自身も「普通の生活が送りたかった」といったりします。

それぞれがそれぞれの夢や悩みをいだきつつ、それでも生きていくというストーリーになっています。

今夢に向かって頑張っている人はこのドラマを見たら何か共感できる部分があるでしょうね。

左ききのエレンの原作が気になる方はクリック!

↓簡単1分で登録可能↓

ドラマ『左ききのエレン』の最終回結末予想

ドラマ『左ききのエレン』は、光一とエレンを中心とした群像劇になっています。

二人以外の登場人物としては、エレンの幼馴染で計画的な性格で、自分の人生設計を考えるのが趣味という「加藤さゆり」や、天性のプロポーションを持つわがままな女性でモデルとしては超一流という「岸あかり」などが登場します。

『左ききのエレン』には、「才能に恵まれた人」と「そうではない人」の二種類の人物が登場します。

それぞれがそれぞれに悩み傷つきながら、それぞれの人生を歩んでいくというストーリー展開です。

前の項目にも書きましたが、光一は自分には特別な才能がないということに気づきます。

単純なハッピーエンドではありませんが、「自分もがんばろう」という気持ちになれる結末となっています。

ドラマ版でもそのような結末になるのではないかと思われます。




左ききのエレン(ドラマ)原作と実写の違いは?

現状、主人公の二人のキャストとあらすじが公開されたという段階ですので、原作と実写の違いまでは明らかになっていません

原作者のかっぴーさんによれば、漫画をそのままドラマ化するには、漫画の方が長すぎるので、ドラマ版にするにあたってはテレビスタッフの皆さんにお任せしたとのこと。

漫画のドラマ実写化にあたっては、漫画版の良さを生かしつつ、ドラマオリジナルの要素も入ってくるものと思われます。

漫画版のファンとしては、「せっかくの漫画版の良さがドラマ版の方では…」とならないように、ドラマ版の放送を楽しみにしたいというところですね。

ただ、現在発表されている、主人公の光一役とヒロインのエレン役のお二人を拝見すると、イメージは漫画版と変わらないのではと思います。

お二人がどんな「朝倉光一」と「山岸エレン」を演じてくださるのか、今から楽しみです。

左ききのエレン(ドラマ)原作とリメイク版に違いはある?

最初にご紹介したとおり、最初に『左ききのエレン』が掲載されたのは、漫画サイトの『cakes』でした。

こちらの方の評判がよかったため作画にnifuniさんを加えて、『少年ジャンプ+』でリメイク版が掲載されることとなりました。

内容に関して、『cakes』版と『少年ジャンプ+』とでは少し違っているといいます。

リメイク版の方は、もとのストーリーにエピソードが加えられていて、より内容が濃密なものになっているといいます。

また作画を担当されている方がちがうので、別物の漫画という方も多くいらっしゃいます。

ドラマ版の原作となっているのは、『少年ジャンプ+』に掲載された方の『左利きのエレン』になります。

ドラマ版の予習という意味では、『少年ジャンプ+』版の方をお読みになるのがいいのではと思います。

最初から原作を楽しみたいという方は『cakes』版の方からお読みになるのがいいのではないでしょうか。

ドラマ『左ききのエレン』のキャスト

ドラマ版『左ききのエレン』のキャストをご紹介します。

神尾楓珠

 

この投稿をInstagramで見る

 

Indeedさんの新CM「BAR」篇に 二階堂ふみさんの弟役で 出演させていただいてます! 是非。よろしくお願いします。 #indeed

神尾楓珠 Fuju Kamio (20)さん(@kamio_fuju)がシェアした投稿 –


主人公・朝倉光一を演じるのは神尾楓珠(かみお ふうじゅ)さんです。

神尾楓珠さんといえば、ドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』では、出席番号26番の真壁翔を演じていらっしゃいましたね。

また、映画『兄に愛されすぎて困ってます』では「鈴木くん」役、映画『うちの執事が言うことには』では「雪倉峻」役でそれぞれ出演しておられます。

最近話題のイケメン俳優さんです。

合わせて読みたい記事

池田エライザ


そして、光一の高校時代の同級生であり、才能に恵まれた画家・山岸エレンを演じるのは池田エライザさんです。

池田エライザさんといえば、モデルとしても活躍する女優さんです。

2017年公開の映画『一礼して、キス』で映画初主演、2019年には「リングシリーズ」の『貞子』で主演を担当されています。

また、『夏、至るところ』で映画監督に初挑戦されるという多彩な活躍を見せておられます。

お二人とも、原作のキャラクターの雰囲気をよく出されているとすでに話題になっています。

今のところキャストについては、このお二人のみが公表されています。

群像劇ということで、ほかにもたくさんの登場人物がいますが、順次公表されていくものと思われます。

合わせて読みたい記事

中村ゆりか

中村ゆりかさんは、朝倉光一の同級生、加藤さゆり役を演じます。

高校時代朝倉光一(神尾楓珠)と付き合っていて計算高く分析できる女性でした。

社会人になってからは、山岸エレン(池田エライザ)と一緒に働いています。

石崎ひゅーい

朝倉光一の勤務する会社のクリエイターの神谷雄介を演じます。

最初は、頼れるお兄さん的存在です。

今泉佑唯

朝倉光一(神尾楓珠)の会社に勤めるコピーライター三橋由利奈を演じます。

とてもキュートなキャラクターではありますが、光一のことをやや見下している感じがある。

丸山智己

朝倉光一(神尾楓珠)が勤めている会社のクリエイティブディレクター、柳一を演じます。

ひと癖ある役どころです。

村杉蝉之介

朝倉光一の勤務する会社のクリエイティブディレクター沢村孝を演じます。

吉村界人

 

この投稿をInstagramで見る

 

#NHK #黒蜥蜴 #MBS #エレン #丸山さん #吉村界人

吉村界人(@kaito_.yoshimura)がシェアした投稿 –

朝倉光一の勤務する会社の営業部で働く、流川俊を演じます。

昔、コピーライターを目指していましたがある事件をきっかけに営業部へ。

八木アリサ

高校時代から有名なカリスマモデル、岸あかりを演じます。

合わせて読みたい記事

ドラマ『左ききのエレン』の全話あらすじ

ドラマ『左ききのエレン』のあらすじから見どころ、視聴者の感想などを交えてご紹介します。

ドラマ『左ききのエレン』1話

タイトル:オレは、オレの事ばっかりだ

広告代理店で働く駆け出しのデザイナー・朝倉光一(神尾楓珠)は、いつか“何者か”になることを夢見て、がむしゃらに働く毎日を過ごしていた。そんな中、予算3億のキャンペーンをめぐる競合の案件で、上司である神谷雄介(石崎ひゅーい)からロゴのデザインという大役を任される。しかし、光一を待っていたのは、思いもよらない展開だったー。

そんな中、光一はニューヨークで活動する天才画家で高校の同級生・山岸エレン(池田エライザ)との思い出の地を訪れ、ある事件を思い出す…。

ドラマ『左ききのエレン』2話

タイトル:パパの手はそうじゃなかったんだ

広告代理店で働く朝倉光一(神尾楓珠)は、予算3億のキャンペーンをめぐる競合に勝利したものの、その後のメンバーからは外され、やりきれない想いを抱えていた。そんな時、同期の朱音優子(田中真琴)から渡された雑誌に、かつて高校時代に対抗心を燃やしていた山岸エレン(池田エライザ)の姿が…。
その頃エレンは、加藤さゆり(中村ゆりか)のサポートのもと、ニューヨークで画家として活動するも、過去のある呪縛に囚われ、新たな作品が描けずにもがき苦しんでいた…。

ドラマ『左ききのエレン』3話

coming soon

ドラマ『左ききのエレン』4話

coming soon

ドラマ『左ききのエレン』5話

coming soon

ドラマ『左ききのエレン』6話

coming soon

ドラマ『左ききのエレン』7話

coming soon

ドラマ『左ききのエレン』8話

coming soon

ドラマ『左ききのエレン』9話

coming soon

ドラマ『左ききのエレン』10話

coming soon

ドラマ『左ききのエレン』最終話

coming soon

今すぐドラマ『左ききのエレン』をUNEXTで見る!

↓↓↓クリック↓↓↓

まとめ

  • 2019年10月放送スタートのMBS/TBSの深夜ドラマ枠「ドラマイズム」で放送予定のドラマ『左利きのエレン』は、『少年ジャンプ+』に掲載の同名漫画が原作です。
  • 大手広告代理店を舞台に、「才能がある人」と「そうでもない人」を描いた群像劇となっています。
  • メインキャストの朝倉光一を演じるのは神尾楓珠さん、山岸エレンを演じるのは池田エライザさんです。
  • 原作の雰囲気がよく出ているキャスティングなのではと今から評判です。
  • 「才能がない」と思っている光一と「才能あり」のエレンが運命的な出会いを果たし、それぞれにそれぞれの悩みを抱きながら人生を歩んでいきます。
合わせて読みたい記事